地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2007年4月21


注目は美深、下川町長選挙
きょう28候補に審判
名寄市議会議員選挙・大勢判明午後11時ごろ

 【名寄】名寄市議会議員選挙の投票が、二十二日午前七時から名寄地区二十三カ所、風連地区八カ所にある投票所で行われる。今回に限り選挙区制を導入し、定数十八議席の名寄地区に十九人、八議席の風連地区に九人が立候補、両地区ともに一人オーバーで少数激戦。投票は一部を除いて午後八時までとなっており、同九時から市民文化センターで即日開票され、大勢が判明するのは同十一時ごろとなりそうだ。 
 任期満了に伴う市議会議員選挙は十五日に告示。名寄地区が現職十三人、元職二人、新人四人の合わせて十九人、風連地区は現職九人が立候補。届け出順に、名寄地区は大石健二氏(55)=無所属・新、岩木正文氏(49)=無所属・現、佐々木寿氏(58)=自民党・新、関直彦氏(52)=無所属・元、川村幸栄氏(55)=共産党・新、持田健氏(59)=自民党・新、佐藤靖氏(50)=民主党・現、竹中憲之氏(61)=社民党・現、小野寺一知氏(64)=無所属・現、田中之繁氏(63)=無所属・現、東千春氏(49)=無所属・現、高橋伸典氏(47)=公明党・現、植松正一氏(62)=無所属・現、黒井徹氏(57)=無所属・現、高見勉氏(63)=無所属・元、熊谷吉正氏(59)=社民党・現、宗片浩子氏(64)=無所属・現、駒津喜一氏(53)=無所属・現、渡辺正尚氏(52)=無所属・現。
 風連地区は川村正彦氏(61)、田中好望氏(56)、宮田久氏(64)、中野秀敏氏(50)、日根野正敏氏(47)、山口祐司氏(51)、木戸口真氏(52)、谷内司氏(60)、佐藤勝氏(57)で全候補が無所属の現職。
 名寄地区は現職十三人と新人四人のほかに、元職二人も出馬しての混戦模様。風連地区も、現職九人で八議席を争うし烈な戦いを展開。また、合併に伴って定数が名寄地区四議席、風連地区六議席が削減されたほか、今期限りで勇退する議員も多いため、票の流れが読みにくい状況となっていた。
 しかし、合併後初めてとなる今選挙は「新名寄市づくり」という大きな争点があるだけに、市民にとっては関心の高い選挙。前回の旧名寄市議選(十五年)七九・二二%、旧風連町議選(十七年)八八・九三%の投票率を上回るかも注目ポイントの一つ。
 市内有権者数は、十四日の基準日で名寄地区二万千六百四人、風連地区四千三百八人。
                    ◇
 【下川】下川町長、町議選挙もいよいよ二十二日投票、即日開票され、住民の審判が下る。
 町長選挙は現職の安斎保氏(69)に、新人の中村人間氏(33)が挑戦。五日間にわたり、それぞれ選挙戦を展開。町議選挙は今回から定数が四人削減されて八人に。これに対して新人二人、現職八人が立候補し、二人オーバーの少数激戦となった。
 町内有権者数は、基準日(十六日現在)で三千四百九人。四年前の平成十五年同選挙の当日有権者数は三千五百五人。九十六人の減少。四年前の投票率は九二・八一%。今回も九〇%を超えるのは確実だ。 
 投票は町内七カ所で行われる。投票終了時間が二時間繰り上げられるので注意が必要。町民会館、緑町・三和会館、末広会館、りんどう会館は午前七時から午後六時まで。一の橋コミュニティセンター、上名寄生活改善センター、南部会館は午前八時から午後六時まで。
 午後八時から町民会館で開票。町長選挙は五十票ずつ、町議選挙は二十票ずつ発表される。開票作業終了は同十時前後となる予定。傍聴は先着三十人。会場に入れない人のため、町民会館の道道側に高さ三・二メートル、幅四・四メートルの開票速報板を設け、途中の開票状況が速報される。
                    ◇
 【美深】美深町長選挙も二十二日投票で、即日開票され、二十年ぶりに新町長が誕生する。
 十七日に告示された町長選挙は、前美深町教育長の山口信夫氏(61)と前美深町議会議員の岩崎泰好氏(57)の一騎打ちで、新人同士による二十年ぶりの選挙戦。同時告示の町議会議員選挙は、定数ちょうどとなる十三人の立候補にとどまり、ひと足先に無投票当選が決まっている。
 町内有権者数は、基準日の十六日で四千五百二十六人。まちを二分した前回(昭和六十二年)の町長選は、当日有権者数は今回より約千百人多い五千六百二十二人で、投票率も九六・一四%と高い数字。
 しかし、今回は二十年ぶりの選挙で町民の関心は高いものの、八日に行われた知事選の投票率が八一・八八%だったことを考えると、二十年前よりは下回る予想がされている。
 投票会場は町内十二カ所。町民体育館が午前七時から午後七時まで。恩根内センタープラザ、西紋改善センター、東改善センター、南改善センターが午前八時から午後六時まで。仁宇布コミュニティセンター、玉川住民センター、斑渓改善センター、吉野地区農作業準備休憩施設、富岡改善センター、川西改善センター、大手改善センターは午前八時から午後五時まで。
 開票は午後八時から町民体育館で行い、速報は同九時から三十分間隔。開票作業は同十時ごろに終了する見込み。

