地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年5月30


道立公園完成に期待
北のふるさと塾・整備進む現場を見学
 【名寄】本格的な建設工事が進んでいる道立広域公園「サンピラーパーク」の現地見学会が29日、市内日進の現地で開かれた。園内の主要施設となるカーリング場を備えた「ふるさと交流館」(センターハウス)や、オートキャンプ場など工事の進行状況を見て回り、完成への期待に胸を膨らませた。
 「北のふるさと塾」(池昇一塾長)が主催。利用者の視点から工事状況を見て回り、施設の活用方法などを考えよう─と、見学会は開催。塾生や一般市民ら約30人が参加した。
 北海道土木現業所美深出張所職員の案内で、ふるさと交流館から見学。
 参加者たちは、建設途中の施設内部を見ることができ、積極的に職員に質問するなど、真剣な表情で見学。このほか、ふるさと村と、名寄市が整備を進めているオートキャンプ場を見て回った。
 現場見学会終了後、なよろ健康の森管理棟に場所を移して「北のふるさと塾」第5期総会を開き、塾生約40人が出席した。
 17年度事業では、そばまき・テストガーデン(6月)、北のふるさと村工芸祭(7月)、オータムフェスタ(10月)、ウインターフェスタ(3月)などを行うことを決めた。役員改選を行い、運営委員に桜田裕さんを選出した。

(写真=造成が進む工事現場を見学した塾生たち)

[ 2005-05-30-19:00 ]

元気な声を響かせる
本紙管内トップ・下川中で体育祭
 【下川】本紙管内のトップを切り、下川中学校(鍛治川明校長・生徒103人)の第59回体育祭が29日、同校陸上競技場で開かれ、生徒たちは若いエネルギーを発散させ、各競技に全力で挑んだ。
 今年の体育祭のテーマは「夢の舞台へ駆け上がれ・下中サンバ」。
 好天に恵まれ、多くの父母や卒業生らが訪れた。開会式で鍛治川校長、三津橋英実PTA会長があいさつ。町教育委員会を代表して飯田勉教育委員が祝辞を述べ、中澤拓也君(3年)が力強く選手宣誓。
 競技はすべて団体種目で「借り物競走」「大玉転がし」「宇宙遊泳」「4×100メートル」「長縄跳び」「10人11脚」「PK戦」「学級対抗リレー」の8種目。長縄跳びでは3年生が1、2年時に出した学校記録84回を大きく越える104回を跳ぶなど盛り上がった。
 大きな声援も飛び交うなど、会場は熱気にあふれ、生徒たちも会場に元気な声を響かせながら、練習成果を十分に発揮して各競技に挑み、さわやかな汗を流した。
 体育祭終後、PTA主催の全校焼き肉食事会が開かれ、生徒たちは父母や教職員と談笑しながら、交流を深めた。

(写真=競技に全力で挑んだ下川中の生徒たち)

[ 2005-05-30-19:00 ]

初泳ぎで歓声あがる
風連B&Gプールオープン
 【風連】風連町B&G海洋センタープールが28日、オープンした。この日を待ちわびた多くの子供たちが訪れ、水しぶきを上げて初泳ぎを楽しんだ。
 25メートル×13メートル(水深約1.2メートル)と、10メートル×6メートル(同約0.6メートル)の2種類のプールがあり、昨年は5月22日から9月19日まで運営され、延べ利用者数は4250人。今年は低温が続いたため、昨年に比べて6日遅れのオープンとなった。
 室温が約35度、水温は約30度に保たれ、午前中から多くの子供たちが詰め掛け、歓声が響いた。初日の利用者数は、64人(小学生60人、中学生2人、大人2人)だった。
 本年度の運営は9月18日までで、毎週月曜日が休み。利用時間は午前10時から午後8時半までだが、午後5時以降、中学生以下は保護者の同伴が必要。安全のため、利用者には25分間の遊泳後、5分間の休憩を取ってもらう。
 料金は町内の高校生以下は無料、大人は100円で、町外の利用は年齢を問わず100円。年間券は町内外問わず1200円となっている。

(写真=水しぶきとともに歓声をあげる子供たち)

[ 2005-05-30-19:00 ]

緑の募金で周辺整備
下川共立トラスト・保存活動の弾みに
 【下川】共立トラスト(代表・蓑島とも子さん)の17年度総会が28日、旧共立木材事務所で開かれた。
 同トラストは、木造の同事務所の歴史的価値を町民共有財産とし、次世代に継承する運動を進める住民団体。施設の所有者である町と協定を結び、施設の保存、利活用活動と取り組んでいる。
 町内外の会員20人中、委任状を含め18人が参加。総会に先立ち周辺の草刈り作業など。
 総会で蓑島代表が「昨年の夏に発足し1年が過ぎました。この間、施設内部の掃除、外装工事、周辺の清掃、お披露目会などが順調に行われました。今後もより広く町内外に知ってもらい、保護、利活用の活動を進めたい」とあいさつ。来賓の高橋裕明町総務課長が「皆さんの努力で見違えるように立派になりました。町として感謝しており、支援も続けたい」と祝辞。
 議事に入り17年度事業計画などを承認。渡辺大介さんから新年度事業で、「北海道森と緑の会による緑の募金公募事業に応募、採用された。施設周辺に花や木を植えたい」と報告された。活動の弾みになりそう。総会後、手作りクッキーを食べ交流を深めた。

(写真=旧共立木材事務所で開かれた共立トラストの総会)

[ 2005-05-30-19:00 ]


2005年

5月

1日
2日
3日
4日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日

その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.