地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年12月27



内定率は全道で2位だが
名寄職安11月末雇用情勢・以前厳しい情勢続く
 【名寄】名寄公共職業安定所は、来春の高校卒業予定者の11月末就職内定状況をまとめた。管内求人数は62人で、前年同期比6人の増となっているが、同職安は「管内求人数は前年同期を上回っているが、求人を出す企業数自体は減少しており、手放しで喜べる状況にはない」と、依然、厳しい就職戦線となっている。
 管内の卒業予定者は787人(前年877人)で、そのうち就職希望者は204人(同236人)。管内での就職希望者は90人で、全体の44%を占めている。
 求人状況をみると、管内は62人で、前年同期比で6人の増加。一方、道内は54人で前年同期比37人の減少と、大きく落ち込んでいる。道外は67人で22人の増加。管内、道内外合わせて183人と、厳しい状況が続いている。
 就職内定者は合計98人で、前年同期比10人の減少。地域別では管内38人、道内53人、道外7人。就職内定率は48%(うち管内42.2%)と、前年同期と比較し、2.2ポイント増加。内定率は全道22カ所の職安管内中、上位2位となった。
 同職安は「10月段階の内定率が低く、ここにきて例年並の内定率となってきた。全道2位の就職率については、各管内で就職希望者数などが大きく異なるため、一概に喜べないのが実情」という。
 同職安は12月に管内企業90社を訪問。学卒者の求人に協力を求めたが、「良い返事は得られなかった。依然、即戦力を求める傾向が強い」(同職安)。
 今後も求人増加が見込めない中でも、同職安は「今後も学校と職安の連携を大切にしたい。年明けごろから、一般求人を新学卒者にも門戸を開いてもらえるよう、企業に理解を求めていく」とし、厳しい経済情勢が続く中、雇用の現状を理解しながらも、早期求人に協力を求めている。

[ 2004-12-27-19:00 ]

新年に備えほこり落とす
名寄神社で心込めてすす払い
 【名寄】名寄神社のすす払いが26日、同神社で行われ、神徒たちが熱心に本殿などをきれいにして、新年に備えた。
 一年の締めくくりとして、本殿のすすやほこりを落とす、同神社の毎年恒例の行事。毎年12月26日に、同神社神徒瑞垣会(森越正弘会長)の会員が作業に当たっている。
 今年は16人が参加。本殿で宮司のお払いの後、作業開始。すす払いには、長さ3メートルほどの竹ざおの先にササの葉を付けた笹竹を使用。天井や壁、棚にたまったほこりを取り除くなど心を込めての掃除。大みそかから元日にかけて、同神社には約3000人の参拝者が訪れるため、参道や駐車場などに積もった雪を重機で取り除き、準備を整えた。

(写真=ササで天井などのほこりを落とす神徒たち)

[ 2004-12-27-19:00 ]

より高い音楽を求めて
高校生がドリームコンサート
 【名寄】名寄高校と名寄光凌高校の吹奏楽部主催の第12回高校生によるドリームコンサートがこのほど、市民会館で開かれた。
 学校の枠を越えた協力で、日常では経験できない大きな編成での演奏を味わい、互いに刺激しあって、より高い音楽活動を求めるために毎年開いているコンサート。
 両校吹奏楽部のほか、下川商業高校吹奏楽同好会から52人が出演。2部構成で、第1部では「平和への行列」から始まり「風紋」「シング・シング・シング」など5曲。第2部では「歌劇『ザンパ』序曲」や「連作交響詩『我が祖国』よりモルダウ」などを演奏。アンコールでクリスマスにちなんだ曲を披露。
 3校合同での練習期間は短かったが、吹奏楽愛好者同士で息の合った演奏が会場中に響き渡り、客席は曲が終わるごとに拍手を送った。

(写真=3校の吹奏楽部、同好会が出演したドリームコンサート)

[ 2004-12-27-19:00 ]

〜道北アラカルト〜
玄関前にやわらかい光
 美深町仁宇布地区の山村留学の里ワックスキャンドルの集いがこのほど、仁宇布コミュニティーセンターで開かれ、温かいキャンドルの光を楽しんだ。
 仁宇布地区では、18日にワックスキャンドルを製作。仁宇布小中学校全校児童生徒と保護者、教員ら17人が参加し、ホスターホーム管理指導者の斉藤美代子さんを講師に1人3個ずつワックスキャンドルを完成させた。
 この日は、同センター玄関前に、昨年作ったものと合わせて約60個のワックスキャンドルを並べ、火をともした。白いワックスキャンドルの箱を通してやわらかな光が、周囲を明るくする様子を眺めた。
 室内では、全校児童生徒と保護者や地域住民が集い、斉藤さんらが準備したジンギスカンなどを食べながら、ゲームや会話を楽しみ、2学期最後のひとときをのんびりと過ごしていた。

(写真=ワックスキャンドルに火をともす仁宇布の子供たち)

[ 2004-12-27-19:00 ]


2004年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
25日
26日
27日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.