地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年12月24



整備凍結は許されない
道縦貫道フォーラム・今後も要請行動展開
  【名寄】「北海道縦貫自動車道」士別剣淵〜名寄間緊急提言フォーラムが、22日午後7時から市民文化センターで開かれ、高速道路整備の必要性を訴えた。
 国土交通省が、このほど示した高速道路整備に伴う事業評価の結果では採算性、予想交通量などを加味し、北海道縦貫自動車道士別剣淵〜名寄間の評価は最低のDランクになった。
 政府与党は22日、士別剣淵〜名寄間(24キロ)と横断自動車道北見〜足寄間(79キロ)の抜本的見直し区間を、凍結と決めたことで、地元自治体などでは困惑が広がっている。
 新直轄方式での一次対象路線を決める国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)が、今月25日に行われる見通しだが、同フォーラムを主催する北北海道に高速道路を実現する住民の会(渡辺正尚代表)などは20日、高速道路の必要性を訴える「士別剣淵〜名寄間の整備凍結は許されない」とする緊急提言を、石原伸晃国土交通大臣、高橋はるみ道知事らに提出。国幹会議を前に、地域住民の願いが十分反映されたものとなるよう提言した。
 フォーラムには剣淵以北中川から80人が参加。主催者を代表し、渡辺代表が「民間レベルでの活動が重要であると今回のフォーラムを開催。道内どこでも同じ生活水準が保障されねばならない。縦貫自動車道は北海道の背骨だけに整備凍結を許さない運動を続けていきたい」とあいさつ。
 島多慶志名寄市長は「士別剣淵〜名寄間の整備は抜本的な見直しが必要―とする声もあるが、国に対する要請行動をしっかりしなければならない」と強調した。
 北海道開発局から道縦貫自動車道の現状などの説明を受け全体会議。出席者からは「車が市街地を通らないという寂しさはあるが、利便性は確実に向上する」「自営業者にとって、目的地までの時間が読めるため、時間が有効に使える」「北へ行くほど高速道路は必要」「観光の面からも、交流人口の増大に期待できる」「救急搬送と高速道路の結びつきは密接」など、高速道路の必要性を訴える意見。この後、緊急提言を行い、会場は計画通りの実現に向けて熱気に包まれた。

(写真=剣淵以北中川から80人が参加した緊急提言フォーラム)

[ 2003-12-24-17:00 ]

道補助受け初めて
名寄雪フェスと風連冬まつり・統一のポスター製作

 【名寄・風連】なよろ雪質日本一フェスティバルと、ふうれん冬まつりの統一ポスターが完成した。来年1月に札幌市内で合同キャンペーンを予定しており、スクラムを組み冬のイベントをPRし、集客力アップにつなげる。
 なよろ雪質日本一フェスティバルは、2月11日から15日まで、南広場をメーン会場に国際雪像大会、全道学生対抗スノーオブジェ競技会、北の天文字焼きのほか、協賛行事のスノーボードによるビッグエアーショーの開催と多彩な行事が予定され、NPOなよろ観光まちづくり協会などで実行委員会を組織しての取り組む。
 ふうれん冬まつりは、町民手作りで冬を楽しむイベントとして定着し、NPO風連観光まちづくり協会を主体にした実行委員会が主催。来年で20回目の節目。2月7、8の両日、旧役場庁舎跡地を会場にレーザーショーや花火大会、もちつき・もちまきなどを予定。
 両イベントのPR連携は、将来的に滞在型の観光振興に結び付け、新たな雇用を創出することが狙い。風連・下川・美深・名寄圏域雇用対策協議会が、道の道北冬まつり広域連携事業で100万円の補助を受けポスターを製作した。
 B全版の大きなポスターは、共同イベントとして夜の行事にウエートを置いたこともあり、ポスターではレーザーショーや鮮やかにライトアップされた芸術性高い国際雪像大会での雪像の写真など夜にこだわった内容が特徴。
 1000枚印刷し、札幌でのキャンペーンなどに使用。道北の冬のイベントの魅力を紹介する。

(写真=道北の冬の魅力紹介へ初めて製作された統一ポスター)

[ 2003-12-24-17:00 ]

大道芸を間近で楽しむ
クマさんが清峰園を慰問
 【名寄】特別養護老人ホーム清峰園に22日、大道芸人「クマさん」が慰問。お年寄りを喜ばせた。
 名寄市内のホテル藤花では、21日から23日までクリスマスパーティーが開かれ、クマさん(札幌)がゲスト出演し、ジャグリングで訪れた人たちに楽しませた。そこで清峰園の入園者にもジャグリングを見てもらおう―とホテル藤花の配慮で慰問が実現した。
 クマさんは、独学でジャグリングなどを学び、札幌中心に活躍している大道芸人。ノースジャグリングクラブ会長、軒下大道芸倶楽部(札幌)の主宰。STVテレビ「1×8いこうよ」「どさんこワイド212」などテレビ番組にも出演。
 清峰園では、ボールとこん棒のジャグリングや3本のこん棒を自由自在に操る様子に、入園者は「上手ね!」と拍手を送っていた。
 バルーンアートで、クマや花、ハートを作り入園者にプレゼント。ぬいぐるみを生きているように動かしてお年よりと触れ合う場面も。また、ハットを使った一芸や中国ゴマなど、さまざまな芸を見せて園内を明るい雰囲気に包んだ。

(写真=ジャグリングなどを披露した大道芸人のクマさん)

[ 2003-12-24-17:00 ]

サンタの衣装で窓口対応

  【美深】名寄信金美深支店(秋山裕保支店長)はで24日、クリスマスムードを盛り上げようと、職員がサンタクロースの衣装を着て窓口対応を行った=写真。
 景気が低迷する中、少しでも明るい雰囲気をーと初の試み。
 職員四人が衣装を身にまとい、窓口で対応。店内ではクリスマスソングを流してムードを盛り上げ、職員たちは「少し恥ずかしいですが新鮮」などと感想。

[ 2003-12-24-17:00 ]



2003年
12月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.