地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年9月14



来年2月の合併へ最終合意
設立準備委員を選任
名寄、智恵文、風連の3農協・臨時総会で議案承認

 【名寄・風連】名寄、智恵文、風連の3農協は14日午前、臨時総会を一斉に開いた。17年2月の3農協合併に向けた新農協(道北なよろ農協)設立に関する議案を協議し、最終的な合意を得た。
 15年11月、3農協で宗谷線中央JA合併検討委員会(委員長・寺田厚風連農協組合長)を設立、本格的な協議を開始。今月1日に合併予備契約・道北青果連権利義務包括継承予備契約の調印式を行い、合併への準備を整えた。
 名寄農協(中島道昭組合長、組合員474人)の臨時総会は、市民会館で。421人(委任状含む)が出席。中島組合長が「農協経営でも、組合員の意識変化、他業態との競争激化、規制緩和の中で、事業量は低迷しており、組合員の負託に応えるため機能充実を図っていかなければならない。さらに少子高齢化に対応する農協としても合併への理解をお願いしたい」とあいさつ。
 組合合併や道北青果広域農協連合会の権利義務に関する事項8議案を原案通り、設立準備委員の選任(7人)をそれぞれ承認した。
 組合員から「以前に5農協との合併話があり、時間を掛けて実現しなかった。今回は急いだ取り組みであり、役員の押し付けで合併を進めているのではないか」「名寄の米は、全量もち米。これまでブランド米づくりに努力してきたが、もち生産組合とどのような話しをしたのか」「賦課金の組合員割が大きく上がることに疑問」となどいった質問や意見もあり、一部議案は採決で承認した。
 智恵文農協(五十嵐勝組合長、組合員281人)の臨時総会は、智恵文多目的研修センターで。組合員261人(委任状を含む)が出席。五十嵐組合長が「これまで地区懇談会、定例懇談会などを通じ、合併に向けての協議を進めてきた。57年の歴史ある智恵文農協が、新JAの下、大いなる躍進を遂げることを期待したい」とあいさつ。
 設立委員の選任(5人)と、8議案の承認を得て、五十嵐組合長が「新JA誕生に向け、役員一同が気を引き締めて頑張りたい」と抱負を語った。
 風連農協(寺田厚組合長、組合員590人)の臨時総会は、風連町福祉センターで。組合員520人(委任状を含む)が出席。
 寺田組合長は「農協が単独で活動する難しさがある中、名寄、智恵文、風連の3農協で、なんとか合併で基盤強化を図っていきたいと話し合ってきた。組合員と懇談会も開き、構想を作ることもできた。地域農業活性化のため合併し力を付けていきたい」とあいさつ。
設立委員(9人)の選出を承認した。

(写真=合併を承認した3農協の臨時総会=智恵文農協)

[ 2004-09-14-19:00 ]

失敗をばねにして
名寄西小PTAが講演会

 【名寄】名寄西小学校PTA(佐々木幸雄会長)主催の講演会が13日午後、同校体育館で開かれた。
 PTA研修の講演会。講師は「ダンシングライフ」著者で士別市在住の車いすダンサー、三上晶代さん。21歳で両下肢まひとなり、車いす生活が始まった。幼いころから好きなダンスえを生かし、車いすダンスで長野五輪の開会式に参加したほか、今年8月に車いすダンス世界選手権最終選考会で3位入賞、11月に東京で開かれる世界選手権に出場する。
 「生きる希望〜車いすダンスで世界をめざす」をテーマに講演し、PTAと児童、地域住民ら110人が参加。
 三上さんは、「病院にかかる患者も、医師ときちんと話をする『インフォームドコンセント』が大切です。納得いく治療の説明をしてくれた病院を選んでください。失ったものはたくさんありましたが、失ってみて初めて、日常の生活の中に幸せがあることに気付きました。今でも失敗はあります。10回やっても駄目かもしれない。だけど、100回やったから何かが動くかもしれない。失敗を後悔するのではなく、ばねにして、永遠にチャレンジャーでありたい」と話した。
 参加者は、三上さんの話に、努力することの大切さを感じていた。

(写真=講演のあと、車いすダンスを披露した三上さん)

[ 2004-09-14-19:00 ]

剣道通し青少年育成
日本スポーツ少年団顕彰・美深の堀さん受賞

 【美深】美深町剣道スポーツ少年団指導者の堀孝さん(78)は、長年少年団指導や育成に貢献してきた実績が認められ、日本スポーツ少年団顕彰表彰を受けた。
 顕彰は、スポーツ少年団の発展に功績のある団や、登録指導者などに贈られるもの。美深での受賞は、平成元年に前美深スポーツ少年団本部長の竹形貢さんに続き2人目。
 堀さんは、昭和54年に自ら美深剣道スポーツ少年団を組織し、翌55年から剣道教室を開催するなど、代表指導者として青少年の健全育成に尽力している。
 平成4年に美深スポーツ少年団本部長に就任し、6年に日独スポーツ少年団同時交流を受け入れるなど、全町的な少年団の育成発展にも貢献。
 現在は、美深剣道連盟会長、剣道スポーツ少年団指導員も務める。
 「教え子がたまに訪れてくると、懐かしくかわいく思う」と長年の指導活動を振り返るとともに「大変なものをもらいました。これからも最も大切な礼儀を教えることに力を入れたい」と、子供たちの健全育成に向け一層、意欲を燃やしている。

(写真=長年の指導が認められた美深の堀さん)

[ 2004-09-14-19:00 ]

パソコンでデザイン
大蔵さんのグラビア展

 【名寄】名寄市西10南3の大蔵嶺雄さん(66)の「なよろの四季グラビア展」が、14日からレンガの家きらりで開かれている=写真
 大蔵さんは、パソコンと、高校生のころから好きだった写真の腕を生かし、複数の写真や言葉、背景などを組み合わせるグラフィックデザインを6年ほど前から趣味として取り組んでいる。
 名刺サイズからA3判まで100点を展示。素材の写真は、知人の先崎武世さん(北海道昆虫同好会員)と長井省二さん(元全日本写真連盟会員)、堂前昭雄さん(写友北彩会員)から協力を得た。
 訪れた人は、美しい写真と、大蔵さんが感性生かして仕上げた作品に、じっくりと見入っている。
 花が主体の作品が多く、誕生花と合う人には花言葉入りの一部の作品をプレゼントしている。展示は19日まで。

[ 2004-09-14-19:00 ]


2004年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.