地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2006年6月5


一般会計は184億円の緊縮型
旧市町の総計ベースに
名寄市の18年度予算案・合併後も厳しい台所事情

 【名寄】合併後の新「名寄市」の本予算となる十八年度予算案が、五日に発表された。一般会計の予算規模は百八十四億五百二十一万六千円で、旧風連町と名寄市を合算した十七年年度当初予算と比べると、四億四百六十一万千円、二・二%の減。旧合併特例法による合併だったため、大幅に減額した予算ではないものの、依然として地方自治体の財政状況は厳しく、新名寄市最初の本予算も旧両市町と同じ緊縮型となった。企業会計を加えた予算総額は三百八十一億四千五百八十二万九千円となり、旧両市町の前年度合計と対比すると、四億七千五百十三万円の減額。また、合併特例区を設置した風連地区予算は七千七百五十万円となっている。
 予算案発表で島多慶志市長は「旧風連町と名寄市の総合計画をベースとし、合併協議中に策定した新市建設計画の中で、緊急性の高い事業を今回の予算で頭出しした。一般会計では、名寄市立大学の整備が終了したことなどによって減額。特別会計の介護保険は、介護ベッドの見直しで一般医療のベッドに切り替える病院が多いため介護会計が減となったが、国保では、高齢化によって給付費が伸びている関係から同会計も増えた。病院会計は、精神科医師が確保できていなかったことに伴う診療減が影響した」などと説明。

[ 2006-06-05-19:00 ]


地域の均衡ある発展
名寄市議会定例会・島市長が市政執行方針

 【名寄】名寄市議会第二回定例会は、五日午前十時に開会した。会期を二十二日(六日〜十二日、十七日〜二十一日休会)までと決めた後、市政執行方針で島多慶志市長が「二市町の速やかな一体化に意を配し、地域の均衡ある発展と住民福祉の向上を図るため、合併協議の中で多くの市民が参画して策定された『新市建設計画』を基本とし、新たなまちづくりのために全力で取り組む」と、活力あるまちづくりを強調。藤原忠教育長が、学校給食センターの統合などについて教育行政執行方針を述べた。議事では市総合計画策定審議会条例の制定などを可決。今後は、十三、十四の両日は代表質問、十四日の後半から十六日までは一般質問。十九日から二十二日までは予算審査特別委員会が開かれる。

[ 2006-06-05-19:00 ]

来年10月めどに合併
名寄信金、士別信金・協定書取り交わし正式合意

 名寄信用金庫(田原靖久理事長)と士別信用金庫(阿達勇理事長)は、五日午後五時から札幌市で会見を開き、「合併基本協定書」を取り交わしたことを発表、来年十月をめどに正式に合併することを明らかにした。
 両金庫による合併協議は昨年十二月にスタート。合併の背景としては、金融機関を取り巻く経営環境が変化する中、同じ上川北部が営業エリアであり、隣接する両金庫が合併して収益体質を高め、健全で強固な経営基盤を構築しようというもの。 
 合併協議は今年三月から本格的に進められ、五月二十七日に正式合意。五日に両金庫の理事会で承認され、同日「合併基本協定書」を取り交わす運びとなった。
 内容は、合併期日は十九年十月をめどとしており、合併方式は対等合併。本店は現在の名寄信用金庫本店(名寄市西二南五)とし、理事長に田原氏、専務理事は阿達氏としている。また、名称、事務関係やシステムの統合などについては、これから設置する合併準備委員会で協議して決めていく。
 合併後は、名寄の十三店舗と士別の十店舗を合わせた二十三店舗とする。地元の名寄市と士別市を中心に上川北部全域を営業エリアとして、利用者ニーズに的確に応える金融機関を目指す。

[ 2006-06-05-19:00 ]

飼育技術や特長競う
北海道犬保存会が展覧会

 【名寄】社団法人天然記念物北海道犬保存会名寄支部(算用子武支部長)主催の第四十五回展覧会・第三十七回獣猟競技会が四日、曙畜産センターで開かれた。
 地元の名寄をはじめ、道内の北海道犬愛好者が集う大会で旭川、札幌、帯広、根室などから四十二匹の北海道犬が参加。展覧会では歩き方や飼育技術、北海道犬としての特長的なスタイルなど。一方、獣猟競技は、おりに入ったヒグマを相手に本来の猟犬としての勇敢さなどを競うもの。
 生後三カ月以上五カ月未満の子と幼犬や成犬などの部門に分かれて審査が行われた。獣猟競技会では飼い主の指示に従い、果敢にヒグマにほえかかる犬もいれば、ただおりの周囲をぐるぐる歩く犬などいろいろ。天候にも恵まれ、和やかな雰囲気で愛犬を通して交流を図っていた。

(写真=全道各地から北海道犬の愛好者が集った展覧会)

[ 2006-06-05-19:00 ]



2006年

6月

1日
2日
3日
4日
5日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.