地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年10月2


住宅警報器が義務化
上川北部消防事務組合・地域住民に理解求め

 【名寄】消防法の一部改正(十八年六月一日施行)で、全国の住宅(併用住宅、共同住宅を含む)で住宅用火災警報器の設置が義務付けられたが、上川北部消防事務組合管内の消防署・消防支署は、住民に設置への理解を呼び掛けている。
 「消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部を改正する法律」が国会で成立。上川北部消防事務組合でも、このほど開かれた同議会臨時会で、組合火災予防条例を改正し住宅(就寝部分に限る)に火災警報器の設置を義務化。既存住宅は警報器の設置まで五年間の猶予期間が設けられており、同組合では普及を図っていく。
 全国の十六年火災状況は、建物火災(三万三千三百二十五件)のうち住宅火災が五五%を超えている状況。死者数は、建物火災全体で千四百十六人。そのうち住宅の死者数は千二百十八人と八六%を占めている。原因別では逃げ遅れが最も多く五二%、死亡のうち六十五歳以上の高齢者は五七%となっている。
 同組合では「火災に気付くのが遅れると室内に煙が充満して何も見えなくなったり、炎に囲まれ逃げ場を失ってしまうケースも多い。まずは、火災の発生にいち早く気付くことが求められる」と指摘している。
 住宅用の火災警報器設置の先進地であるアメリカ(普及率九〇%)の統計によると、住宅火災による死者数は七〇年代と比較し半減しており、逃げ遅れによる死者数減少への有効性が実証されている。
 同組合は「住宅用火災警報器は一個五千円から一万円程度で、一件当たり四個ほどの設置を想定している。消火器の悪質販売があるように、住宅用火災警報器も悪質販売が横行する可能性もあるので十分注意を」としている。詳しくは各消防署へ相談するとよい。

[ 2005-10-02-19:00 ]


大阪市場の要望に応え
道北なよろ農協・阪神カラー箱限定出荷

 【名寄】阪神タイガースリーグ優勝おめでとう!―。道北なよろ農協は、阪神タイガースの優勝を記念して、大阪の市場に出荷している名寄産カボチャの段ボールケース二十箱限定で、黒と黄色の阪神カラーに変えて出荷した。
 同農協のカボチャケースは黄色が主体で、この中に赤色で「なよろ南瓜」、緑色で「雪質日本一」の文字のほか、雪山を滑るスキーヤーの絵も描かれ、名寄市のPRにも一役買っている。
 限定で作った阪神カラーのケースは、二十九日に阪神タイガースがリーグ優勝した記念で、出荷先の大阪南部合同青果の要望に応えたもの。
 主体となっている黄色の部分はそのまま残し、赤と緑色で書かれたデザイン部分の色を黒色に変え、全体を黒と黄色で統一して阪神カラーに。また、同農協担当者のアイデアで「阪神タイガースリーグ優勝おめでとう!」と書かれたシールも張ってある。
 このケースには、六玉サイズのえびすカボチャ六個(十キロ)を入れ三十日に出荷。大阪の店頭に並ぶのは三日からで、ケースについても飾って優勝を祝いながら、名寄産のカボチャを販売するとのこと。
 同農協担当者は「優勝を記念するとともに、低迷している価格浮上の願いも込めて限定ケースを作り、出荷した。また、今回はリーグ優勝だが、日本シリーズで優勝したときには、限定ケースを増やして出荷することも考えていきたい」と話している。

(写真=大阪市場に出荷した阪神カラーの限定カボチャケース)

[ 2005-10-02-19:00 ]

美術雑誌の表紙のよう
下川事業協同組合・新しい電話帳作製

 【下川】下川事業協同組合(濁沼英正理事長)では、このほど下川町内の新しい電話帳を作製した。「シモカワヲヒラク」というタイトルが付いた美術雑誌のようなイメージの表紙。未来への夢が広がる詩もありユニークな出来上がりとなった。
 平成二年、「しもかわとはなす」というタイトルの電話帳発行を皮切りに三年ごとの発行。「しもかわが聞こえる」「しもかわと語らう」「さえずるしもかわ」「しもかわと歌う」と続き、今回は第六号。
 同協同組合では、「電話帳は家庭や職場で毎日使用される必需品。手にする人たちが、心を和ませながら使用できるように。また、一冊の電話帳を開くように、町の百有余年の歴史が新たな未来の扉を開いてくれることに願いを込めた」とのこと。 今年も画家の萬比呂比古さん(幸町)に表紙のデザインなど依頼。裏には詩人の文梨政幸さん(錦町)による「しもかわをひらく」というタイトルの詩を掲載。
 詩は「しもかわをひらく/百年の歴史から更に/あたらしい時代に向かって。太古の石が耳をそばたてている/あたらしい町の誕生に。しもかわをひらく/一冊の電話帳をひらくように/新しい町への扉を。大きな自然につつまれて/樹々が育つように町はそだち/石垣が積まれたように/町の歴史は積み上げられる。新しい風が光をはらんで/町の未来をひらく」という内容。最初の表紙を開くと「ふるさとスケッチ・しもかわの四季」の四枚写真も。
 多くのスポンサーの協力を得て二千五百冊を作製。近く町を通じ全戸に一冊ずつ無料配布。余分に電話帳が必要な場合は一冊五百円。問い合わせは同事業協同組合へ。

(写真=ユニークなデザインで作製された下川町の電話帳)

[ 2005-10-02-19:00 ]

灯油など値上がり
9月の名寄市価格調査

 【名寄】名寄市消費者センターは、九月十日現在で名寄市小売価格調査を行い、その結果をまとめた。これによると、調査した五十品目のうち、値上がりしたもの十九品目、値下がりしたもの十品目、変化のなかったもの二十一品目だった。
 野菜類で一番変化が大きかったものはキュウリ(百グラム)で、前月平均から八・七円値上がりして二十六・〇八円。逆に値下がり幅が一番大きかったものはバレイショ(同)で三・一二円値下がりの二十一・五三円となった。
 魚介類はサンマ(同)は三十四・五三円値下がりの五十二・九円。マガレイ(同)は七十一円値上がりして百九十八円。
 灯油(一リットル)は二・八八円、ガソリンは一・五円、共に値上がりしている。

[ 2005-10-02-19:00 ]



2005年

10月

1日
2日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.