地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年1月25


準限界集落は25の行政区に
名寄市の限界集落・進む高齢化浮き彫り

 【名寄】名寄市の調べによると、市内での行政区で限界集落は、清峰園区を除き弥生区の一つだけとなっている。しかし、限界集落の予備軍とも位置付けられる準限界集落の数は、風連地区で十一の行政区、名寄地区では十四の行政区が該当。準限界集落をみると、農村部で多くなっている。後継者不足が深刻化する一方で、経営者世帯の高齢化が進む状況を浮き彫りにした数字でもあり、このままでは農村部の地域活力低下を招くなど不安が現実のものとなってきそうだ。
 名寄市が調べた限界集落は、行政区を単位に六十五歳以上の人口が、行政区内の全人口に占める割合が五〇%以上として行った。限界集落になると、冠婚葬祭や道路維持など共同体の機能維持が限界に達していると考えられ、さらに人工林などの手入れも行うことが難しく森林荒廃の問題なども指摘されている。

[ 2008-01-25-19:00 ]


事件事故に対し意見
名寄警察署協議会・元井署長19年度概要説明

 【名寄】第三回名寄警察署協議会(寺尾導子会長・委員七人)が二十三日、同署二階会議室で開かれた。
 警察署協議会は、各署に設置。地域住民からの要望や意見を警察業務・運営に反映させるとともに、警察と住民の相互理解を深めるため四半期に一回開催している。
 元井署長が昨年一年間の事件事故概要を説明。刑法犯の発生状況では、認知件数が前年比十五件増の二百三十七件だったが、検挙率は十八年の二四・八%と上回る四六・八%だったことを報告。「昨年、エフエムなよろと協定を結んだが、放送を聞いて情報提供してくれた事案もあった。すぐに皆さんに届くため、効果を上げている」などと説明した。

[ 2008-01-25-19:00 ]

本番に向け意気込み
全国中学校スキー大会・名寄からは5人出場

 【名寄】第四十五回全国中学校スキー大会に出場する市内の中学生五人のうち三人が二十四日、市役所名寄庁舎を訪れ、出場の報告を行った。
 同大会は二月一〜四日に石川県白山市で開かれる。名寄からはクロスカントリーに名寄中二年の小山謙君(クラシカル・フリー)と石山大樹君(フリー)、名寄東中二年の石垣優也君(同)、スペシャルジャンプに名寄中一年の渡辺知也君と瀬川友君。
 この日は、別の大会に出場しているスペシャルジャンプの二人を除くクロスカントリーの三人が市役所を訪れた。
 全国大会出場に向けて小山君は「全国では自分の力を発揮したい」、石山君は「精一杯の力を出し切って頑張りたい」、石垣君は「練習の成果を発揮できるように頑張ってきたい」と、指導者への感謝の気持ちも込めて意気込みを語った。

(写真=全国大会への出場を報告の右から小山、石山、石垣君)

[ 2008-01-25-19:00 ]

グラウンドゴルフセット届く
智恵文老連に愛情銀行助成

 【名寄】智恵文地区老人クラブ連合会(山田豊夫会長)に二十四日、名寄市社会福祉協議会(西村璋会長職務代理者)の愛情銀行福祉機器購入助成事業で購入したグラウンドゴルフセット一式(十六万円相当)が届けられた。
 グラウンドゴルフセットはクラブ、ボール、ティーパッド、ホール、スコアカード、道具袋を取りそろえた。贈呈は市役所智恵文支所で行われ、同連合会傘下の智恵文中央、寿、八幡、智北、智南の老人クラブ正副会長が出席。山田同連合会長は「地域で有効活用しながら、会員同士の親ぼくを深めていきたい」と礼を述べていた。

(写真=セットが届いたことを喜ぶ老人クラブ役員たち)

[ 2008-01-25-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

1月

1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.