地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年9月21



MOAの取り組み学ぶ
ハワイ大農学部長・職員と熱心に意見交換

 【名寄】ハワイ大学農学部長のアンドリュー・銀次・橋本さん(60)と夫人が20日午前、市内智恵文のMOA名寄農場(清水幸一責任者)を訪問、自然農法や施設を見学した。 
 同農場は自然農法を実践するため昭和50年に開設。麦類、ジャガイモ、トマト、キュウリなどを21.5ヘクタールに作付け。平成9年から有機物返還に伴う土壌物理、化学性の変化などを研究する長期畑輪作方式による作物栽培をハワイ大学と共同で取り組んできた。
 今回、帯広市の学会に出席するため来日した橋本さんは、メルル夫人、MOAハワイスタッフのアイビン・河本さんと名寄農場まで足を伸ばした。敷地内の農地、分析室など研究施設を見学、北海道とハワイの土の違いや研究概要などの説明を受けた。
 事前に農場の情報を得ていた橋本さんは、訪問できたことに感激し、「近年、ハワイはサトウキビやパインなどの大規模農業により、土が汚染されるという問題が浮上している。自然農法、土作りが見直されていて、MOAから学ぶことは多いと考えています」と、農場の取り組みに好感を持ち、職員と熱心に情報交換をした。

(写真=ハワイから来日、MOA名寄農場で職員の説明を聞くアンドリュー・銀次・橋本さんら)

[ 2004-09-21-19:00 ]

上寿や金婚夫婦招き
名寄市で長寿を祝う会

 【名寄】名寄市長寿を祝う会が「敬老の日」の20日、市総合福祉センターで開かれた。長寿、白寿、米寿の節目の年齢を迎えた長寿者らが招待され、祝福を受けた。
 市は、平成10年度から敬老会を町内会単位で開催。今年の各町内会の敬老会対象の数え75歳以上は2987人(6月1日現在)。
 長寿を祝う会は、市と名寄市社会福祉協議会(岡本肇会長)で組織した実行委員会が実施。市からの記念品対象者は、明治35年生まれの最高齢者で数え103歳の山田サダヲさんを含め、数え100歳以上の長寿3人のほか、上寿(数え100歳)が3人、白寿(数え99歳)3人、米寿者(数え88歳)98人。社会福祉協議会の金婚祝い対象の夫婦は78組。内閣総理大臣と北海道知事からの祝い品は、満100歳の3人が対象。
 アトラクションで、南保育所園児8人が、元気に遊戯「琉球太鼓」を披露。実行委員長の岡本会長が「70歳、80歳はまだ若い、頑張っていくことが町をよくすることにつながると思います」とあいさつ。
 島多慶志市長が「名寄を育てた皆さんの意見をいただき、期待に応えるまちづくりをと思っています」と祝辞。
 島市長、加藤唯勝道議会議員らから長寿の祝い、岡本会長らから金婚夫婦に記念品が手渡された。
 会場では、名寄交通安全協会と名寄地区防犯協会は、長寿の祝いと一緒に、おれおれ詐欺被害予防などのチラシ200部を配布した。

(写真=島市長から記念品などをを受け取るお年寄り)

[ 2004-09-21-19:00 ]

華道吟や詩舞吟も
岳風会下川支部・創立45周年で道北大会

 【下川】日本詩吟学院岳風会(認可)北海道下川支部(小林岳作支部長、部員25人)の創立45周年記念「第39回道北吟道大会」が19日、町公民館で開かれ、自慢の吟を会場内に響かせた。
 同支部は昭和32年に発足。吟道を学びつつ各種大会などへ参加して実績を積んできた。45周年の節目に、記念の道北吟道大会を開き、下川支部をはじめ、名寄、和寒、士別支部会員ら約170人が参加した。
 参加者朗詠の後、午前の部は、下川支部員の合吟「吟の道」から始まり、独吟「天草洋に泊す」「神州」などのほか、特別吟として華道未生流の谷美智子さんと井上英美さん出演の華道吟「花のまこと」。
 午前11時半からの式典で小林支部長は「吟道は、崇高な精神をはぐくむ伝統文化。吟道を学ぶ者として団結し一層の研さんを」と式辞。 
 午後の部は、日本舞踊泉流名取の泉生和沙さん出演の詩舞吟「川中島」から。会員による独吟、合吟のほか、道北支部長や道北本部役員による吟詠も披露された。

(写真=管内の詩吟愛好者が出場した道北吟道大会)

[ 2004-09-21-19:00 ]

レベル高いプレーの連続
道クラブバスケ名寄大会・選手たちが交流深める

 【名寄】北海道クラブバスケットボール連盟(村木茂明会長)主催の第22回北海道クラブバスケットボール名寄大会が、18〜20日にかけて市スポーツセンターなどを会場に開かれ、全道各地のクラブが熱戦を繰り広げた。
 名寄地区バスケットボール協会(吉川明男会長)の創立50周年記念事業の一環で開催。協会は昭和29年、旭川地区協会から分離創設、以来、バスケットボール人口の拡大などに力を注いでいる。
 名寄での同大会開催は、昭和63年以来16年ぶり。全道各地から男女51のクラブチームが出場。第2回北海道シニア大会も兼ね、50歳以上のメンバーで構成される6チームも出場した。
 試合は、市スポーツセンター、名寄東中学校のほか、美深、士別の学校体育館など5カ所を使用。速いスピードと高い技術力を随所に見せ、白熱した試合展開。来場者は驚きの表情で見入っていた。
 本紙管内では、クラブカップの部に出場した名寄籠友会が3位入賞を果たした。

(写真=名寄地方の各会場で白熱の試合を展開した選手たち)

[ 2004-09-21-19:00 ]


2004年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
21日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.