地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2007年3月14


アスパラめんの商品化に動き
再開発は地元企業で
名寄市議会予算審査特別委員会・入札能力あるが資金力必要

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(猿谷繁明委員長)は十三日、労働費、農林業費、商工費、土木費、災害復旧費で質疑を行った。黒井徹委員(市政クラブ)のアスパラルネサンス事業による商品化の質問で、塩田昌彦農務課振興計画係長は「完全な商品化とはいかないが、アスパラパウダーを使った食べ物を市内で試験的に販売している。十九年度からは名寄市立大学などと連携を図って研究を進めるほか、現在、道内の大手企業とアスパラめんを使った商品販売に向けて話し合いをしている段階」と答え、具体的な商品化に向けた動きがあることを明らかにした。
 労働費、農林業費、商工費で黒井委員がホワイトアスパラ事業について質問。
 茂木保均農務課長は、ホワイトアスパラの市場ニーズが高まっているものの、生産力に限りがあることから、北海道大学などと連携して三年間研究するとし、十九年度から本格的に取り組む考えを示した。
 東千春委員(市政クラブ)は、農村景観を目的としたピカイチ事業の十九年度計画内容を質問したほか、スノーボードも含めた短期集中型のスキー教室の実施やハーフパイプ整備などによる集客を提案。
 臼田進農政係長は「十九年度も農業施設の壁面を予定しており、今回は智恵文地区での政策に向けて協議している」と答弁。
 今尚文副市長は、ハーフパイプをつくる専属の機械がないため、人的につくっても維持管理に負担がかかるとともに、スキー教室も人的資源を確保する必要があることを説明。しかし、旭川空港に韓国直通の便ができたことで、スキー観光による集客の可能性が広がったため、韓国とのスキー競技交流の実績を生かしてアプローチして売り込んでいくとした。
 木戸口真委員(凛風会)は地産地消推進計画の方向性で質問。
 塩田振興計画係長は「生産者、道北なよろ農協、行政、商業者などの連携を図り、安心で安全な農産物を基本とした産地づくりと、加工品づくりを推進していく。『消費者に支援される生産、出荷』『食生活による健康推進』『消費者ニーズの把握』『情報提供の推進』をポイントとして、地産地消推進協議会(仮称)を組織して取り組む」。
 土木費、災害復旧費で佐藤靖委員(市民連合)は、ポスフールの出店問題にもつながる市内徳田の特別用途地区設定で、二十三日に予定している公聴会の内容を質問するとともに、市民合意を得るには期間が短いことを指摘。
 野間井照之都市整備課長は「公聴会では、都市計画案のたたき台に対する意見をいただき、これを参考に計画案を策定して都市計画審議会で審議してもらう考え。当日は三時間程度を予定している」。市民合意の面では、広報や新聞紙上などを通して理解に努めていることを説明した。
 また、「風連地区市街地再開発事業の地元企業活用」の要望が複数の委員から出され、島多慶志市長、野間井都市整備課長は、事業は分割しながら進めるため地元企業も入札できる能力があるとした反面、二十億円を超える大型事業であることから、入札企業には一定の資金力が必要との考えも述べた。

[ 2007-03-14-19:00 ]


障害者に厳しい支援法改正
里山エリアは3分野で
下川町議会・予算案の連合審査始まる

 【下川】町議会定例会七日目の十三日は午前十時から総務文教、産業厚生両委員会による連合審査会が開かれ、新年度予算案のうち一般会計の約半分を審議した。
 商工林務課の審査では課長、主幹、主査らが出席。昨年十月の風倒木被害についての質問で、同課は「被害面積百六十ヘクタール。十九年単年度の被害木処理費は一億五千六百万円。収入は国の補助五千百万円、素材売り払い一億千七百万円、保険金八千四百万円(予定)で二億五千二百万円となり、九千五百万円の収益」との見通しを示した。
 「新聞で公園整備に七億円とあったが、内容は」の質問に「里山エリア再生交付金事業で、二十三年度までの五カ年で約七億円を投入する構想。メニューは三つあり、森林整備八百五十七ヘクタールで一億二千五百万円、林道整備四千二百四十三メートルで二億七千百七十万円、公園整備は二億九千五百三十万円。自己負担は交付税補てんを見込むと一億六千六百万円。森林・林道整備は商工林務課、公園整備は建設課が所管する。新年度予算での計上はない」など説明。
 「エミュー、エゾシカなど新規事業のフォローをクラスター推進部でやれないか」の質問も。同課は「エミューなどは中小企業振興条例で対応。どんな方向にいきたいのか意向を聞きたい」と答えた。
 農務課関連では「農産加工研究所のトマトジュース保管庫が必要では。民営化の方針は消えたのか。トマトジュースを小さな缶、ペットボトルにできないか」などと質問した。
 同課は「保管庫がほしいが厳しい財政で既存施設を改修し活用したい。昨年、町長が当面、直営で―と表明したが民営化の試案づくりも行っている。缶はにおいが付き、ペットボトルにするには施設の全面変更が必要」と答えた。
 税務住民課では「滞納解消のため訪問徴収、差し押さえを行っているのか。地域担当職員は公区により温度差がある」など。同課は「訪問徴収を行い差し押さえも一件。滞納全体は減少したが国保税滞納が若干増加した。担当職員は地域外の職員の方が良い場合もあるので検討したい」。
 保健福祉課では「町独自の子育て支援策は。高齢者入湯補助は今後、どうなるか」。同課は「無料の児童クラブなどあり、キッズスクールと併せボランティア募集など考えたい。高齢者入湯は十九年度が六十七歳以上百四十回。段階的に減らし二十二年度に七十歳で百回としたい」。
 山びこ学園では「嘱託職員の勤務が短期間すぎないか。直売所の実績は」。同園では「嘱託職員は面接時、最低三年をお願いしているが、結婚など都合で短期になる。直売所は夏の間、月、水、金曜日に午後二時間。シイタケなどが人気。年間百人、売り上げは十万円。地域交流、理解など目的に行っている。PRも行いたい」。また、「障害者自立支援法改正の影響は」の質問に「同法改正後の昨年十月から国の支援単価が下がり、利用者の負担も増加した」と障害者を取り巻く厳しい環境が報告された。

