地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年12月27



施設整備の実績評価
16年産米生産目標・名寄市は35ヘクタール増
 【名寄】上川管内米対策推進会議が、25日に旭川市内のホテルで開かれ、16年産米の生産目標数量が配分された。本紙管内では、名寄市が15年産より35ヘクタールの作付け増に。上川北部の町村が作付面積を減らされる中での増加で、雪室貯蔵施設などの施設整備に取り組んだことなどが認められ、これまでのランクが1つ上がり、上から4番目になり、関係者はこの結果を喜んでいる。
 従来、生産調整面積(転作面積)の配分として行われていたが、16年産米から、生産する米の目標数量を配分する方法に変更された。背景には売れる米づくりの推進がある。市町村配分に当たっては、生産力や販売力のほか、産地評価が反映される形になった。
 配分の結果をみると、産地評価の最上位にランクされている上川管内当麻町や東川町、鷹栖町は今年と比較して軒並み100ヘクタール以上の作付面積増に。
 全量もち米を作付け、良質米生産に取り組む一方で、伊勢「赤福もち」の原料として使われるなど、販売力を高めている名寄市の場合、今年よりも面積換算で35ヘクタール多い834ヘクタールの面積配分。生産目標数量配分は4198トンで、10アール当たりの収量は503.4キロの計算。
 昨年、今年と雪室貯蔵施設や玄米バラ集出荷施設を相次いで建設、実需者ニーズに対応し、品質の均一化や流通改善への施設充実が評価アップにつながったとみられる。
 道内に25のもち産地がある。名寄市のランクはA相当の5番目だったが、今回、1つ上がって4番目に。来年産米の作付面積の増加は、来年以降の作付け増につながる可能性が高く、今後に期待できる内容。
 今尚文市助役は「農家のこれまでの努力と、施設整備などが評価されたと思う。今後も良質米生産に向けた農家努力を期待している」と語る。
 本紙管内では作付面積換算で、風連町が32ヘクタール減の2026ヘクタール、下川町が1ヘクタール減の79ヘクタール、美深町が5ヘクタール減の239ヘクタールの配分を受けた。

[ 2003-12-27-17:00 ]

厳しい中で全物件落札
下川で町有林入札・町内の6業者が参加

 【下川】町有林の素材入札がこのほど、町役場で行われた。木材市況が長期にわたり低迷する中の厳しい入札だったが、まずまずの価格で全物件が落札された。
 入札処分されたのは、いずれも人工造林地から生産された原木。約15ヘクタールから3585立方メートルの立木が伐採され、うちパルプ材約1000立方メートルを除く2500立方メートルの原木が処分された。
 原木物件数は上名寄町有林(風連町方面)のカラマツ(52年生)が17物件、渓和地区町有林のトドマツ(67年生)が14物件、21世紀の森町有林のトドマツ(67年生)が10物件の計41物件。
 地元木材業者6社による指名競争入札が行われ、落札総額は2263万円。伐木(造材)費用2127万円との単純比較で136万円の黒字。今後、パルプ材の販売が約400万円見込まれ、総体で530万円の黒字となりそう。
 町では「木材市況の長期低迷が続いており、将来、毎年60ヘクタールずつ伐採できるようになるころには、市況も回復しているのでは。来年も伐期を迎えるほぼ同規模の立木を処分したい」と話す。

[ 2003-12-27-17:00 ]

大久保、滝本さんが昇段
棋院名寄支部が祝賀会
 【名寄】日本棋院名寄支部(大久保光義支部長)の免状取得祝賀会が、25日午後、名寄市内で開かれた。
 免状は、プロ棋士の推薦などで認められた人に、日本棋院が認定し発行。従来はアマチュアに1〜7段まで交付されていたが、今年は日本棋院が創立80周年を迎えたことから新たに8段が設けられた。
 名寄支部からは、大久保支部長(78)が8段、滝本昌俊さん(63)が7段に昇段。8段取得は、道内では現時点で大久保支部長1人。
 祝賀会には20人が出席。免状を手に大久保支部長は「これからも精進しながら、風格や腕を磨いていきたい」、滝本さんは「敷居の高い段をいただいた。免状の力でもう少し強くなりたい」と喜びの言葉。
 出席者は、2人の免状取得を祝い、忘年会も兼ねて1年間を振り返りながら懇親を深めた。

(写真=免状取得を喜ぶ左から大久保支部長、滝本さん)

[ 2003-12-27-17:00 ]

市内の住宅物置で凍死体を発見

 【名寄】26日午前11時半ごろ、名寄市内の住宅に隣接する物置内で、同市内在住の男性(56)の死体が発見された。検死の結果、死因は凍死で死亡推定時刻は25日夜、名寄警察署では事件性は薄いとみている。
 住宅の除雪のため、家人が物置に入ったところ、見知らぬ男性が除雪機のカバーにくるまっているのを発見し、110番通報。同署によると外傷はなかった。

[ 2003-12-27-17:00 ]



2003年
12月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
25日
26日
27日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.