地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年12月29


申し込み前年の約2倍
名寄市の排雪ダンプ助成・大雪で当初予算も不足見直し

 【名寄】名寄市は排雪ダンプ助成事業の申し込み状況をまとめた。二十六日現在で五百五十二件の申し込みがあり、昨シーズン同期(二百四十六件)と比べて二倍以上の申請。このペースで降雪が続くと、補正予算を組むことも視野に入れなければならず、財政環境が厳しさを増す中で、経費節減に取り組む市だけに、関係者は今後、天候が荒れることのないよう願っている。
 今シーズンは十二月末に、例年にない集中した大雪に見舞われ、二十七日現在の降雪量は三一八センチ(前年同期二百四十六センチ)で、ここ数年では平成十四年の三五〇センチに次いで多い。積雪量は八六センチ(同六〇センチ)と前年を大きく上回っている。
 排雪ダンプ助成は十年からスタート、十一年までは一世帯一回の回数制限で二千円を助成。十二年に回数制限を撤廃したが、市の事務事業見直しにより、本年度は助成額を千円に減額した。
 同助成は一般家庭などがダンプ排雪を行う場合、一台(十トンダンプ)約六千円のうち千円を市が助成。過去の利用データに基づき当初計画で四千四百台分、四百四十万円を計上。市道路センターでは「一回の利用は平均ダンプ三台」と説明。単純に計算すると現在まで千六百五十六台で百六十五万六千円。例年、冷え込みが厳しくなる二月以降はほとんど雪が降らない(道路センター)―とするが、当初予算では若干、不足する見通し。
 一方、市の市道除雪は降雪10センチ以上で出動しており、二十六日現在で市街地が十二回、郊外が十六回で、「吹きさらしが多い郊外の方が回数は多くなる」と説明。玄関先の除雪を民間業者などに依頼するケースが年々、増加する中で、交差点に雪を山積みにしたり、民有地に無断で投げ入れたりといった苦情も相変わらず寄せられている。
 また、天塩川敷地の市指定雪捨て場は、市民専用の雪捨て場として利用が多いが、乱雑さが目立ってきており、道路センターは「できるだけ奥の方から雪を置いていってほしい」と協力を呼び掛けている。

[ 2005-12-29-19:00 ]


北国の冬を楽しむ
杉並・風連中学生交流会

 【風連】杉並区・風連町中学生交流会が、北海道を会場に二十六日から三泊四日の日程で開かれ、北国の冬を楽しみながら共同生活を通して友情をはぐくんだ。
 平成元年に友好交流自治体の協定を結んだ風連町と杉並区は、三年から冬休みを利用した中学生の交流を毎年実施していたが、十四年度から隔年での実施に変更した。
 風連から十一人、杉並から二十五人が参加。初日は国立大雪青年の家でレクリエーションなど。
 二十七日はぴっぷスキー場でスキー、スノーボード体験と風連でスノーキャンドル作り。
 二十八日は、風連中央小学校敷地内でスノーモービル試乗体験や町内ウオークラリー、アイスクリーム作りに挑戦し、二十九日にさよならセレモニーが行われた。
 参加者は多彩な内容で北海道の冬を満喫し、交流を深めていた。

(写真=スノーモービルに乗り銀世界を駆け抜けた参加者)

[ 2005-12-29-19:00 ]

34世帯、38人に分配
下川の助け合い善意69万円

 【下川】下川町の歳末助け合い配分委員会がこのほど開かれ、町民から寄せられた善意が生活困窮者などへ届けられた。
 共同募金会下川分会が行った同助け合い運動で町民からの善意は個人、団体、戸別募金、ふれあいの夕べ募金などを含め六十九万三百八十三円で、前年比一万七千三百三十五円の増。
 配分額は前年と同じ。生活困窮者三十四世帯に一万円ずつ三十四万円。前年比九世帯の減。人員割は三十八人に三千円ずつ十一万四千円。前年比十六人の減。在宅寝たきり老人一人(前年同)に一万円、同重度障害者三人(二人減)に一万円ずつ三万円。配分金総額は四十九万四千円。残額は次年度繰越となり、いったん、北海道共同募金会へ回される。
 該当世帯には公区長と地区民生児童委員を通じ善意が届けられ、感謝されていた。

[ 2005-12-29-19:00 ]

ちょっと注意!
〜パトロールメモ〜

 名寄警察署
 ■二十四日午後、名寄市の主婦が、徳田ショッピングセンター駐車場に施錠して車を止め、車から離れたわずか十五分の間に助手席側の鍵穴部分が壊され、助手席の上に置いてあったハンドバッグを盗まれた。
 また、この日、西條百貨店の屋上駐車場に施錠して駐車していた社員の車の助手席側鍵穴部分が壊され、座席の座布団の下から貴重品の入ったビジネスバッグが盗まれるという同じ手口の事件が連続発生した。
 ■スキー合宿に来ていた九州大学の学生が、名寄市西四北三の宿泊先でスキーの盗難被害に遭った。
 盗まれたのは十九日から二十日正午ごろまでの間で、合宿を終えた同僚がスキーを発送するため荷造り中、スキーケースに入れて玄関内に立て掛けていたスキー一組が盗まれていることに気付き、警察に届け出た。

[ 2005-12-29-19:00 ]



2005年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
25日
26日
27日
28日
29日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.