地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年6月23


間口削減はなかったが
不安先送りの状態に
管内の公立高校適正配置問題
 【名寄】道教委がこのほどまとめた18年度公立高校適正配置計画案では、上川北学区の学級削減は含まれなかった。だが、5月に名寄市内で開かれた道教委主催の地域別検討協議会で、上川北学区は18年度に1ないし2間口削減の必要性が示されていたことを踏まえると、不安を先送りされた状態といえる。
 道教委が道議会文教委員会で説明した適正配置計画案によると、学級削減は募集停止や統合を含めて13学級。道北、とりわけ名寄近郊では旭川北高校英語科1学級廃止、宗谷管内中頓別農業高校の募集停止(廃校)など。
 適正配置計画案を受け藤原忠名寄市教育長は「市内の高校間口減を逃れたことにほっとしている。平成15年度以降の市の取り組みが評価を受けたものと受け止めている」とコメント。
 名寄市内では、名寄市高校教育検討委員会に再編も含めた市内の高校教育の在り方を諮問、名寄光凌高校と名寄農業高校を統合し総合型高校にするなどの答申を受けた。
 その一方で道教委は、今回の全道的な学級削減案にみられるように、中学校卒業生数の減少が進む状況から、上川北学区は18年度に1ないし2間口、19年度で士別市内での再編と、名寄市高校教育検討委員会の再編計画に基づく検討が必要との考えを示している。
 特に問題となるのが、農業教育。地域別懇談会の席上でも地域農業を支える農業高校の必要性を訴える声が出ていたが、現実には、名寄農業高校も募集定員を割る状態が続いている。同様の傾向の中頓別農業高校の募集停止は廃校に向けてのもので、名寄農業高校の存続問題は今後の地域課題になる。
 藤原市教育長は「これからの高校教育のあり方について、さらに市としての考えをまとめて道教委に発信していくが、17年度中には、農業教育の在り方も一定程度まとめていく」とし、待ったなしの状況。

[ 2005-06-23-19:00 ]

動く羊に悪戦苦闘
仁宇布中3年生が毛刈り体験
 【美深】仁宇布小中学校(林晃淳校長)で22日、中学3年生4人が羊の毛刈り体験学習を同校グラウンドで行った。
 体験学習は家庭科の授業の一環で、地域の特性を生かした学習を―と昨年から中学3年を対象に羊の毛刈りの実習を行っている。
 講師は、名寄市内の菅原削蹄所に勤務しながら羊の毛刈りを学んでいる若月健一さん。今回の実習のため仁宇布地区の松山農場(柳生佳樹代表)から羊3匹を借りた。
 若月さんが羊の性格や羊毛の活用方法などを話し、羊の座らせ方、刈り方などを説明しながら実演。
 続いて、生徒たちがバリカンを持ち、毛刈りに挑戦。興奮して暴れる羊に驚き、苦戦しながらも「体を傷つけないように皮をのばしてから毛を刈っていきましょう」と若月さん。手伝ってもらいながら、慎重に毛を刈っていた。
刈り取った毛は、今後の授業の中で糸を紡ぎ、織物を作っていく。

(写真=若月さんの指導で毛を刈る生徒たち)

[ 2005-06-23-19:00 ]

ロビーを活用して
なよろ温泉で作品展示
 【名寄】市内日進のなよろ温泉サンピラーでは、名寄市内在住の木彫愛好家、長谷川定男さんの作品展が行われており、来館者の目を楽しませている。
 同温泉では、市内で活動しているサークルや団体などの作品発表の場として、ロビーの一部を活用してもらおう―と考え無料で作品を展示している。1カ月ほどで作品の入れ替えを行い、多くの人たちに、広く活用してもらう意向。
 初回は長谷川さんの木工クラフト展で、実用できる時計や積み木、荷車など精巧な作品約20点。温泉の正面入り口から間もない場所に作品が並んでおり、宿泊客や日帰り入浴客が、しばらくの間、足を止め、興味深そうに作品に見入っている。
 同ホテルのレストランギャラリーでは、写真展も実施しており、ロビーでの展示作品と合わせて写真の募集も呼び掛けている。問い合わせは、なよろ温泉サンピラー(2-2131)へ。

(写真=長谷川さんの力作が並ぶなよろ温泉のロビー)

[ 2005-06-23-19:00 ]

校区外の2人も一緒に
特認校の中名寄小で体験入学
 【名寄】中名寄小学校(林信義校長、児童11人)の体験入学が、このほど同校で行われた。
 同校は、校区外からの入学も受け入れる特認校。本年度は校区外からの3人を含む新1年生4人が入学した。
 体験入学には同校への入学を考えている校区外の2人の子供が訪れた。保護者の元にいた子供たちを1年生が迎えに行き、教室では1年生と一緒に粘土を使った授業。
 緑色の画用紙は森、黄緑は野原、水色は湖に見立て、協力し合って粘土でカバやワニ、ヘビ、サル、ゾウなどを作り、楽しい動物園を作り上げた。
 授業のあとは、全校児童と保護者らも含めてにぎやかに給食を食べたり、児童会主催のゲームで交流した。

(写真=1年生と一緒に授業を受ける子供たち)

[ 2005-06-23-19:00 ]


2005年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日


その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.