地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2006年12月5


予算方針や病院展望
名寄市議会の一般質問・20議員から56件の通告

 【名寄】第三回名寄市議会定例会の一般質問通告が四日に締め切られ、二十議員から五十六件の通告があった。日程は十二日から十五日までの四日間で、一日五議員が登壇して理事者の考えをただす。
 通告は次の通り
 ◇十二日
 野々村勝議員(市政クラブ)(1)十九年度予算編成に対する考え方(2)防衛問題「省」昇格に対しての見解など自衛隊関係について(3)市職員退職予定者と行財政改革の関連も含めた団塊世代への対応
 野本征清議員(風連クラブ)(1)テナント誘致の見通しを含めた風連地区市街地再開発事業(2)ごみ分別収集体制や生ごみたい肥化への新たな取り組みなど、環境にやさしいごみ対策(3)指定管理者制度導入など風連地区天塩川パークゴルフ場の運営管理(4)市民ニーズと職員の士気
 高橋伸典議員(公明)(1)住民基本台帳カードの利活用提案(2)緊急通報システムの連絡体制を整備する安心・安全で災害に強いまちづくり(3)福祉的軽減措置を盛り込んだ水道・上下水道料金
 東千春議員(市政クラブ)(1)地域包括支援センタービジョンや健康保険法改正によるリハビリ対策など保健・医療・福祉の連携と充実(2)職員数の適正化計画とアウトソーシングなど充実した市役所機構と人事管理(3)街路樹に関する街路計画
 村端利克議員(凛風会)(1)職員と施設対応を考えた白樺ハイツ民営化の時期(2)道北なよろ農協跡地の住宅建設規模や行政が直接関係する建設規模と全体像。今後の民間企業の協力体制など風連地区市街地再開発事業の促進
 ◇十三日
 宮田久議員(凛風会)(1)地域防災計画や一般廃棄物処理計画など安全・安心な市民生活組織の構築(2)市職員安全衛生管理規則
 岩木正文議員(市政クラブ)(1)市のいじめ問題の今後の対応と対策(2)ピクトグラム(図記号)を導入した市の防災計画(3)有料広告を導入した新たな財源確保(4)公園の駐車場利用を考えた冬の公園利用
 木戸口真議員(凛風会)(1)策定中の新市総合計画との整合性を図った十九年度予算編成(2)電気料負担や修繕費用で風連と名寄両地区で違い。市の街路灯と防犯灯の今後
 竹中憲之議員(市民連合)(1)市民憲章の策定状況(2)条例にかかわる内規(3)保護者アンケートからの課題と活用を踏まえた学校給食センター運営問題(4)適応指導教室とハートダイヤルの現状、特別支援教育実施に向けた課題による子供育成の環境整備
 武田利昭議員(清風クラブ)(1)後継者対策の抜本的改革と耕地面積データを整備した農業振興(2)大規模機械導入による農業生産体制(3)農業振興政策を進めるには
 ◇十四日
 日根野正敏議員(凛風会)(1)空き家・空き店舗を有効利用した新たな定住の推進(2)市立高校による存続の可能性を模索して風連高校存続に向けた努力を(3)新たなシステム構築に向けた農地流動促進
 佐藤靖議員(市民連合)(1)合併特例債を活用した中での財政展望と十九年度予算編成(2)生涯学習で取り組むいじめ対策や学校改築と新市総合計画とのかかわりなどの教育行政について(3)市立総合病院の将来像
 黒井徹議員(市政クラブ)(1)十九年度予算編成で、農業政策の重点事項も含めて農家経済の実態と担い手育成(2)カーリング競技の普及振興を踏まえた道立公園の管理計画(3)市民向けの分かりやすい予算書・財政状況の公表
 田中好望議員(風連クラブ)(1)荒廃地防止などの農地流動化対策(2)風連・名寄両地区の一本化と、どの対策に厚みを持たせるかなどの産地づくり対策交付金
 渡辺正尚議員(まちづくり)(1)災害時の要望活動を取り入れた近年の異常気象対応(2)名寄バイパス三工区開通で智恵文南インターから降りられなくなったことに伴う、ひまわり畑観光や農作物直売所への影響と今後の対応(3)精神科運営の対応も含めた名寄市立総合病院の将来展望
 十五日
 斉藤晃議員(共産)(1)安心して暮せる街づくり施策を盛り込んだ新年度予算編成(2)診療報酬削減などによる市立病院への影響を踏まえた医療制度改革への対応(3)仕事確保と地域活性化のための住宅リフォーム助成
 植松正一議員(市民連合)(1)農業の担い手経営安定策や十九年度からの品目横断導入による具体的なスケジュール、台風被害支援策などの新しい農林業の施策(2)医師確保による安心・安全の医療体制の確立
 林寿和議員(凛風会)(1)職員給与の見直しや定数管理などを含めた新年度予算への行財政改革(2)名寄地方で研究や試験を行う水稲の直播栽培技術の研究
 川村正彦議員(凛風会)(1)行政区と町内会組織の再編や名寄地区の地域自治組織など、協働を目指すコミュニティー組織(2)地籍調査の今後の取り組み方針と課題
 佐藤勝議員(凛風会)(1)新名寄市総合計画に盛り込む事務事業の仕分け(官・民)(2)特例区設置終了後の風連地区の姿(3)受診率アップの効果的対応を取り入れた総合健診のあり方(4)教育委員会の執行体制

