地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年2月7


地域連携や地産地消推進
イオン北海道・貢献活動の概要など説明

 【名寄】市内徳田でポスフール名寄店の出店準備を進めているイオン北海道株式会社(植村忠規代表取締役)の「地域貢献計画書」に関する地元説明会が六日、ホテルメープルで開かれた。道の「大規模集客施設の立地に関するガイドライン」に基づいた説明会で「地元食材にこだわった道産食材の取引」といった考え方を示し、ポスフール名寄店出店に伴う地域との連携推進や地産地消への取り組みなど、地域に対する貢献活動の概要を説明した。
 説明会には地域住民約三十人が出席。粟津義幸ポスフール名寄店開設委員長が「今春の開店に向けて着々と準備を進めているところ。名寄市や周辺市町村の優れた産品を販売させていただく地産地消の推進はもちろんのこと、ネットワークを生かした全道、全国への販売を推進したい。現在は従業員の募集を行っており、随時、採用試験も実施。お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重、地域社会に貢献する―という企業理念の下、地域の皆さんの生活向上を目指し、全力で努めていきたい」とあいさつ。
 続いて、千葉順一人事総務開発本部開発部長が、地域貢献活動の概要を説明。「地域との連携推進」で、イオン北海道として名寄商工会議所に加盟すること。中心市街地活性化の取り組み協力では、地元の計画が具体的になった段階で協力することとし、「徳田から駅前に人をスムーズに移動させる手立てなどを考えたい」と説明した。

[ 2008-02-07-19:00 ]


職員派遣条例案を修正
名寄市議会総務文教委・「観光協会」削除し結審

 【名寄】名寄市議会の総務文教常任委員会(佐藤靖委員長)が六日、市役所名寄庁舎で開かれた。前回、市側から説明を受けた「公益法人等への名寄市職員の派遣等に関する条例」案について審議され、派遣先の団体名を一部削除、修正して、可決すべきものとして結審した。
 この日の委員会では、高見勉委員(市民連合)が「緊急的な部分だったとはいえ、市職員の派遣は外部委託業務に反する」と職員派遣を厳しく指摘。さらに、同協会が事務局長を全国公募したことで、二十年度からは専任職員を配置できるめどが立ったため「条例の中で派遣先を指定する意味がない。また、市内にある他のNPO法人への市の支援バランスも考え、協会部分は削除して修正すべき」との意見が出された。
 審議の結果、条例案の中の別表に定めていた「NPO法人なよろ観光まちづくり協会」と「社会福祉事業団」の二団体うち、同協会を削除し、修正して可決すべきものと結審した。

[ 2008-02-07-19:00 ]

2グループが優秀賞
名寄農業高校・全道の実績発表大会で

 【名寄】名寄農業高校(八木啓充校長、生徒百人)の二グループが、このほど開かれた日本学校農業クラブ北海道連盟主催の第五十九回全道実績発表大会で優秀賞に選ばれ、八年ぶりの全道大会入賞に同校関係者は喜んでいる。
 全道実績発表大会は、一月三十一日、二月一日に音更町で開かれた。大会には北・南・東北海道大会で選ばれたプロジェクト発表四十一グループ(食料十四、環境十四、文化・生活十三)、クラブ活動発表十一グループが参加。
 同校からは、北北海道実績発表大会で最優秀賞に選ばれた農業クラブ(クラブ発表区分)と優秀賞に選ばれた野菜園芸班(食料区分)、乳牛班(環境区分)が参加。審査の結果、農業クラブと野菜園芸班が優秀賞に選ばれた。同校からはこれまでにも全国大会まで進んだグループもあったが、近年では北北海道大会でも入賞がなく、八年ぶりの北北海道大会入賞を経ての全道大会入賞となった。

(写真=優秀賞に選ばれた名農の2グループのメンバー)

[ 2008-02-07-19:00 ]

春の息吹感じさせ
名寄市ホワイトマスター授賞式・タイムバトル実行委に

 【名寄】二〇〇七年度名寄市ホワイトマスター授賞式が六日、市北国博物館で行われ、名寄川の解氷日時を予想する市民参加型イベントを展開している「名寄タイムバトル実行委員会」(竹内利行会長・会員二十三人)に称号が贈られた。
 授賞式には同実行委員や歴代受賞者ら五十人が出席。市民憲章朗唱に続き、島多慶志市長から竹内会長にホワイトマスターの盾と記章を贈った。
 竹内会長は「ポールを設置する際、川の氷が割れるなどの苦労もあったが、十六年間活動してきて大変だと思ったことはなかった。受賞を契機として活動にさらに尽力するとともに、今後ともタイムバトル参加に協力をお願いしたい」と謝辞を述べた。

(写真=称号を受けた名寄タイムバトル実行委員たち)

[ 2008-02-07-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.