地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2007年7月8


水稲6日早く
1日現在名寄地方作況・今後は適度な雨必要

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、一日現在の農作物生育状況をまとめた。六月からの好天続きによって総体的な生育は順調に進んでおり、特に、水稲については平年より五日から六日早い生育で推移している。だが、平年よりも大幅に降水量が少ない状況で、同支所では「今後も雨不足が続くと農作物に被害が出そう」と話す。
 水稲の「ほしのゆめ」は葉数、茎数ともに平年より若干多い状況。六月に入ってから好天が続いたことにより、平年比で六日早く幼穂形成期に入った。「はくちょうもち」は平年よりも生育が五日早い。葉数がやや多く、茎数も多い状況だが、今後も好転が続くと雨不足の影響を受けることから、適度な雨が望まれている。
 秋まき小麦(ホクシン)の生育は平年より二日早いが、雨不足によって稈(かん)長が短く、穂数も少ない。さらに、一部のほ場でムギキモグリバエの害虫が出ており、白穂の被害が発生している。今後は、二十日前後から始まる収穫期に向けての生育と収穫期間の天候が注目される。
 大豆(ユキホマレ)は平年比で二日早い生育。好天によって順調に進んでおり、茎長、葉数ともに平年を上回っている。生育が四日早い小豆(エリモショウズ)は、平年より茎長が長く、葉数も多い。出芽期が平年より三日早い。
 ビート(きたさやか)は、葉数が平年並みとなっているものの、草丈は長く、四日早い生育。牧草(チモシー)は二番草の草丈が平年並み。一番草の収穫作業は好天続きで順調に進んでおり、全体の八〇%の作業を終了している。生育は一日早い。
 サイレージ用トウモロコシ(八十五日タイプ)は、平年より二日早い出芽期入りの影響により、草丈がやや長く、葉数も若干多い。生育は日照時間が長いことによって三日早い。
 同支所では「今年は、六月までの日照時間が平年よりも長いため、現段階の生育は総体的に順調だが、反面、六月までの降水量は平年よりも四十ミリ以上少なく雨不足となっている。今後は適度な雨が必要」と話している。

[ 2007-07-08-19:00 ]


総合計画中心に紹介
名寄市が市勢要覧発行・豊富な写真で見やすく

 【名寄】名寄市は、二〇〇七年版の市勢要覧を発行した。合併後の新名寄市としては初めての市勢要覧で、旧名寄市から数えると十五年以来四年ぶり、旧風連町では六年ぶりの発行。写真を多く使うとともに、統計資料の図案・グラフ化に伴い、見やすく分かりやすい一冊に仕上がっているほか、完全入稿方式によって一冊当たりの単価を大幅に下げたことも大きな特徴としている。
 新しい市勢要覧はA4判のフルカラー印刷で、四月からスタートした新名寄市総合計画(第一次)を中心に紹介している。四十四ページあり、構成は、島多慶志市長のあいさつで始まり、名寄と風連両地区で開催している各祭り行事と、名寄地区のサンピラー現象や風連地区のスズランなどを紹介した「見どころマップ」。
 総合計画では、基本構想の五本柱となっている「協働」「健康」「生活」「活力」「人づくり」を項目別に紹介。「協働」は市民参画と健全財政。「健康」は保健・医療・福祉。「生活」は生活環境と都市基盤。「活力」は産業振興。「人づくり」は教育・文化・スポーツにかかわる各種事業や活動を、それぞれ文章と写真を使って分かりやすく掲載している。
 続いて、新市の市章や市民憲章、都市宣言、市のシンボルとなる木、花、鳥。キャッチフレーズの「星☆雪・きらめき 緑の里なよろ」をテーマとした、天体や冬イベント、サンピラー、大自然。このほか、行政や議会、国内外の交流活動、旧両市町の歩みを記した年表、主要施設、人口や財政状況などの統計情報も紹介している。
 大きな特徴としては、百枚以上の豊富な写真を中心とした見やすい構成で、今まで別冊としていた統計資料編を、図案やグラフを取り入れることによって本編にまとめ、分かりやすいものとしている。
 要覧の利用対象は(1)市外からの視察・研修の来名者用(2)転入者窓口用(3)市内開催の会議参加者用―などとしているが、市では「市民でも希望者がいれば無料で提供する」と話している。

(写真=合併後初めて発行した名寄の市勢要覧)

[ 2007-07-08-19:00 ]

音楽発表や抽選会と多彩
名寄東小学校でラベンダー祭り

 【名寄】第八回名寄東小学校・コミュニティセンターラベンダー祭りが六日、同校南側テラスで開かれた。
 同校(千葉芳久校長、児童百七十人)とPTA(北村聡会長)、コミュニティセンター実行委員会(高野繁委員長)が主催。同センターは同校周辺にハーブを植える公園化構想などを展開しており、児童と共にラベンダーを管理して、毎年六月末には紫の花と香りが道行く人の目を楽しませている。
 同祭りは、児童とPTA、地域住民らの交流を目的に毎年開催しているもの。昨年までは、土曜日に実施していたことから少年団の大会などと重なり参加できなかった児童もいたが、今年は教育課程に盛り込んだことで、授業の一環として実施し全校児童が参加することができた。
 高野実行委員長が「いい天気に恵まれ、ラベンダーも見事に咲いた。ラベンダーの香る安全・安心な地域にしたい」。山内豊市教育部長があいさつ。低学年が合唱、中学年がよっちゃれ、高学年が鼓笛演奏。また、同校コミュニティカレッジ生が合唱を披露した。
 このほか、ラベンダーの鉢植えが当たる抽選会も行われ、訪れた人は一つ一つのステージに大きな拍手を送り、盛り上がった。

(写真=ステージに大きな拍手が送られたラベンダー祭り)

[ 2007-07-08-19:00 ]

本番さながら消火活動
名寄・消防団の智恵文地区訓練

 【名寄】名寄消防団(長谷川米茂団長)の十九年度智恵文地区消防訓練が六日、智恵文小学校前庭で行われ、万一の事態に連携を確認した。
 智恵文地区は名寄市街から離れていることもあり、火災発生時は第四分団の迅速な消火活動が、被害を最小限にとどめるため不可欠。
 訓練には同消防団第四分団員二十五人と名寄消防署員十二人、同小学校児童二十七人など合わせて約八十人が参加。
 同小校舎からの出火を想定して行われ、児童や教職員が屋外へ避難。ポンプ車、タンク車計三台がサイレンを鳴らして現場に到着。防火衣に身を包んだ団員たちが、逃げ遅れた人がいないかを確認したり、一斉放水を行ったりと本番さながらに消火活動を披露した。
 訓練終了後、倉本滝男名寄消防署長が「万が一の消防活動は、日ごろの地道な訓練があってこそのもの。団員一人一人が地域の防災リーダーとして活躍を」と講評。蓑輪健二副団長が「智恵文地区において万が一の災害発生時には、第四分団の活躍が不可欠。今後も皆さんの活躍を期待している」とあいさつし、団員の労をねぎらった。

(写真=一斉放水も行った名寄消防団の智恵文地区消防訓練)

[ 2007-07-08-19:00 ]



2007年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.