地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年1月31


内定者の74.6%が管外
名寄職安の12月末高校就職・管内は依然振るわず

 【名寄】名寄公共職業安定所は、来春の高校卒業予定者の十二月末内定状況をまとめた。内定率は七三・一%で、前年同期と比較すると一四・四ポイントのプラスとなっている一方で、管内の内定率は五五・八%で、前年同期比三・六ポイントのマイナスと厳しい状況。若年労働力の管外流出が進んでおり、同職安では管内事業所から一人でも多くの求人確保へ、理解と協力を呼び掛けている。
 同職安が実施した求職動向調査では、卒業予定者は七百十人(前年同期比十二人減)。十二月末現在の生徒の動向として、学校・職安の紹介による就職希望者は百五十六人(同十六人減)。そのうち管内への就職希望者は前月より四人多い五十二人で、前年同期と比較すると十七人の減少。
 求人数は三百二十三人(同二十四人減)だが、そのうち道内(札幌、旭川など都市部)が百一人(同五人減)、道外が百五十五人(同八人減)。道内・道外を合わせた求人数は全体の七九・三%にも及ぶ状況。
 一方で、管内求人は六十七人(同十一人減)と振るわず、地域別にみると名寄が三十四人で前年同期比十七人の減少、士別が二十三人で前年同期比五人の増加など。管内求人を主な産業別にみると建設業が七人、製造業が十六人、卸売・小売業が十六人、医療・福祉十人などとなっている。

[ 2008-01-31-19:00 ]


道外限定販売で人気
カルビーのポテトチップス・智恵文産ジャガイモ使用

 【名寄】智恵文産ジャガイモを一〇〇%使用したカルビーのポテトチップスが、道外の一部の地域で限定販売されており、人気を集めている。ジャガイモを出荷している道北なよろ農協では、予想を上回る反響に生産者とともに喜んでいる。
 智恵文産のジャガイモとカルビーによる取引は二十年以上続けられており、同農協が年間約三千五百トンのジャガイモを出荷している。
 初めて限定販売された智恵文産ジャガイモのポテトチップスは、カルビー側が同農協からの「ポテトチップスで智恵文産ジャガイモのPRを」との要望に応えて実現したもの。また、「智恵文」という文字が、近年流行となっている受験の合格祈願菓子にマッチ。商品開発を進めていたカルビー側との思惑が一致したことも、実現化した要因となった。

(写真=初めて限定販売された智恵文産のポテトチップス)

[ 2008-01-31-19:00 ]

冬期雇用への配慮を
名寄建設業協会・事業拡大、確保で要望

 【名寄】名寄建設業協会(五十嵐正幸会長)の代表が三十日、市役所名寄庁舎の島多慶志市長を訪問。「中心市街地再開発などを含めてバランスの取れる受注と冬季雇用への配慮を」(五十嵐会長)などと建設関係の事業拡大・確保を要望した。
 地元中小企業関連企業は、完成度の高い工事の完工を目指し、技術向上や受注体制の充実に全力を注いでいるが、国の公共事業の見直し、地方への財源削減などによって公共事業減少。また、季節従業員の各種対策制度廃止など厳しい現状となっている。
 そこで、建設関連事業の拡大・確保と季節従業員の通年雇用推進の事業創出に向け(1)二十年度建設事業の拡大・確保と実施に当たり、事業種バランスの取れた年次施行の配慮(2)冬期事業確保のため、住宅リフォーム促進助成事業の継続、拡大など事業の創出─を求める要望書を提出した。

[ 2008-01-31-19:00 ]

「フーレンのクマ」
北国博物館で企画展

 【名寄】名寄市北国博物館企画展「フーレンのクマ〜第一次南極越冬犬〜」が、九日から二十二日まで同博物館ギャラリーホールで開かれる。
 「クマ」は名寄市風連町で飼われていたカラフト犬。
 昭和三十一年、日本の第一次南極観測隊とともに南極大陸に行き、越冬に参加。その後の第二次隊は越冬できなくなったため、そのまま南極に残され死んでしまったが、生き残った「タロー」「ジロー」は日本中の明るい話題となった。
 風連の小さなヒーローとして、風連歴史民族資料館に展示コーナーがある。今回はそのコーナー展示を拡大して、さらに南極大陸の自然環境やカラフト犬と人間のかかわりなどについても目を向けた企画としている。

[ 2008-01-31-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

1月

1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.