地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年7月25



収納率は全道トップ
細かな対応が成果
名寄市15年度市税・個人税収納は前年よりも上昇

 【名寄】名寄市は、15年度市税収入状況をまとめた。市民税の現年度分に対する収入率は全道トップ。これは、納税者事情で分割納税を実施し現年度分滞納繰り越し防止に努力するとともに、悪質滞納者は差し押さえを含めた厳しい措置を講じた成果。さらに納税意識向上、道税とのタイアップなどが要因―と市税務課は分析。市民税現年度分は、個人税の収納率が99.38%で前年度よりも上昇したが、法人税は99.46%と、逆に減少した。
 市民税の個人税調停額は9億2703万9000円。これに対する収入額は9億2129万3000円(収入率99.38%)。法人税は調停額2億4376万2000円、収入額2億4244万6000円(同99.46%)。
 純固定資産税は調停額9億6896万3000円、収入額9億4392万1000円(同96.98%)。
軽自動車税は調停額3076万4000円、収入額3049万円(同99.11)%。都市計画税は調停額1億6411万2000円、収入額は1億5987万円(同97.42%)。
 たばこ税の2億1284万6000円を含めると、総調停額25億7272万6000円、総収入額25億3610万7000円(同98.35%)。
 国民健康保険税は、調停額5億4149万4000円、収入額5億807万5000円(同93.51%)。
 滞納繰り越し分は、市民税個人税調停額2793万9000円、収入額326万5000円(同11.69%)。法人税調停額191万5000円、収入額31万2000円(同16.29%)。純固定資産税は調停額1億5182万9000円、収入額1168万5000円(同7.7%)。
 市税務課では、市民税の現年度個人税収入率が前年度よりも高まった点について「税の公平を期するため、悪質な滞納者への対応などで納税意識が向上。夜間窓口や納税者の負担軽減を図る目的で、通常3期の納税を、事情に応じて細かく分納で対応した。それによって、現年度の滞納を減らし、繰り越しの減に努めてきた」と説明。

[ 2004-07-25-19:00 ]

新たに松山湿原を
美深商協商品券がデザイン一新

 【美深】美深商工業協同組合(稲越延嘉理事長)は、9月から商品券のデザインを変更。このほど、新しい図柄が決定した。
 同組合では、平成10年から地元商店での購買力向上を目指し、町内全店共通の1000円、500円、100円の、3種類の商品券を使用している。町内の販売、サービス、建設業など各種業種に協力を呼び掛け、現在約280店舗で利用できる。全快祝いや、入学祝いのお返し、各種団体の大会での景品にと幅広く町民に愛用されている。
 これまで、チョウザメ館とチョウザメの写真の入った図柄を使用してきた。今回、さらに親しみを持ってもらい購買につなげようと、新しい図柄に変更することに。
 新商品券は松山湿原の写真を使用。偽造防止に新しく組合マークも印刷。1000円は青色、500円は黄色、100円は赤色がベース。
 組合では、9月から各種順次更新する予定。8月にデザイン変更のお知らせチラシを配布し周知。手持ちの現商品券は無期限で利用できるが、早めの利用で更新に協力を―と呼び掛けている。

(写真=9月から更新される新商品券のデザイン)

[ 2004-07-25-19:00 ]

道北の味覚が満載
北の星座共和国のグルメの散歩道

 【下川】北の星座共和国(谷一之代表)は、ブックレット「2004北★北海道〜グルメの散歩道パスポートVol.7」を発行した。
 同事務局は、北・北海道の魅力ある資源や、人材を発掘しながら、道内外に情報を発信しようと活動を続けて16年目。ブックレットは、7年前から各種スポンサーの協賛を得て、年1回発行。内容は、共和国の活動範囲内である約50市町村のグルメマップ、スポットを紹介。名寄、風連、下川、美深からもレストランの味自慢メニューなどを写真入りで紹介している。
 「北★北海道ゆ〜ったりの湯」では、道北各地の温泉を紹介。このほか「道の駅マップ」「アウトドアガイド」「市役所・役場・観光協会案内」「イベントガイド」など。道北1日の旅、ゆったりの旅などに便利な1冊。「得々クーポン」には5店が参加。グループの飲食代金10%引き、生ビール一杯サービス券などもある。
 A6判、71ページで1万3000部を発行し無料配布。各参加店、道の駅、上川、留萌、宗谷の各支庁、観光案内所、空港、JR駅などに備えてある。郵送希望者は、送料200円(切手でもよい)を同封し下川町西町、谷組内の北の星座共和国へ。

(写真=おいしい食べ物情報などが盛りだくさんのブックレット)

[ 2004-07-25-19:00 ]

多彩な行事で夏楽しむ
8月12、13日に風連ふるさとまつり

 【風連】風連ふるさとまつりが8月12、13の両日、西町公園などを会場に開かれる。メーンイベントの風舞あんどんは、最終日の13日、道道朱鞠内風連線(通称・駅前通り)を会場に行われ、昨年同様30基のあんどんによる美しい光の絵巻が沿道を埋める人たちの目を楽しませることになりそう。
 町、商工会、森林組合、農協など町内の各種団体で構成する実行委員会(委員長・富永紀治商工会長)が主催。2月の冬まつり、6月の白樺まつりと合わせて風連の3大まつりの一つ。
 特に、メーンイベントの風舞あんどんは、町内外から多くの見物客を集めるものとして定着。
 26回目となる今年のテーマは「はばたけ今 ふるさとの風にのって」。このほど、実行委員会が開かれ概要を決めた。前夜祭の12日は、役場前広場が会場。日進御料太鼓の勇壮な演奏や、風舞連による阿波踊り、東風連のヨサコイなど郷土芸能が披露されるほか、町のPR役として活躍してもらう「風の特使」の選考会など。道内で活動するものまねタレントの「タマ千春さん」のステージも。会場には翌日に使用する風舞あんどんも飾り、ムードを盛り上げる。
 13日は、西町公園の特産品の販売、バーベキューコーナー、ちびっ子広場などを設ける。ピエロによる大道芸の披露も。フィナーレを飾る風舞あんどんは、扇型あんどんを中心に、町内の職域、地域単位で作製された大小30基のあんどんが、今年も練り歩く。太鼓や踊りなど、参加団体ごとに趣向を凝らしたパフォーマンスもつくため、音と光で沿道の町民らを楽しませる。

[ 2004-07-25-19:00 ]

 



2004年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.