地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年12月21



就職内定率は45.8%
来春の高卒予定者・厳しい今こそ親の手を
 【名寄】名寄公共職業安定所は、来春高校卒業予定者の11月末就職内定状況をまとめた。内定率は45.8%(前年同期49.3%)と低調で推移。求人の伸び悩みが顕著で、管内求人に至っては56人と過去最低だった前年同期を32.5%減少している状況。同職安では「最終的に管内求人は、100件に届かないとみている」と説明。依然として、高校生には厳しい現状が突き付けられている。
 管内の卒業予定者は877人(前年911人)。うち就職希望者236人(前年同期219人)で、管内就職希望は87人と全体の36.9%。
 11月末の求人状況は、管内56人(前年同期比32.5%減)。求人減に歯止めが掛からない状況。不況による家庭経済の苦しさを反映してか、就職希望者は逆に増加しているのが実態。
 就職内定者は108人。地域別では管内30人で、就職率は34.5%。道内73人、道外5人。就職先のない管内から、管外の都市部へと希望就職地をシフトする生徒が、ここ数年で一気に増加しており、将来、中核となっていくであろう労働力の確保が懸念されている。
 同職安は「親が就職に関する情報を収集する一方、就職に対する子供の方向性を定める手助けをすることも大切」と、家庭の果たす役割の大きさを強調。子供の就職は子供の思い通りにすればよい―といったような無関心さではなく、子供と一緒に職安へ足を運ぶなど、同じ土俵で、就職への対応が求められる。

[ 2003-12-21-18:00 ]

冬でもグリーン体感
五大農園PG場がオープン

 【風連】ハシバグループ五大農園(町内西町、橋場利夫社長)のパークゴルフ場「五大パーク場」が、町内東風連で20日午前9時から正式オープンした。
 五大農園は、同グループが今年2月に設立した農業法人。パークゴルフ場は、冬の間使用しないビニールハウスの活用を考えたもの。ちょうど道内に同様の施設があることを知った愛好者が造成を要望していた。
 コースはビニールハウス7棟を使用。1棟を暖房完備の休憩場と売店、6棟をコースに。ハウスをビニールで連結した全18ホール、パー66。ハウス内はプレー環境と芝の生育向上のため、暖房と照明を設備。
 13日から1週間試験的にオープン。約350人の利用者から声を聞き環境を整えた。
 来年5月の農作業開始までの開設。ただし31日、1月1日は休場。開設時間は午前9時から午後5時まで。料金(1人)は、終日利用の1日券が平日1200円、土・日・祝祭日1500円。団体割引(20人以上、要予約)もあり平日1人1000円、土・日・祝祭日1300円。
 同日午前9時からのセレモニーで橋場社長は「愛好者の要望で急きょ造成を決めた。施設を活用してもらい、より多くの人に健康になってもらいたい」。来賓の柿川弘町長、丸箸幹夫風連町パークゴルフ協会会長が祝辞。愛好者、地域住民らによる始球式を行った。
 時間がたつに連れ、利用者が次々と訪れ、コースはいっぱいに。あちこちでボールを打つ快音や歓声が聞こえた。

(写真=冬に芝の感触を楽しみプレーする愛好者たち)

[ 2003-12-21-18:00 ]

成年は高橋(土屋ホーム)が優勝
全日本コンバインド・少年で久保(下川商業)が2位
 【名寄】名寄地方スキー連盟主催、全日本スキー連盟A級公認の第22回全日本コンバインド大会が21日、市内日進地区で開かれた。前半ジャンプは午前9時からピヤシリシャンツェノーマルヒル(K点90メートル)、後半クロスカントリーは午後1時半から健康の森で競技が行われた。
 前日のジャンプが強風で中止され、急きょ1日でジャンプとクロスカントリーを行うハードスケジュールに。選手にとっては調整が難しい大会になってしまった。
 少年の部42人、成年の部58人が出場。後半クロスカントリーは前半の成績を時間差に換算。フリー走法で少年10キロ、成年15キロ走った。
 時折、雪交じりの風が吹くコンディションで、午前10時の気温はマイナス2度。
 成年は前半ジャンプで高橋大斗選手(土屋ホーム)が234.0ポイントでトップに立ち、後半はリードを生かして優勝。少年は高尾康平選手(雄山高)が、前半7位から逆転。2位には前半6位から浮上した久保貴寛選手(下川商業高)が食い込んだ。
 成績は次の通り。
成  年  組
少  年  組
順位
氏  名
所 属
順位
氏  名
所 属
1
高橋 大斗
土屋ホーム
1
高尾 康平
雄山高
2
正木   誠
アインズ
2
久保 貴寛
下川商業高
3
永井 秀昭
早大
3
佐藤幸一郎
花輪高
4
永井 陽一
明大
4
畠山 長太
盛岡中央高
5
中澤章一郎
日大
5
庵地真ノ介
飯山南高
6
田中 耕介
中央大
6
宮本 康希
飯山南高

(写真=成年で優勝した高橋大斗選手の走り)

[ 2003-12-21-18:00 ]

美深アイランド4つ星
15年度川の通信簿・特技を共有し河川保全

 旭川開発建設部は、8月と9月に行った河川環境の現状を評価する「川の通信簿」を、このほど発表した。本紙管内から天塩川と名寄川の2河川にある3地点で評価を行ったところ、天塩川の美深アイランドカヌーポート河川公園が、前年度に続き「4つ星」の高い評価を獲得。同じ天塩川で名寄の緑地運動場、名寄川の下川町緑町運動場河川公園が共に「3つ星」に輝いた。
 「川の通信簿」は、地域住民や地域団体と河川管理者が共同で、河川空間の現状を評価し情報を共有することで、河川環境の保全、整備に努めることが目的。豊かな自然、水質、利便性など15項目の審査基準を設け5段階で評価。15年度は道内の1級水系(13水系)25河川を対象に行われ、同建設部管内では、1級水系(石狩川、天塩川)6河川にある15地点を調査した。
 天塩川水系で唯一の「4つ星」に輝いた美深アイランドカヌーポートは、平成6年に完成。国道40号線沿いに位置しアクセス性に優れ、近くにオートキャンプ場や温泉施設などが整備。カヌーポートは、景観を良くするため、人工的に造った三日月湖を有効活用している。
 評価では安全性、景観、利便性、などが高く、同建設部では「大河天塩川でカヌーや水面スポーツをするにはすばらしい空間。5つ星を目指すためにはトイレや休憩施設、案内看板の工夫が必要」としている。

[ 2003-12-21-18:00 ]



2003年
12月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.