地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2007年4月12


前年度比1016件減
利用者と行政の負担軽減
名寄の排雪ダンプ助成・暖冬による降雪減少が要因

 【名寄】名寄市の排雪ダンプ助成事業(名寄地区のみ)の申し込み受け付けが3月25日に終了し、18年度の利用件数がまとまった。今シーズンは615件の利用があったものの、暖冬の影響で降雪量が大幅に少なかったため、昨シーズンの1631件を半分以上下回った。利用する住民とサービスを提供する行政ともに経費の負担軽減につながる結果となり、市建設水道部維持管理センターでは「雪が降らない暖かい日が多かった結果が、数字となって顕著に出た」と話す。
 旧名寄市から継承した名寄地区の排雪ダンプ助成事業は、市指定の業者(十一事業所)に一般家庭が排雪ダンプ一台(約六千円)を依頼して利用した際、千円を助成するもので回数は無制限。今シーズンも前年度と同様、ダンプ四千四百台分に当たる四百四十万円の予算を見込んでいた。
 同センターの調べによると、今シーズンの降雪は五八一センチ(昨シーズン六九七センチ)、積雪は五四センチ(同八三センチ)。昨シーズンよりも降雪が二週間程度遅かったことをはじめ、暖冬の影響で降雪日が少ない状況が続いたため全体的に雪の量が減る形となった。
 さらに、昨シーズンはまとまった大雪が数回あり、降雪量が一気に増える日が多かったものの、今シーズンは一定程度の降雪はあっても気温の高い日が多く雪が解けて、積雪量も大幅に下回ったことで、本年度の同事業要望件数の大幅な減少につながった。
 また、昨シーズンの降雪と積雪が平年の数値を大きく上回っているため、平均値より低い今シーズンが、総体的に極端に減少しているように感じられると、同センターでは分析している。
 昨シーズンは千六百三十一件、ダンプ四千三百十六台の利用があり、金額的に若干浮いた形となった。しかし、今シーズンは六百十五件、ダンプ千五百四十一台の利用にとどまり、比較すると千十六件、ダンプ二千七百七十五台と大幅減少。
 これに伴い、利用回数は無制限となったものの、助成額が二千円から千円に半減したことによる住民負担が軽くなったほか、財政状況が厳しい市の負担も軽減した形となり、同センターでは「スキー場や雪まつりなど冬の観光面には悪影響となった暖冬だが、市財政や市民の生活にとっては二重の喜びになったと思う」と話している。

[ 2007-04-12-19:00 ]


徳島県三好市と対戦
5月30日にチャレンジデー・参加目標1万8800人

 【名寄】「名寄市民健康づくりチャレンジデー二〇〇七」の日程と内容が決まった。今年の相手は徳島県三好市で、名寄市は全人口の六〇%となる一万八千八百人を参加目標に掲げ、五月三十日に対戦する。
 市民の健康づくり推進を目的に、旧名寄市時代の昭和六十三年から平成五年まで、姉妹都市のカナダのリンゼイ市と「ヘルシーコンペ」の名称で、単独のチャレンジデーを実施。しかし、同コンペが中止となったことで、平成六年から笹川スポーツ財団がコーディネートする現行のチャレンジデーに参加するようになった。
 実施は毎年五月の最終水曜日で、今年は二十五日。人口規模が類似する市町村間で、午前零時から午後九時までの間に、十五分以上継続してスポーツや運動を行った住民の参加率で競う。
 昨年は島根県雲南市と対戦。名寄市の参加率は五〇%で、雲南市の五五・五%を下回り、合併後の新名寄市での初戦は敗れている。これにより、第二回目から国内チャレンジデーに参加している旧名寄市からの通算対戦成績は十三戦六勝七敗となっている。
 新市二戦目となる今年の対戦相手は徳島県三好市(二月末現在の人口三万四千百三人)。これに対して、名寄市の二月末現在の人口は三万千四百六十二人で、二千六百四十一人少ないが、あくまでも参加率を競うイベントであることから、人口の多い少ないは勝敗の影響にはあまりつながらない。
 実施内容は、全市民を対象とした「早朝ラジオ体操」を、市内の各小学校グラウンドなどで行う(雨天時は体育館などの屋内)。メーンの「市民綱引き大会」は小・中学校と一般の部に分け、市スポーツセンターを会場に熱戦を展開する。
 このほか、スポーツイベントとして、パークゴルフやグラウンドゴルフ、ゲートボールなどの各種大会をはじめ、一般市民対象のスポーツ教室も開催。市内体育施設も無料で開放され、新市での初勝利を目指す。
 参加などに関する問い合わせは市生活福祉部高齢福祉課(01654-3-2111)まで。

