地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年12月9


星空も研究の場に、地域交流も目指す
北大と名寄市が協定
木原天文台・高速通信データで結び協力

 【名寄】大学と地域の交流などを目指し、北海道大大学院理学研究科と名寄市との相互協力協定書の調印式が九日、市役所で開かれた。名寄の星空を同大学院生の研究の場とするほか、大学院生と児童、生徒との親交を深めるなど、地域の活性化にも期待がかかる。
 市立木原天文台を活用し、これまでにも理学研究科と天体観測で協力している。今年九月には同大学による光ファイバー敷設により、同大学と木原天文台とが直結。高速データ通信が可能となり、大学から天文台の望遠鏡を遠隔操作し、星空を観測することも可能にとなった。夏には天文台の佐野康男技師と大学院生が協力し、太陽系外惑星の検出にも成功している。
 協定による相互協力事項としては、大学院生の宇宙観測やデータの活用をはじめ、地域振興に関することなどが盛り込まれている。
 調印式では、島多慶志市長と同大学院理学研究科の渡部重十教授が協定書を交換。今後の相互協力に期待を込めて固い握手を交わした島市長は「提携にあたり、われわれの持てる力を生かして、大学院生の研究をバックアップしていきたい。また、小中学生や高校生と大学院生の交流にも期待したい」とあいさつ。
 渡部教授は「理学研究科は来年四月に大学院理学院へ再編となり、宇宙を研究する専攻を新たに設ける。しかし、教育施設がなく、天体観測に大きな実績を上げている木原天文台を有する名寄市との提携を決めた。名寄は日本でも指折りの気象条件の良さで、星の観測には最適。講義からでは得ることが困難な本物を学生・院生に体験させることができる」などと述べた。
 協定期間は十八年三月三十一日までとなっているが、その後も引き続き協定を結び、研究、交流に取り組んでいく考えだ。
 木原天文台の具体的な活用について、渡部教授は「金星の探査プロジェクトが進んでいる中、探査機に搭載するカメラのうち一台は北大で製作しており、そのカメラ性能の試験や太陽系外惑星の発見などにも取り組んでいきたい。また、研究のみに止まることなく、大学院生と小中学生らとのコミュニケーションを図りながら、互いに楽しいことに取り組むなど、学院生の幅広い経験を積む場としても期待している」と述べた。

(写真=島市長と協定書を交わす北大大学院の渡部教授)

[ 2005-12-09-19:00 ]


道教大と美深町が相互協定
スポーツ中心に協力
地域の振興目指し調印

 【美深】北海道教育大学(村山紀昭学長)と美深町との相互協力協定書調印式が八日、町文化会館COM100で行われた。協定は、教育や文化、スポーツなどの分野で援助・協力し相互の発展を図ることを目的に締結。今後、町内で活動が盛んなトランポリンやスポーツ振興の一環で取り組もうとしているエアリアル(フリースタイルスキー)など幅広く専門的知識を学び選手の指導に活用する方針だ。
 同大学ではこれまでに十六自治体と六企業・団体と教育、文化、スポーツ面などで相互協力協定を結び、人的交流を図っている。美深町との協定締結に向けた協議は十月から具体化した。
 両者の協力は(1)地域振興(2)地域におけるスポーツ振興(3)生涯学習社会における課題への対応(4)その他両者の協議により定める事項―としている。
また、両者は必要に応じて相互の施設・設備などを活用できるとし、相互に関心を持つテーマは共同で研究に参加するものとしている。
 具体的には大学側が(1)町が立ち上げる総合型地域スポーツクラブに対するスポーツ専門家による指導・助言(2)町が構想するエアリアルチームの強化・発展に対する支援(3)スポーツ振興を中心とした地域住民の教育・文化活動を支援する講座・研修の開催。
 一方、町側は(1)同大学スポーツ教育課程(地域支援実践科目)実習生の受け入れ(2)町内の豊富な自然環境を生かした同大学アウトドアライフ専攻の実技研修受け入れ。
 協定書内の協力事業に関する細目などは、双方が協議してその都度定めていく。協定は三年間有効で、両者から異議の申し出がない限り自動的に更新される。
 町は特にスポーツの振興に重点を置き、エアリアルによる地域活性化を目指している。今後は岩見沢校に十八年度新設される「スポーツ教育コース」の協力を得て、スポーツ科学を用いたチーム育成、指導方法の提供などを受ける。
 また、同コースのアウトドアライフ専攻生の実習場所に天塩川を活用する予定で、同大学と町民の交流による地域振興も目指す。
 式には、同大学から村山紀昭学長、三浦秀雄理事、佐川正人教授、前田和司助教授、町からは岩木実町長、園部幹雄町議会議長、庵宗訓教育委員長、安藤博幸助役、山口信夫教育長、中林佳昭体育協会副会長が出席。村山学長と岩木町長が協定書に調印した後、互いの発展を願って握手を交わした。
 村山学長は「美深町からスポーツを中心とした地域振興を目指すため、トランポリン、地域スポーツクラブ、エアリアルによる発展を―との話があり、大学で何か手伝いできることがあれば―と思い、協定を結ぶことになった。今後は長い目で美深町との連携が発展していくことを期待したい」。岩木町長は「みんなで町づくりをしなければならない時代で、トランポリンやエアリアルによるスポーツを通じた町おこしを目指している。人口が少ないため専門的指導も受けにくかったが、今回の協定で大学から指導が受けられるようになり、期待している」と述べた。

