地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年10月14



体育の日で各種行事
名寄ではスポーツフェスティバルや集い
汗流し、功績をたたえる

 【名寄】13日は体育の日。各地でさまざまな関連行事が企画された。このうち、名寄市では、名寄市体育協会と名寄市体育指導員会、名寄市教育委員会による健康づくりスポーツフェスティバルと、体育協会によるスポーツ愛好者の集いが開かれた。
 第25回健康づくりスポーツフェスティバルが、午前9時から名寄市スポーツセンターを中心に各体育施設で展開され、多くの市民がスポーツに親しんだ。
 同フェスティバルは、市民が健康で明るい生活を送るためにスポーツに親しみ、体力の増進や親ぼくを深めるもの。スポーツセンター、テニスコート、市営球場、パークゴルフ場、グラウンドゴルフ場、北体育館など市内スポーツ施設を市民に無料開放した。
 スポーツセンターでは、格技室やトレーニング室の利用、同センター前庭にグラウンドゴルフコースを設けてのプレーや、ゲートボール大会。アリーナでは、数字のはめられたパネルにテニスボールを投げて射抜いた点数を競うストラックアウト大会と、玉入れ大会。個人や団体が自由に卓球、バドミントン、トランポリンなどの各種軽スポーツで汗を流し、体力測定コーナーで握力や背筋力を試す姿も。
 屋外は天候が悪く肌寒かったため、前年よりも500人ほど参加が少なく参加数合計は1524人だったが、市民が楽しみながら、健康増進に努めた1日となった。
 午後6時からホテル藤花で開かれたスポーツ愛好者の集いでは、加盟34団体から約300人が参加し、スポーツ表彰行い、吉田肇会長から受賞者に表彰状と記念品が贈られ、地域のスポーツ選手の功績をたたえるとともに、一層の体育振興を誓った。

(写真上=名寄市内の体育施設で市民が汗を流したスポーツフェスティバル)
(写真下=受賞者に吉田会長から表彰状が手渡されたスポーツ愛好者の集い)

[ 2003-10-14-17:30]

練習実り息ピッタリ
下川中と名寄吹奏楽団・ジョイントコンサート

 【下川】下川中学校吹奏楽部と名寄吹奏楽団のジョイントコンサートが、このほど公民館で開かれた。
 両団体のジョイントコンサートは、毎年実施している恒例行事。演奏に合わせて、吹奏楽団メンバーが、中学生に演奏を指導する機会になっている。今年は中学校から部員27人、吹奏楽団から21人、特別参加で下川商業高校吹奏楽部員6人が参加した。
 3部構成のステージ。第1部は「下川中学校ステージ」で「空も飛べるはず」など3曲。第2部の「下川中学校ソロ・アンサンブルステージ」ではフルート、アルトサックスの独奏、クラリネットの重奏などで9曲。
 最後の第3部「ジョイントステージ」では全奏者で「A列車で行こう」「愛するデューク」「宝島」を演奏。練習の成果に客席を埋めた父母や愛好者たちから大きな拍手を受けた。

(写真=下川商業高校生も特別参加したジョイントコンサート)

[ 2003-10-14-17:30]

子供たちの歓声響く
40舞台上演や講演など・人形劇フェス盛況に

 【名寄】北海道人形劇フェスティバルinなよろが、11日から13日まで市民会館と名寄短大を会場に開かれ、プロ、アマの40劇団が素晴らしい人形劇舞台が観衆を魅了し、大盛況に終った。
 初日は市民会館で。開会式と、オープニングセレモニーで人形劇団ザ・シルエット、ムーにン谷のなかまたちの影絵、人形劇団ぽけっとの大型紙芝居、アラジンの会の人形劇が上演された。
引き続いて講習会が開かれた。パネルシアターについては、物語の生かし方や演じるときのこつを。人形操作では、さまざまな種類の人形と動かし方を聞き「場面に必要な人形の演技、心の動きをどう表すかが大切」とアドバイスを受け、5グループに分かれて、人形で心を表現する動きを考えながら演じた。
 12日はプロ・アマの劇団による連続公演。名寄短大体育館や教室で。人形劇や腹話術、パネルシアターやエプロンシアターなど多種多彩な舞台を披露。内容は各団体オリジナル、なじみの深い童話や民話など。合い間に手遊びなどもあり、会場を訪れた親子連れや子供たちは、楽しい公演に大喜び。身を乗り出して人形たちに親しんでいた。
 同日夜のペープサート講習会で、実際にペープサートを作り「喜怒哀楽をはっきりと出しましょう」などの指導も受けた。講演会では、藤原玄洋さん(川尻泰治記念日本人形劇研究所)が「日本の現代人形劇のあゆみ」として、どのように変化してきたかを講義。夜の交流会では、出演者が一堂に集まり親ぼくを深めた。
 13日はプロ劇団の共演。人形劇団クラルテ(大坂)が「ずんぐりいもむし」、人形劇団ぽけっと(岐阜)が「したきりすずめ」、エツコワールド(東京)が「ねずみのすもう」、人形劇団えりっこ(札幌)が「ゆかいなハンス」を熱演。子供たちは人形たちの活躍を間近で食い入るように観賞し、愉快な演技に歓声を上げながら、人形劇の世界を満喫していた。

(写真=多彩な種類の人形劇の上演で来場者を楽しませた人形劇フェスティバル)

[ 2003-10-14-17:30]

クリーンな活動を
衆院選で名寄署に取締本部

 【名寄】28日に公示される、第43回衆議院議員総選挙の選挙違反取締本部が、全道の各警察署で設置され、名寄警察署(齋藤陸夫署長)でも同署刑事課前に取締本部を設置、悪質な選挙違反に目を光らせる。
 10日の衆議院解散を受け、総選挙は28日公示、11月9日投票の日程に。北海道第六選挙区からは4氏が立候補を表明しており、激戦が予想される。
 同署では「選挙の公平性から、いかなる違反に対しても厳しい姿勢で取り締まる。また、違反に結びつくと考えられる行為があれば警告していきたい」とクリーン選挙を呼び掛けている。

(写真=刑事課前に取締本部の看板を設置した名寄警察署)

[ 2003-10-14-17:30]



2003年
10月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日

その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.