地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年2月6


降雪多く利用も増
名寄市排雪ダンプ助成・1月で前年度の約2倍

 【名寄】名寄市の排雪ダンプ助成事業(名寄地区のみ)の一月末現在の申し込みは、四百七十六件で、昨シーズン同期の二百六十五件に比べて約二倍。例年と比べ降雪量が多いことに加え、昨シーズンが極端に少なかったことが大きな要因。市民にとって灯油価格高騰が家庭を直撃し打撃を与えているだけに、降雪量増の排雪経費も大きな負担にもなっている。市建設水道部維持管理センターでは「昨年より二百件ほど多いが、昨年は降雪が極端に少なかった。今後の雪の降り方は予想できないが、降雪が多いとその分だけ経費がかさむことになり、荒れた天候にならないことを願っている」と話す。

[ 2008-02-06-19:00 ]


会場外も完成間近
ふうれん雪像コン

 【名寄】風連町内の各所で、第二十四回ふうれん冬まつり雪像コンクール会場外の部に向けた雪像制作が進み、完成間近となっている。
 風連中央小学校(大久保清人校長・児童百八十一人)では、地域行事へ参加しよう─と毎年一、二年生が生活科、三年生以上が総合的な学習の一環として雪像を制作。同校前に、個性あふれる雪像が並んでいる。

(写真=元気いっぱいに雪像制作に励む児童・風連中央小)

[ 2008-02-06-19:00 ]

いよいよ9日にオープン
下川キャンドルミュージアム・初日は光の中で結婚式

 【下川】第三十四回下川アイスキャンドルミュージアムは、九日午後六時から万里長城を会場に開かれるアイスキャンドルパークで開幕。最終日の十七日まで、九日間にわたり多彩な内容で繰り広げられる。 
 同イベントは、アイスキャンドルパーク、緑町の恵林館で開かれるアイスキャンドルスクエア、町総合グラウンドで十六、十七の両日開かれるアイスキャンドルフェスティバルの三本柱。
 アイスキャンドルパークのオープニングは九日午後六時から。初日は午後六時半からアイスキャンドルウエディング。若い男女がキャンドルの光の中で結婚式を挙げる。

(写真=自衛隊員の手で進む下川総合グラウンドのステージ作り)

[ 2008-02-06-19:00 ]

エアリアルへ思い語る
仁宇布小中・逸見佳代さんが訪問

 【美深】仁宇布小中学校(林晃淳校長・児童生徒十七人)を五日、トリノオリンピックでフリースタイルスキー・エアリアル種目に出場、現在は美深でエアリアル指導員を務める逸見佳代さんが訪問。講演や授業で子供たちとの交流を深めた。
 逸見さんは十二月中旬から三月中旬まで美深に滞在。現在は少年団での指導のほか、学校や地域を巡りながらの講演活動などに携わっている。三月八日にエアリアルの北海道選手権大会、九日には全国選手権大会が美深スキー場で開かれる予定で「生でエアリアルが観戦できるチャンスです。迫力あるジャンプを見てください」と呼び掛けている。

(写真=大井君と授業を展開する逸見さん)

[ 2008-02-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.