地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年2月3


支え合いのまちづくり推進
名寄市社会福祉協議会・町内会ネット一本化へ

 【名寄】名寄市社会福祉協議会では、地域住民が同じ地域に住む一人暮らしの高齢者らの見守りなどを行う「町内会・行政区ネットワーク事業」を展開しているが、本年四月から名寄地区、風連地区の事業を一本化してスタートさせる。「世代間交流活動」や「配食サービス活動」などを新たな選択活動に加えるとともに、基本活動助成や選択活動助成といった助成方法も見直されるなど、さらなるネットワーク活動の充実を図り、誰もが安心して生活できるまちづくりを目指す。
 町内会・行政区ネットワーク事業は、公的サービスだけでは補えない部分を、地域住民による日常的な支え合いで補うもの。少子高齢化や核家族化の進行する中、地域の実情に即した活動を通じ、一人暮らしの高齢者などが、住み慣れた地域で暮らし続けることができる環境づくりが狙い。

[ 2008-02-03-19:00 ]


会場内で初の個人参加
ふうれん冬まつり・雪像制作作業始まる

 【名寄】ふうれん冬まつり会場の仲町特設会場(旧役場庁舎跡地)で、三十一日から雪像製作作業が始まった。これまで地区内の団体が会場内での雪像製作を行ってきたが、今年初めて個人での参加もあり、楽しい雪像群がまつり会場を彩ることになりそう。また、例年通り東京都杉並区からは雪像コンテストのために区長賞などが用意されている。
 ふうれん冬まつりは、風連でも冬を楽しむイベントを住民手づくりで始まり、今年で二十四回目を数える。風連まちづくり観光などが主催し、地区内の各世帯に寄付協力を得るなど、地区挙げての行事ともなっている。今年は二月九日が前夜祭、翌十日が本祭で、旧役場庁舎跡地を会場に期間中、多彩なイベントが組まれている。

[ 2008-02-03-19:00 ]

車いす体験など通じ
名高ボランティア授業・生徒45人が体験学習

 【名寄】名寄高校のボランティア授業が、このほど同校体育館で行われ、ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)北海道ビックディッパーズの矢島勇作さんを講師に、車いす体験などを通じ、ボランティア活動や障害がある人に対する理解を新たにした。
 進路が決定した生徒を対象に行われている授業で、今回は「障がいについて考える〜アダプテットスポーツ体験を通して〜」をテーマに、二日間の日程で実施。生徒四十五人が参加した。

(写真=矢島さんを講師に行われたボランティア授業)

[ 2008-02-03-19:00 ]

四季折々の自然を表現
風景画同好会「風花」が作品展

 【名寄】北国風景画同好会「風花」(山田勉会長、会員三十二人)の作品展が、なよろ温泉サンピラーロビーで開かれている。
 同温泉ロビーには、会員が描いた水彩画二十五点を展示。なよろ健康の森の美しい紅葉や白銀のゲレンデが特徴のピヤシリスキー場、生命の息吹が感じられる春の九度山など、どの作品も四季折々の自然を生き生きと表現。
 来館者は、優しい色で描かれた作品一点一点に見入りながら、心いやされている様子だ。作品展は二十二日まで。

(写真=22日までなよろ温泉サンピラーで開かれている作品展)

[ 2008-02-03-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

2月

1日
2日
3日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.