[ 2007-04-21-19:00 ]


改修の影響で入館者減
風連児童会館・同時に図書貸し出しも減

 【名寄】風連児童会館の十八年度利用状況が、まとまった。年度中に施設の大規模改修があったことから、約二カ月間閉館するなどの影響があり、入館者数が前年度対比でダウン。これに伴い図書の貸し出し冊数も落ちた。
 児童会館は市街地に位置し、名称の示す通り、放課後の児童対策事業に取り組むなど、子供を中心に多くの町民が利用している。図書室が設けられているほか、子供の読書意欲を高める独自の活動も効果を上げている。
 会館は、昭和四十九年にオープン後、必要に応じて小規模改修は行ってきたものの、施設の老朽化や名寄市との合併に伴い、同会館を市立名寄図書館の分館と位置付け、電算化も進めていく計画などから、十八年度に九千百八十一万円の事業費をかけて大規模改修を行った。このため、昨年十一月八日から十二月三十日までと、今年三月、一カ月間閉館をした。
 閉館中は、隣接する風連歴史民俗資料館で図書の貸し出しなどを行った時期もあったが、十八年度延べ入館者数は、一万五千五百六十三人で前年度対比四千九百九十二人の減。図書室の利用者数も延べ一万四千四百九十四人で小学生の三千百八十三人の減を最高に、全体で五百四十一人の減となった。
 図書の貸し出し冊数も、入館者の減に比例した内容で、延べ貸し出し冊数は一万二千三十五冊と、前年度比三千三百二十五冊の減。ブックモービルを利用した移動図書の利用者は延べ五百七十八人で前年度比二十六人の減。貸し出し冊数は三千七百三十五冊で八百二十冊の減となった。
 なお、施設の大規模改修に合わせて老朽化した蔵書の除籍を行った結果、新たに購入、寄贈を受けた本が年度内で千十七冊あったが、蔵書数は前年度よりも一万千三百五十九冊少ない四万千六百四十八冊となった。

[ 2007-04-21-19:00 ]

勤続功労者らを表彰
郵政記念日・サービス向上へ気持ち新た

 【名寄】名寄市内の七郵便局合同による第七十四回郵政記念日式典が二十日、名寄郵便局で行われ、永年勤続功労や優績職員が表彰された。
 同式典は、毎年四月二十日の「郵政記念日」の一環として行われている。同記念日は、明治四年の新式郵便制度発足を記念したもので、通信事業特別会計法が成立した翌年の昭和九年に制定。郵政事業に協力した人たちに感謝するとともに、事業の充実や発展を願う日としている。
 式典には職員と来賓二十一人が出席。金本泰幸名寄郵便局長は「郵政事業発展はお客さまの支援や先人の功労によるもの。今年十月に郵便局が民営・分社化される。各自が責任をかみしめて職務遂行に全力を挙げ、今まで以上に地域に信頼される郵便局を」と式辞。高田富夫郵雪会北上川支部長が祝辞。
 職員たちは金本局長らから勤続功労、事業優績、年度優績の表彰を受けた。受賞者を代表して名寄錦町郵便局総務主任の佐々木聡さんが「栄えある表彰を受けたのは上司、先輩、同僚の支援のおかげ。民営・分社化を控え、積極的な郵便業務を遂行し、お客様の期待に応えなければならない」と述べ、サービス向上へ気持ちを新たにした。

(写真=職務の功績をたたえた郵政記念日式典)

[ 2007-04-21-19:00 ]

劇や交流会など企画
12日に名寄大で看護の日

 【名寄】市立名寄短期大学看護学科、名寄市立大学保健福祉学部看護学科の「看護の日〜看護のやさしさでミンナを笑顔に」が、五月十二日午前十時から名寄市立大学本館で開かれるが、同学科は「堅苦しいものではないので、気軽に遊びに来てください」と多くの来場を呼び掛けている。
 近代看護学の普及に尽力したナイチンゲール誕生日の五月十二日は「看護の日」。そして、十二日を含む週の日曜日から土曜日までを「看護週間」としており、全国各地で毎年、看護団体による広報活動が行われている。
 同学看護学科でも三年生を中心とした看護の日実行委員会を組織。中高生と看護学生との交流の場を設けてイベントを開催。
 今年は看護劇「生まれ変わる赤ちゃん肌に〜もうニキビ占いなんかしない」「看護を選んだ日〜私たちの高校時代」。学内演習風景などを撮影したキャンパスフォト展示。受験体験などを聞くことのできる交流会を企画。
 さらに、看護学生手作りの洗顔ネットやヘアバンドなどをプレゼントし、中高生の悩みの一つであるニキビケアにも取り組む。
 学生たちは現在、講義の無い日や放課後などを利用して看護劇の練習に励んでおり「笑顔あふれるスタッフが、待っています。どなたでも参加できるので、ぜひお越しください」(実行委員会)と呼び掛けている。
 問い合わせは名寄市立大学(01654-2-4194)保健福祉学部看護学科の播本助教授まで。

[ 2007-04-21-19:00 ]



2007年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.