[ 2006-12-05-19:00 ]


10年の思い出語る
いきいきかあさんの会

 【名寄】いきいきかあさんの会(伊東和江代表、会員八人)の十周年を祝う会が四日、智恵文多目的研修センターで開かれた。
 同会は平成六年、異業種交流として地域の主婦が集まり、地場産イモ・カボチャで「天」の文字入り団子を作り、雪質日本一フェスティバルで提供したのが始まり。九年に北海道元気づくり事業の支援を受け「いきいきかあさんの会」として活動を開始。東京なよろ会の会員が訪れた際や同フェスティバル、産業まつりなど各種イベントで提供、出店している。
 祝う会には、会員をはじめにその家族、元会員等三十一人が出席。テーブルには、「えびす南瓜のポタージュ」や「北あかりのホカッチャ」「未粉でん粉麺」「百合根茶碗蒸し」など、会員が前日から仕込んだ手料理が並んだ。
 伊東代表は「今まで育てていただきましたことに感謝いたします。時間の許す限りご歓談ください」、来賓の茂木保均名寄市農務課長があいさつした。
 出席者は、美味しい料理を味わいながら十年間の思い出を語り合い、今後のさらなる発展を願った。

(写真=手作りの料理を味わいながら発展を願った祝う会)

[ 2006-12-05-19:00 ]

親子で楽しく飾り付け
名寄振興公社のツリーづくり

 【名寄】名寄振興公社主催のクリスマスツリーづくりが二日、道立サンピラーパーク「サンピラー交流館」で行われ、多くの親子が交流を深めながら楽しんだ。
 同交流館は十一月十一日にオープン。クリスマスを間近に控え、子供とその父母が一緒に楽しんでもらえるイベントを企画した。
 会場には幼児と父母ら約三十人が集合。ツリーの飾り作りと木製のコースターを作製。表面にアニメキャラクターや雪だるま、サンタクロースなどを描き、ドリルで空けた穴に色とりどりのひもを通して完成。
 上川北部森づくりセンターの協力を受け用意した、高さ二メートルのアカエゾマツに、コースターやマツボックリ、鈴、星、電飾などを協力して飾り付け。参加者たちは楽しそうな表情で作業に当たり、ツリーの完成を喜び合った。
 ツリーは二十五日まで、同交流館の入口付近に飾られている。

(写真=コースターなど飾り付けたクリスマスツリー)

[ 2006-12-05-19:00 ]

地域の魅力を伝える
名寄と旭川FM局・ネット結び同時生放送

 【名寄】地域FM局「Airてっし」(我孫子洋昌局長)は二日、旭川の同局「りべーる」と特別共同番組「冬の道北ドライブ〜地域のミリョク再発見!」を編成。それぞれのスタジオを拠点とした同時生放送を行い、名寄と旭川の魅力を多くの市民に伝えた。
 一般国道40号名寄バイパス三工区(智恵文南入り口〜智恵文IC)の開通を記念するもので、両局をネットで結んで正午から午後三時までの生放送。わかなさん(Airてっし)と川島玄起さん(りべーる)の二人が、進行パーソナリティーを務め、両局のスタジオで各地域のゲストを招いたトークなどが行われた。
 「Airてっし」では、市立名寄短期大学生活科学科生活科学専攻二年の東木おりえさんが出演してゲストトークが繰り広げられた。今年四月に開学した名寄市立大学を紹介するとともに「名寄は、たくさんの自然があり、市民がとても親切。これからも多くの魅力が発見できるまちだと思う」とまちの魅力を語った。
 さらに、我孫子局長と林ゆかりさん(りべーるパーソナリティー)らを乗せた中継車が、スタジオとのトークを交えながら智恵文ICから旭川まで走行。車内から見える景色などを名寄と旭川の市民に伝えた。
 また、関係者は「今後、三局、四局のスタジオを拠点にした同時生放送も行ってみたい」と意欲を燃やしていた。

(写真=中継班の右から我孫子さん、東木さん、林さん)

[ 2006-12-05-19:00 ]



2006年

12月

1日
2日
3日
4日
5日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.