地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2006年8月21


生育は総体的に順調
15日現在名寄地区作況・収穫時期の好天に期待

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、十五日現在の農作物生育状況をまとめた。湿度の高い日が続いたため、病害の発生が平年に比べて若干多いものの、好天と適度な降雨によって総体的な生育は順調に進んでいる。
 水稲(はくちょうもち)は、出穂期が終わり生育の遅速は、平年比一日早い。懸念される不稔も今のところはほとんどなく、このままの天候で推移すれば、平年は九月十日過ぎに始まる収穫作業が、今年は九月初旬まで早まり、九月中旬までにはすべての作業が終了することが予想される。
 秋まき小麦(ホクシン)は収穫が完了しており、現在は調製中。八月末から九月にかけて結果が出てくるが、収穫時期に好天が続いたことによって品質は期待でき、収量の確保も注目される。
 生育が一日早い大豆(ユキホマレ)と二日早い小豆(エリモショウズ)は、七月後半から順調に推移。さや数の確保は、大豆は平年並みだが、小豆は平年より多くなる見込みで、今後の生育状況も注目される。
 ビート(きたさやか)は八月上旬まで順調に推移していたが、高温多湿の天候が続いているため、生育が緩慢になり二日遅れ。
 牧草(チモシー)も好天と適度な降雨で順調に推移、二十日前後から二番草の刈り取り作業が始まると予想。 
 サイレージ用トウモロコシ(八十五日タイプ)も回復傾向にあり、葉数は若干少ないものの穂長は長く、前回(一日現在)よりも生育が一日進み、平年比三日遅れ。
 同センターでは「高温多湿の日が続いているため、一部のほ場でカビなどによる病害が発生しているが被害は少ない。これから各作物の収穫時期が本格化するので、今の天候が推移することを期待している」と話す。

[ 2006-08-21-19:00 ]


行政評価作業もスタート
下川町で昨年に続く作業・今年は50項目を重点チェック

 【下川】行政の効果、効率性などを住民の目線でチェックする十八年度第一回行政評価町民委員会(文梨政幸委員長)が十八日、ハピネスで開かれた。早速、庁内に設置されている行政評価委員会(委員長・近藤八郎助役)との合同による行政評価作業をスタートさせた。
 昨年に続く事業で、同町民委員会の委員二十人は全員同じメンバー。庁内の同委員会は課長職が中心となっており、この日は両方の委員約四十人が出席した。
 安斎保町長が「町民の目線で行政を評価、検証してほしい。評価の結果は新年度予算案編成などに反映させていきたい」。文梨委員長は「昨年の続編だが住民参加の行政、情報共有のうえで重要な仕事。誇りを持って下川の行政を考えていきたい」とあいさつした。
 田村泰司町総務課総務・企画財政グループ主査から今年の行政評価の概要、スケジュールなど説明。「庁内の行政評価委員会で五百四十一項目すべてについて内部評価を終了したが、同町民委員会との合同委員会では約五十の事業をピックアップ。重点的に評価を行いたい」など。
 この後、全体が四つの部会に分かれ、早速、事業評価作業に着手した。今後のスケジュールは、九月二十日までをめどに五回の部会を開き、取りまとめて、町長に報告する。行政評価の結果は、町のホームページに掲載するなどで公表。さらに九月上旬には同じメンバーによる町総計のローリング作業も行う。

[ 2006-08-21-19:00 ]

心1つに楽しむ
ふれあい広場ふうれん・各種イベントが盛況

 【名寄】新名寄市誕生記念「ふれあい広場二〇〇六ふうれん」が十九日、名寄市風連特別養護老人ホーム「しらかばハイツ」前駐車場で開かれ、多くの市民が各種イベントや協力団体による出店を楽しんだ。
 ふれあい広場は、障害のある人も無い人も共生し、喜び、悲しみ、苦しみを共有していくことを考える場に─と毎年、実行委員会(実行委員長・西村璋名寄市社会福祉協議会副会長)が主体となって開催。今年で十五回目を迎えた。
 この日は天候に恵まれ、開会前から多くの人ら来場。西村実行委員長が「ふれあい広場は、十五年前から障害を持つ人と地域住民が集まり、互いに理解を深めることを目的に開催されている。今日はプログラムに沿って進められるが、ゆっくりと楽しんでほしい」。島多慶志市長が「最後まで楽しんで明日への活力にしてほしい」とあいさつ。
 ステージでは、風連読み聞かせ会の大型絵本読み聞かせ、手遊び、エプロンシアターに続き、風連御料太鼓演奏、東風連公民分館のよさこい、風舞連の阿波踊り、風連町文化協会員によるカラオケや民謡、詩吟が披露されたが、今回は名寄地区から日本ボーイスカウト名寄第一団少年隊カブスカウト、道北チアリーディングクラブ、名寄吹奏楽団が初出演するなど、さまざまなステージイベントが繰り広げられた。
 また、風連商工会、風連町商工業協同組合共催の「ふれあい夢ビンゴ」も行われたが、韓国旅行や日ハム戦チケット、ipod(nano)、自転車、HDD&DVDレコーダーなど景品総数は二百十本。番号が出るたびに、来場者は一喜一憂。最後には花火大会も開かれ、間近で上がる花火に歓声を上げるなど来場者は短い夏のひとときを楽しんでいた。

(写真=多彩なイベントが繰り広げられたふれあい広場ふうれん)

[ 2006-08-21-19:00 ]

さまざまな表情の「顔」
なよろ智恵文ひまわり畑で

 【名寄】全国から多くの観光客でにぎわっている「なよろ智恵文ひまわり畑」では、さまざまな表情の「顔」をしたヒマワリの花に注目が集まっている。
 なよろ観光まちづくり協会では、智恵文振興地区ひまわり部会の協力で五月下旬に種まきを行った。品種は従来の「サンライト」と早咲きの「リン蔵系」。今月上旬から見ごろを迎えており、十二ヘクタールに七十万本のヒマワリが咲き誇っている。
 「顔」のヒマワリは「リン蔵系」の畑にあり、観光客が思い出づくりに―と、種をくりぬいて目や口などを作り、記念写真を撮る姿が見られている。表情も来場者の気分次第のせいか、喜びや悲しみなど非常に多くのバリエーションに富んでいる。
 同協会によると、「顔」のヒマワリは二、三年前から見られるようになったが、今年は極端に多いとのこと。「リン蔵系」の見ごろは過ぎたが、「サンライト」は、あと少し見られる。
 売店や案内所などは二十日で終了。ヒマワリは今月末に、トラクターで畑にすき込まれる。

(写真=観光客が思い出づくりに残した「顔」のヒマワリ)

[ 2006-08-21-19:00 ]



2006年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
17日
18日
19日
20日
21日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.