地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2004年5月17



新市計画素案作成の参考に
効果や不安部分を探る
風連−名寄合併協・6月にアンケート

 【名寄・風連】風連町・名寄市合併協議会(会長・島多慶志市長)の新市建設計画小委員会(堀江英一委員長)は、6月上旬に市町村合併に関する住民アンケート調査を実施する。住民の意見を重要視する観点から、両市町の全戸を対象にする。住民の合併問題に関する基本的な考え方、認識度を把握する内容で、7月中旬までに回収し集計・分析を行い、新市建設計画素案作成の参考にする。
 アンケートは、住民の声を広く聞き、将来構想や建設計画に反映させる狙い。市・町の現状をどう思うか、合併協議について知っているか、合併した場合、どのような効果を期待するか−など、大きく7項目設けている。
 住民の合併に対する考え方、認知度を把握することに主眼を置いている。最後に、合併した場合、将来の夢・アイデア、意見・要望を自由に記入できる欄も設ける。
 すべての質問が選択方式で、設問の一つ「現状をどう思うか」では、自然の豊かさや災害からの安全性、ごみの収集処理状況など、住民の生活に身近な問題25項目を挙げ、回答は満足〜不満の5段階から選ぶ。
 6第1週目に両市町で全戸配布。6月18日までに回収、7月中旬までに集計・分析し、新市将来構想と建設計画素案作成の参考資料として11月をめどに取りまとめる。
 事務局は「アンケートは回収率が高いほど幅広い意見が集約できる。多くの住民に質問に答え、返信してほしい」と協力を呼び掛けている。

[ 2004-05-17-17:15 ]

渓流太鼓が盛り上げ
下川万里の長城祭・多彩なイベントで楽しむ

 【下川】築城18年万里の長城祭が、16日午前11時から桜ヶ丘公園特設会場で行われ、小雨が降るあいにくの天候の中、イベントはほぼ予定通り進み、にぎわいをみせた。
 同実行委員会の主催。野外焼き肉パーティーでは、大型コンロに火がおこされ、職域や団体、万里の長城クロカン大会参加の家族連れらが訪れ、傘を差しながら煙をたなびかせて牛肉に舌鼓。
 渓流太鼓が威勢のよい演奏を響かせた後、イベント「ファイティングひも」。タイミングが狂うとヘルメット、雨がっぱ姿の参加者の真上にビニール袋から大量の水が落下する。観客もドキドキと爆笑の連続。
 エミューレースには、エミュー牧場からかわいいエミューのひな4匹が参加、着順予想レースが行われた。
 首に赤、青、黄色などのリボンを付けて約20メートルを力走する姿に、周囲の観客から「かわいいね」「それ行け」と歓声。
 「ピッタシ岩岩(がんがん)」は、2種類の御影石の重量当てクイズ。モニュメントか、石彫作品でアイデア募集中の中国産ジャンボ御影石の重量は8.03トン。正解はなかったが、正解に近い人たちに景品が贈られた。
 名物の「城壁横ばいレース」は、雨のため中止。それに代わってラムネ早飲み競争などが急きょ行われた。
 来場者全員参加のジャンケン大会では、神奈川県在住の石彫家で下川地域フィールド美術館構想アドバイザー、長沢裕子さんも出場、大いに盛り上がった。
 自由参加の「キックターゲット」は、小中学生たちが数字のボード目掛け、勢いよくサッカーボールをけっていた。

(写真=小雨が降る中、多くの人でにぎわった万里の長城祭)

[ 2004-05-17-17:15 ]

カヌー転覆し1人死亡
美深仁宇布川で仲間と乗船中に

 【美深】16日午前11時55分ごろ美深町仁宇布の仁宇布川で、美深高等養護学校教諭の中垣敦さん(30)が乗ったカヌーが転覆。救出後美深厚生病院に運ばれたが、同日午後1時48分に死亡した。
 美深警察署などの調べによると、現場は第一仁宇布橋から約300メートル上流。5月に入ると雪解け水などで増水し流れが速く、上級者向けコースとして数年前から近隣のカヌー愛好者が注目する場所。
 中垣さんは仲間5人と仁宇布川へ。スタートして約30分後、中垣さんが乗っていた2人乗りカヌーが転覆。1人は自力で岸までたどり着いたが、中垣さんはカヌーから脱出できず、水中に沈んだまま約20メートル流され、木に引っかかった。
 仲間がすぐに発見したが、川の流れが速く、中垣さんの救助に時間がかかり、川から引き上げたのは転覆してから25分後だった。既に心停止状態で、美深厚生病院に運ばれたが、死亡。死因は溺死(できし)。

[ 2004-05-17-17:15 ]
 

トップに佐藤京子氏
名寄税税務署管内の15年高額納税は12人

 【名寄】名寄税務署は17日、所得税法233条に基づき、15年の所得額が1000万円を超えた高額所得者を公示した。15年は前年と同じ12人だった。
 トップは、名寄市西1北5の医療法人役員、佐藤京子氏。税額は2536万5000円で、6年連続の首位。ランクから1人が外れ、新たに1人が加わった。12人中8人が医療関係者。残りは会社役員3人、農産物販売1人。
 高額納税税者は次の通り(敬称略)。

順 位
氏 名
市 町 村
職  業
納 税 額
1
佐藤 京子
名寄市
医療法人役員
2536万5000円

2

吉田  肇
名寄市
医療法人役員
2085万0000円
3
佐藤 静男
士別市
会社役員
2042万3000円
4
坂田 暉英
名寄市
医療法人役員
1571万2000円
5
岡崎  望
名寄市
医療法人役員
1344万9000円
6
中村  稔
名寄市
医療法人役員
1296万5000円
7
黒田 康敬
士別市
農産物販売
1223万3000円
8
西條 久喜
名寄市
会社役員
1202万0000円
9
鍋島  秀
士別市
医療法人役員
1191万1000円
10
坂田  仁
名寄市
医療法人役員
1083万4000円
11
納田 幸一
下川町
勤務医
1055万7000円
12
吉田美枝子
名寄市
会社役員
1052万1000円

[ 2004-05-17-17:15 ]



2004年

5月

1日
2日
3日
4日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.