(写真=左から協定書に調印する岩木町長と村山学長)

[ 2005-12-09-19:00 ]

大学の設置認可書届く
島市長の記者懇談・久保田室長同席し抱負

 【名寄】島多慶志市長の定例記者懇談会が九日、市役所で開かれた。来年四月に開学する名寄市立大学の設置認可書が文部科学省から届き、懇談会に同席した同大学学長予定者の久保田宏開学準備室長は「八日に郵送で認可書が届き、正式に四年制大学の設置が決まった。今後は、学生の募集や名寄と札幌の二会場で行う一般試験など、開学に向けた準備を進めていく」などと報告した。
 名寄短期大学の四年制移行が正式に決まり、久保田室長は「四大化については約十年前から協議され、議会や市民理解を得るために説明会などを通して一番苦労したのは島市長。しかし、開学はあくまでもスタートラインであり、本当の意味で大学が評価されるのは、四年後以降の卒業生が社会で活躍してからとなるので、優秀な人材を輩出できる大学づくりに専念したい」。
 また、魅力ある大学づくりについて「市民がスポンサーの大学なので、地域に役立ち、信頼される大学づくりをしていく。さらに、地方分権に伴い各自治体が自前でまちづくりを進めなければならないことから、大学における人材が知的シンクタンクとしてまちづくりに貢献できるものとしたい。市民と学生の交流も重要で、大学と地域の交流窓口として、学内に地域交流支援センター的なものも設置して取り組んでいく」と魅力ある大学づくりへの抱負も語った。
 島市長は「中長期的視野で、皆さんに育てていただく大学づくりに期待している」と話した。
 ほか、来年一月五日正午からメープルで行う市民新年交礼会。合併する風連町と光ケーブルで結ぶイントラネット整備に伴い十九日午前八時四十分から風連町庁舎町長室と名寄市庁舎一階で行う、風連・名寄間情報通信高速ネットワーク開通式の説明もあった。

[ 2005-12-09-19:00 ]

きょうオープン
名寄ピヤシリスキー場

 【名寄】名寄ピヤシリスキー場は、十日午前十時から今シーズンの営業を開始。初日はオープンサービスとしてリフトを無料開放するが、同スキー場を運営する名寄振興公社では多くの利用を呼び掛けている。
 名寄地方は、ここ数日間の降雪ですっかり雪化粧も整い、同スキー場では連日、圧雪車をフル稼働させ、ゲレンデの準備を進めてきた。オープン当初は第一、第二ペアリフトのみが運行する見通しだが、コース状況が整い次第、第三ペアリフト、第四ロマンスリフトも運行する。
 名寄振興公社は利用者増の促進を図る一環として、「名寄ピヤシリスキー場イベントカレンダー」(A3判)を初めて作成し、名寄市の広報十二月号とともに全戸配布。主なイベントと期日が分かるカレンダーや市内とスキー場を結ぶ定期バスの運行状況、スキーやスノーボードのレッスン案内とリフト無料券二回分が添付されている。
効率運営の面から、今シーズンもナイター営業を第一リフトのみとするが、金曜・土曜は第二リフトも運行する予定。
 イベントや利用プランでは、小中学生のリフト利用が無料となる恒例の「スキーこどもの日」(十二月二十四日、二月十八日、三月四日、同十八日、四月二日・午前九時〜午後四時半)をはじめ、今シーズンから幼児のリフト利用を無料化した。
「ピヤシリ得・とくプラン」として「お食事パック」「入浴パック」のほか、「親子リフト券割引き」(リフト一日券・大人二千円、子供=小学生以下=千二百円)を新設。親子での利用が条件で一日券の通常料金は大人が二千六百円、子供が千六百円となっていることから割安となる。
 コース面では、第一ゲレンデ下に、ウエーブやチューブ滑りなど、小さな子供でも楽しむことができる「キッズパーク」を設ける。また、ジャンプ、レールといったスノーボードやスキーのための人工造成物を設置した「スロープスタイルコース」の設置も今後、予定している。
 スキー場の一画を利用し、スノーモビルで引くソリやチューブに乗って特設コースを周回したり、樹氷ツアーなど親子で楽しめる「スノーモビルランド」は、二十四日から四月二日(土曜、日曜、祝日の利用)の予定でオープンし、スキー場利用増への相乗効果にも期待がかかる。

[ 2005-12-09-19:00 ]



2005年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.