地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2005年3月28



昨年からの合併協議が整い
新生「名寄市」へ第一歩
島市長と柿川町長・上川支庁に申請書提出
 【風連・名寄】風連町・名寄市合併協議会(会長・島多慶志市長)は協議が整ったことから、島市長と、副会長の柿川弘町長が28日、上川支庁合同庁舎を訪れ、青木次郎支庁長に合併申請書を提出した。風連町と名寄市の歴史が終わり、新生「名寄市」として一歩を踏み出す申請書を受け取った青木支庁長は「できるだけ早く本庁に申請書を出して手続きをしていきたい」などと風連町と名寄市の歴史を重く受け止めていた。
 風連町と名寄市の合併協議は昨年2月からスタートし、11月に一定程度の協議がまとまった。これを受け、風連町では今年に入り、町民の意思を問う住民投票が行われ、賛成票が反対票を上回り、合併を進めることになった。そして2月28日に合併協定書の調印式、3月1日に名寄市と風連町の両議会で、合併に関連する議案が可決され、申請書提出の運びとなった。
 上川支庁合同庁舎には、島市長と柿川町長が訪れ、合併協議が無事に整った証となる合併内容を記した申請書を手渡した。「18年3月27日が合併期日なので、できるだけ早く、本庁に申請書を提出するなどの手続きをしていきたい。また、これから合併までの1年間、細かい作業が残っていると思うが、頑張ってほしい」などと青木支庁長は敬意を表し、激励した。
 申請を終え島市長は「1年をかけ協議を進めて両自治体が合意、この日を迎えられて良かった。これから1年間、合併まで細かな作業が残っていることから、両自治体で道北の中核都市となる新市を構築し、合併効果が最大限に出せるよう努力していきたい」。
 柿川町長は「歴史を変える判断に揺れたが、最終的に反対意見も重く受け止めながら合併が決まった。町民の思いが反映できるよう、残り1年間で合併効果が出る種を植え、大きな木となることを期待している」と、両首長とも歴史的な一幕を重く感じとっていた。

(写真=右から、青木上川支庁長に合併申請書を提出した島市長と柿川町長)

[ 2005-03-28-19:00 ]

転出の教職員が2万円
下川森林づくり条例に反響
 【下川】下川町森林(もり)づくり条例の基金にーと、このほど、下川中学校の渡部克孝校長が1万円、ほか同校の教職員7人が合わせて1万円の計2万円を町に寄付した。8人の教職員はいずれも4月1日付で町外へ転出する。
 町は地球温暖化の原因物質、二酸化炭素を吸収する森林整備促進のため、先の町議会で同条例を制定し、企業、団体、個人に協力を呼び掛ける。寄付金は1口1万円で何口でもできるが、1万円以下でも受け付ける。善意は町有林の整備に充当する。4月1日から受け付けを開始。
 町内では先に、公区長18人が個人で1万円ずつの寄付申し出があり、町は「条例が施行される1日付の受け付けになる」としており、渡部校長らの善意は第2号。
 教育委員会主催の教職員惜別会の席上、渡部校長から2万円が安斎保町長に手渡された。寄付者は同校長のほか西川博司、吉田尚人、木戸口美紀、安藤和佳子、村上貴代枝、山中志乃、村越恵美さんの教職員8人。安斎町長は「早速、条例の趣旨に賛同が得られうれしい」と感謝していた。

[ 2005-03-28-19:00 ]

リフォームした服141点
呼布の会・美深のショーで感動呼ぶ

 【美深】呼布の会主催の「リフォームファッションショー」が、27日午後から町文化会館で開かれた。会場に集まった人たちは、見事に着物などをリフォームして生まれ変わった服に見入るなど、楽しみと感動を味わった。
 リフォームファッションショーは、美深町文化協会が2年前、設立40周年記念事業で開催したのが始まり。参加者にも大好評だったことから、上川支庁道民ホールでも再演し、これがきっかけとなって、美深と名寄の女性有志が「呼布の会」を結成、昨年からショーの準備、開催などを行っている。
 今回のショーは、会員をはじめ、美深と名寄、中川、富良野、旭川などの女性たちが、141点のリフォームした服などを披露した。古くなって着なくなった服や着物の生地をアレンジして作ったフォーマルドレスやワンピース、コート、ジャケット、パンツ、ベスト、スカートなどを、モデルたちが華やかに着て、会場内を歩いてお披露目した。
 会場に集まった多くの人たちは、モデルとなった会員たちが色鮮やかできれいな服を着て登場するたび、「すてき」「とてもいい形」などの声や大きな拍手が送られ、盛り上がった。

(写真=モデルたちが華やかに着て披露したリフォームショー)

[ 2005-03-27-19:00 ]

夏期間でも5度を維持
名寄の米低温施設に雪搬入
 【名寄】名寄市曙のもち米低温貯蔵施設で二十八日、貯蔵庫への雪搬入作業が行われ、もち米の品質劣化防止のための準備を整えた。
 貯蔵施設は、平成15年2月、市内曙の上川ライスセンター南側に完成。もち米産地評価の導入などを背景に、品質管理の面からも低温貯蔵施設の役割は大きい。鉄骨造り一部2階建て延べ床面積は1847平方メートル。米5万俵(1俵60キロ)を収容できる。
 うち、温度管理を行うための雪の貯蔵庫は、広さ約371立方メートル。直接熱交換冷風循環方式が採用され、暑さが厳しい夏期間でも、貯蔵庫内の室温を5度に保つことが可能。そのため、米は休眠状態となり品質が保たれる仕組み。現在も約1800トンのもち米が保管されており、9月までに伊勢の赤福などの原料として出荷される。
 大型機器を用いた雪の搬入作業は、この日だけで終了。ホイールローダで施設敷地内の雪を投入、ロータリーで雪を細かく砕きながら貯蔵庫を満たしていった。貯蔵可能量のおよそ60%を搬入し作業を終えた。

(写真=大型機器を用い、もち米の品質管理に必要な雪を搬入した作業)

[ 2005-03-28-19:00 ]


2005年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日

その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.