地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年11月22



合併協議の現状認識を
風連と名寄で職員説明会・24日から2日間で
 【風連・名寄】合併協議を進めている風連町と名寄市は、24日から職員対象の説明会を開く。職員に合併協議の現状を理解し認識を深めてもらう狙い。名寄市が24、26日、風連町が25、26日の日程。
 風連町・名寄市合併協議会(会長・島多慶志市長)は、新市の将来構想を取りまとめる新市建設計画小委員会、協定項目を検討する基本項目等検討小委員会、地域自治組織の在り方を検討する自治組織検討委員会に分かれ協議を進めてきた。
 結果、新市の名称や、本庁の位置を『名寄市』とする協定項目、「住民自治・地域自治組織の確立」「保健・医療・福祉の充実」など五つを基本施策とした新市建設計画、風連町が法人格を有する「合併特例区」、名寄市が地方自治法による「地域自治区」を設置することなどが決まっており、一定程度の協議が終了した。
 これに伴い、最終的に住民の合併是非を問う説明会を29日から両市町で開く。職員対象の説明会は、住民説明を前に、これまでに決まった新市建設計画や合併協定項目についての認識を深めてもらうために開く。
 日程は、名寄市が24日午後3時半と26日午後1時から市役所で。風連町は25、26両日とも午後4時から町役場で。
 合併協議会事務局は「職員に合併を勉強してもらうとともに、住民説明会にはできるだけ多くの人に参加してもらいたい」と話している。

[ 2004-11-22-19:00 ]

基幹産業の農業支援を
美深町政懇談会・初日は川西と南自治会
 【美深】美深町の町政懇談会が、20日の川西生活改善センターを皮切りに始まり、今後の行政改革の基本的な考え方などが説明された。
 町は、17〜21年度までを期間とする美深町行政改革大綱・推進計画案を検討。住民意見を反映させるため、美深町行政改革協議会に諮り、財政シミュレーションを盛り込んだ内容の計画案を策定した。
 町政懇談会は、行革の基本的な考え方への理解を求めるとともに、計画案に町民の意見を反映させていくことが目的。初日の川西自治会は17人、南自治会は21人が参加した。
 岩木実町長は「町民と一緒に難局を乗り越えたい」とあいさつ。職員体制や補助金の見直しなど、厳しい財政状況や今後の町の取り組みを詳しく説明。
 町民からは「人口と職員、議員の割合は」「美深は農業の町、農業振興センターの管理は町でやるべき」「美深の代名詞になるものをつくる考えは」「先進地視察が生かされていない」など、農業振興に関する意見や質問が多く出た。
 懇談会は、12月11日までに14自治会を対象に開く。

(写真=18人が出席し町長らと質疑した川西自治会の町政懇談会)

[ 2004-11-22-19:00 ]

町民の歯の健康守り
風連町の千葉歯科医・道社会貢献賞を受賞
 【風連】風連町大町の歯科医、千葉薫さん(68)が、北海道社会貢献賞(地域医療功労者表彰)を受賞。22日午前、町役場を訪れ柿川弘町長に受賞を報告した。
 社会貢献賞は、各種分野別に長年にわたり、功績もあった人びとを表彰するもの。地域医療功労者表彰の授賞式は、20日に札幌市にある北海道歯科医師会館で行われた。地域医療功労者は全道で8人。うち、歯科医師の受賞は千葉さんを含めて2人。
 千葉さんは昭和38年に東京歯科大学を卒業し、同年8月に町内大町で千葉歯科医院を開業。45年から始まった3歳児健診で歯科検診の必要性に早期から着目し、今日の乳幼児健診の基盤づくりに尽力。56年から風連町国民健康保険運営協議会委員として地域医療の推進に取り組むなど、町民から厚い信頼を受けている。
 千葉さんの受賞報告を受け、柿川町長は「長年にわたる功労に感謝したい。今後も町民のために活躍を願っています」とたたえた。
 千葉さんは「このような賞をいただき、大変恐縮しています。地域住民の皆さんの支えがあったからこその受賞。今後も、自らの健康に留意し、町民のために精いっぱい頑張っていきたいです」と感謝の言葉を述べるとともに、気持ちを新たにした。

(写真=北海道社会貢献賞を受賞した風連の千葉さん)

[ 2004-11-22-19:00 ]

親子でふれあい作業
美深でそばづくりの講習
 【美深】美深町の親子ふれあい講座「そば作り」が20日、町文化会館COM100で開かれ、21人の親子がそば打ちを楽しんだ。
 休日の親子交流などが目的の講座。家庭でそば打ちを楽しもうと、川村英司上川北部農業改良普及センター主査が講師を務めた。
 そば粉と小麦粉の分量を計り、作業を開始。「水を入れ過ぎると、ゆでたときに切れやすく、味の悪い出来上がりになります」とのアドバイスを受けながら、子供たちは熱心に粉を練って生地を作り、伸ばした。中には親子で大きな打ち棒を持って伸ばす姿も。
 最後に自分の打ったそばを食べ、手作りの楽しさを味わった。

(写真=そば粉と小麦粉を練り合わせる生地作りから学んだそばづくり講習)

[ 2004-11-22-19:00 ]

 



2004年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.