[ 2007-04-12-19:00 ]

組合長に木下氏再任
北はるか農協通常総代会・剰余金マイナス3108万円

 【美深】北はるか農協(木下一己組合長)の第四回通常総代会が、十二日午前十時半から町文化会館で開かれた。当期利益は二千九百二十三万七千円を計上したが、各種税金や法人税調整額(目的積立金から取り崩し)を差し引くと、当期剰余金は三千百八万九千円のマイナス。総代会終了後に開かれた理事会で、常勤役員の互選を行い、代表理事組合長に木下一己氏が再任された。
 総代会には百三十人(本人八十四人、代理人五人、書面議決四十一人)が出席。木下組合長は「農業を取り巻く情勢は大きく変化している。農業は転換期を迎えていると申し上げているが、その転換期が実際に政策となって変わる節目を迎えている。品目横断的経営安定対策などは戦後農政の大転換。国際的には日豪のEPA問題、WTO農業交渉も日本の地で再開されそうな情勢である」とあいさつ。
 十八年度はアスパラガス、カボチャの価格・収量とも前年度を上回ったが、サヤエンドウなどハウス野菜は長雨・高温障害などの影響を受けて収量が減少。飲用乳需要減少が続く中、生乳の減産も余儀なくされ、販売総生産額計画八十三億九千七百万円に対し、実績は八十二億六千八百万円。当期未処分剰余金は三千七十七万千円、利益準備金に六百五十万円、任意積立金に二千万円。次期繰越剰余金として四百二十七万千円を充てた。
 十九年度事業方針は「経営環境の変化に対応しうる経営体制の強化」「コンプライアンス(法令順守)の徹底による不祥事の未然防止」「不良債権の償却と引き当ての実施」「担い手作りの推進」が柱。特に担い手づくりでは、認定農業者の拡大や新たな農業法人・生産組織の育成を図る。品目横断的経営対策の条件を満たす組合員にはさらなる経営強化への支援、対象外となる組合員には農地の集積や集落営農組織への参画で、地域や組合員の状況に応じた支援策に取り組む。
 営農指導では、日豪FTA(自由貿易協定)を柱とするEPA(経済連携協定)交渉が始まるなど農業情勢の厳しさを踏まえ、経営安定化を図るための農作業共同化、農場の共同経営や法人化でコスト低減を目指す。
 農産事業では、品目横断的経営安定対策が始まったが、所得減少を補完するため、施設野菜の導入推進や輪作体系の確立に取り組む。
 畜産事業では、北海道酪農基盤維持対策(二十年度まで)の二年目で引き続き計画生産下にあるが、乳質改善を図りながら二十一年度からの増産に向けて優良乳牛確保に当たる。
 販売事業計画では、七十七億六千五百万円の総生産額を見込んでいる。

[ 2007-04-12-19:00 ]

プリンや焼き菓子好評
市内菓子店のブラジル・アスパラ使い新商品

 【名寄】名寄市西一南六の洋菓子&レストラン「ブラジル」では、アスパラガスのパウダーを使った新商品の販売を始めたが、売れ行きも好調だ。
 ブラジルで販売しているなよろプリンは、「ナムコ・ナンジャタウン」と「神戸スイーツハーバー」で開催された「プリンの殿堂二〇〇六」で「ご当地大賞」を受賞した。
 コンテストを紹介したフジテレビの「とくダネ」では、メーンキャスターの小倉智昭さんと女優の高木美保さんが「なよろプリンが一番おいしい」と評価したことで有名となり、全国から注文が殺到している。
 また、市では「アスパラルネッサンス事業」に取り組んでおり、その一環として、名寄産アスパラの付加価値を高めるために「アスパラのまちプロジェクトチーム」が切り下部分や規格外品をフリーズドライにしたパウダーを使って商品開発を進めている。
 そこで、ブラジルでも「なよろプリン」にアスパラパウダーを加えた「なよろプリン アスパラ・チーズ」を考案。アスパラと相性のいいクリームチーズも加えており、アスパラの風味が楽しめるほか、アスパラの甘味で「なよろプリン プレーン」よりも少し甘めなのが特徴。価格は二百五十円。
 このほかアスパラマドレーヌ(八十円)、アスパラブラウニー(百三十円)、アスパラフリアン(百十円)の焼き菓子も販売。また、アスパラロールケーキ(十八センチ九百八十円)もあるが、一週間程度前の予約が必要。
 平井秀明社長は「うちの商品は無添加にこだわっています。アスパラパウダーはフリーズドライにしたことで香りがよく出ています」と語る。

(写真=市内西1南6で販売しているアスパラを使った新商品)

[ 2007-04-12-19:00 ]



2007年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.