地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年1月18


危険予測し正しい順序で
19年労災発生は145件
名寄労働基準監督署・冬季の安全対策も呼び掛け

 【名寄】名寄労働基準監督署は、十九年(一月〜十二月)の労災発生状況(速報値)をまとめた。発生(四日以上の休業)は百四十五件で、前年比三十二件の減少となったが、死亡労災が五件(前年比一件減)と多発し、同監督署は「あらかじめ危険を予測し、決してその危険を過小評価することなく正しい順序で作業を行うことが必要」など、一層の労災防止の徹底を呼び掛けている。
 全産業の労災発生状況を市町村別にみると、名寄市十八件、士別市二十一件、下川町八件、中川町二件、美深町二件など。
 主な業種別では、製造業の労災は四十八件(同十四件減)で、死亡労災の発生は前年に引き続きゼロ。主な事故形態としては「挟まれ、巻き込まれ」が十六件、「転倒」が九件、「切れ、こすれ」が七件など。
 同監督署は「挟まれ、巻き込まれや切れ、こすれ災害では、加工用機械やコンベアなどを起因物としたものが多く、清掃や調整などの目的で、動いている機械に手を出して被災する災害が多い。災害防止のためには、機械の可動部を覆うことや機械を停止させることが必要」と指摘し、「十一月後半から十二月にかけて、凍結路面での転倒災害や交通事故などの報告も増えた。冬季における安全対策の実施についてもお願いしたい」と、安全管理の徹底を呼び掛けている。

[ 2008-01-18-19:00 ]


3歳児の短時間保育検討
美深町・4月から幼保一元化スタート

 【美深】美深町は、今年四月から幼保一元化をスタート。それに伴い、従来の美深幼稚園(園児五十八人)と美深保育所(入所児五十九人)を統括した「美深町幼児センター」も完成。一元化によって幼児教育と保育の効率化を図る。
 幼保一元化は、十六年度に構想を策定。少子化や幼児数が減少している現状を踏まえ、施設を一体化して保育体制を充実させることで、一貫した子育て支援を推進することを目的としている。
 特に四・五歳児は、幼稚園児と保育所児を一堂に会して、保育と教育を一元的に行うことで、就学後の交友関係を築きやすくさせるほか、保護者にとっても子供が小学校入学後、PTA活動などで円滑化を図ることも狙いとしている。
 一元化後は、長時間保育の「保育所籍」と短時間保育の「幼稚園籍」に区分。零〜三歳児は保育所籍のみだが、四・五歳児は保育時間によってどちらかの籍を選ぶことになる。保育所籍の「通常保育」は午前九時から午後五時半まで、「幼稚園籍」では午前九時から午後一時半まで。時間外保育として幼稚園での預かり保育と保育所での延長保育も継続する。
 町では現在、幼稚園籍による三歳児の短時間保育を検討しており、早ければ二十一年度から実施する予定だ。

[ 2008-01-18-19:00 ]

妊婦一般健診へ新女性
下川町が単独で・公費負担など大幅増額

 【下川】「妊娠中のお母さんとお腹の赤ちゃんを健康に」と、町では十月一日にさかのぼり妊婦の健康診査助成を従来の二回から五回に増やし、それ以外の健康診査についても一回につき千円ずつ町費で負担する。近隣市町に先がけた町単独事業。妊婦の経済的負担軽減につながり、喜ばれそうだ。 
 町の保健子育て支援事業の一環。妊婦の健康診査は、病院・医院の産婦人科で行われる。これまでは前期、後期の二回に分け、一万三千四百七十円の助成だった。新たな施策による助成額は、一回目(妊娠八週前後)の一万三千百五十円に始まり、二回目(二十週前後)、三回目(二十四週前後)、四回目(三十週前後)、五回目(三十六週前後)で計二万三千八百七十円となる。 
 また、出産までの健康診査は十三回から十四回必要とされ、それに対する助成はなかった。一般的な妊婦健康診査の自己負担は病院により異なるが、二千五百円前後。町は新たにそのうちの千円を負担する。

[ 2008-01-18-19:00 ]

第一陣が名寄入り
東京なよろ会スキーツアー・今年も北国の冬満喫

 【名寄】東京なよろ会(木原碩美会長)のスキーツアー第一陣が、十七、十八の両日に名寄入り。ピヤシリスキー場でのスキーなどを楽しむ恒例のツアーで、歓迎交流会などを通じ市民との交流も深める。
 今シーズンのスキーツアーは三泊四日と四泊五日の二種類で、AからFまでの六コースを設定。第一陣のAコースは、十七日に来名の十四人と十八日に来名の十人を合わせた二十四人。
 ツアー中はピヤシリスキー場でスキーを楽しむほか、歓迎交流会(金曜)、さよならパーティー(日曜)で市民と交流。また、スノーモービルでピヤシリの冬の美しい自然を満喫するスノーモービルツアーや道立サンピラー交流館でのカーリング体験といったオプションも用意されており、名寄の冬を満喫する。

(写真=なよろ温泉サンピラーに到着したツアー参加者)

[ 2008-01-18-19:00 ]



2008年

1月

1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.