[ 2007-03-14-19:00 ]

「緑の油田」で質問
加藤道議定例会見・名寄市関連事業など説明

 【名寄】十九年第一回北海道議会定例会(二月十六日〜三月七日)が終了し、加藤唯勝道議会議員の記者会見が十四日、紅花会館で開かれ、道議会の動きを報告。名寄市関連の主要事業などを明らかにした。
 同定例会で可決した名寄市関連の主な事業で、新設大学整備費補助金(名寄市立大学・八百六十万円)、特別保育事業推進費補助金(清風会風連さくら保育園、風連町子育て支援センター、地域子育て支援センターちゅうりっぷ・さくらんぼ・四百五十万円)、軽費老人ホーム運営費補助金(風連爽風会・千二百四十万円)、道営畑地帯総合整備事業費(智恵文地区・一億九百万円)、経営体育成基盤整備事業(東豊、瑞生、協和、風連、名寄地区・十二億六千四百万円)、畜産担い手育成総合整備事業(名寄地区・八千三百二十万円)などを説明した。
 また、主な議論では「行財政改革で、給与の適正化、技能労務業務の見直しなど『新たな行財政改革の取り組み』に掲げた事項を着実に実施するとともに、取り組みの前倒しやさらなる範囲の拡大など取り組み強化を」と指摘する一方、「自動車関連産業などの誘致は大変な成果。本州産に負けないおいしい米を生産し、評価を得たことも意義がある。これまで展開された施策はきわめて正しかったと考える。今後とも、高橋知事には道政を担当していただかなければならない」とエールを送ったという。
 加藤道議は一日の予算特別委員会で、バイオエタノール(緑の油田)について、道の検討状況や次期北海道長期総合計画での位置づけなど担当所管に質問。五日の同委員会知事総括で、高橋はるみ知事が「『緑の油田』という構想は、私としても北海道の将来に向けて夢のある取り組みと考えている」などと述べたという。

[ 2007-03-14-19:00 ]

18日に美深スキー場で
エアリアル全日本大会・五輪やアジア大会選手が出場

 【美深】全日本スキー連盟主催の第二十七回全日本スキー選手権大会フリースタイルスキー競技エアリアル種目が、十八日正午から美深スキー場で開かれる。昨年のトリノ五輪や今年二月の冬季アジア大会などに出場した選手が参戦する予定となっている。
 美深町内では、エアリアルプロジェクト委員会を中心に、エアリアル競技の選手発掘と育成に取り組んでおり、地域振興にもつなげようとしている。昨年十月には同スキー場に専用コースが完成。十二月からエアリアルナショナルチームのメンバーが交代で美深に滞在し、自身の技術を磨きながら子供たちにスキーを指導している。
 全日本選手権は、美深で初の開催。大会実施に当たって開催実行委員会(委員長・藤守光治美深スキー連盟会長)を組織し、準備を進めている。また、北海道スキー連盟主催の第二十六回北海道スキー選手権大会フリースタイルスキー競技エアリアル種目(競技開始十七日正午)、美深町主催の第二回美深町長杯(同十八日午後一時)も合わせて開かれる。
 参加者数は、全日本選手権と北海道選手権に各十六人。町長杯は当日参加も見込んでおり四十人程度となる予定。全日本選手権には冬季アジア大会で三位の倉田孝太郎選手、トリノ五輪に出場した逸見佳代選手、美深町内のスキー教室で指導に加わった西川史朗選手らナショナルチームのメンバーが出そろう。
 開会式は十六日午後五時から、レセプションは同六時からそれぞれ美深町文化会館で、公式練習は十八日午前十時半から同スキー場で行われる。

[ 2007-03-14-19:00 ]



2007年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
12日
13日
14日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.