地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年9月9日



名寄市に参加を要請へ
上川北部合併協・9項目の原則前提に

 【下川】上川北部5町村任意合併協議会(会長・岩木実美深町長)の第3回協議会が、9日午後2時から町バスターミナルで開かれた。第2回協議会で「宿題」となっていた名寄市参加問題で活発な議論。結局、「早急に名寄市に対し、対等合併など9項目の基本原則を示し、協議会参加を打診する」。それと並行して「従来の5町村による合併パターンも作成し、住民に示す」などの方向をまとめた。
 この日は風連町、下川町、美深町、音威子府村、中川町の5首長、議会議長、議会特別委員長、経済団体代表、住民団体代表の全員と事務局関係者全員が出席した。岩木会長あいさつ、事務局の経過報告の後、協議事項の名寄市とのかかわりについて議論。中川町、音威子府、風連町が「名寄市を参加させるべきだ」との意見。
 下川町は「名寄市の参加を拒否するものではない。9項目の基本原則受け入れを前提に協議会に参加呼び掛けを」。美深町は「5町村での十分な協議がなされておらず時期尚早。4大化や高校間口問題で住民には名寄への不信感もある」など率直な意見。
 岩木会長のとりなしで、「名寄市への協議会参加を求め、同時に5町村でのシミュレーションも描く」との意見がいったんまとまったが、風連町などから「名寄市に参加を求めた後は、6市町村の協議会のみとし、5町村のシミュレーションは不要」などの意見。結局、「住民により多くの選択肢を示すことが必要。2つのシミュレーションを」との方向をまとめ、まず名寄市に5町村がまとめた9原則を早急に示すことになった。
 名寄市問題では、町村間で微妙な温度差があり、この日も綱渡り的な議論となった。このほか「市町村合併についての判断材料」の組み立てが事務局から示され、「地域振興局」(仮称)の考え方などを今後、煮詰めていくことになった。
 傍聴席には、一般町民のほか、町内外の議会関係者らが訪れた。

(写真=各町村から傍聴者も訪れ真剣な議論が行われた合併協議会)

[ 2003-09-09-18:00 ]

20チームが熱い走り
ツール・ド・北海道国際大会〜道北地方舞台に

 【名寄・美深】2003ツール・ド・北海道国際大会が、10日から開催される。11日の第1ステージは旭川市〜名寄市間、12日の第2ステージは美深町〜稚内市間などを舞台に選手たちが熱い走りをみせる。
 国内最大の自転車レースで、海外6チーム、国内実業団8チーム、国内大学6チームの合わせて20チーム、総勢100人(1チーム5人編成)が参加する。
 日程は11日から15日までの5日間。舞台は旭川市〜名寄市間の第1ステージ、美深町〜稚内市間の第2ステージ、宗谷管内豊富町〜留萌市間の第3ステージ、滝川市〜札幌市の第4ステージで、総距離765キロを駆け抜ける。
 第1ステージは、旭川市をスタートしてゴールの名寄市を目指す181キロ。道道と国道を走り、途中、鷹栖町、和寒町、幌加内町、士別市、朝日町、下川町、風連町を通過。ゴール地点となる浅江島公園前は午後1時10分から同50分まで交通規制し、公園内の特設会場では表彰式のほか、自転車、帽子、ハンカチなどが当たる抽選会が予定されている。
 第2ステージは、午前9時に美深町民体育館前をスタート、ゴールの稚内市北防波堤ドーム前までの181キロ。国道40号線と275号線などを走る。スタート地点となる町民体育館前なども交通規制が行われる。
 大会を盛り上げるため、岩木実町長がスターターを務めるほか、午前8時半から美深一輪車クラブの会員10人が演技披露する。

[ 2003-09-09-18:00 ]

榊さんが最優秀賞
美深のジュニアフォトコンテスト

 【美深】美深町子どもセンター協議会(会長・染木圭男美深小学校教頭)による、第1回ジュニアフォトコンテストの審査結果がまとまった。
 少年の目でとらえた夏休みの思い出を記録に残そうと、初めて実施。人物、動物、風景など題材は自由にし、町内の小学生を中心に作品を募集、美深小学校児童から7作品が集まった。
 作品は、力強さを感じさせるクワガタや、口を開けてかたまって泳ぐコイ、きれいな夕焼け、飛行機など、子供たちならではの視点で一生懸命に撮ったものばかり。
 作品は、協議会が年4回発行しているハンドブック「フロンティア」に掲載する。
 結果は次の通り。
 ▽最優秀賞=「あたしンちの くわがた虫」榊エリ子(美深小学校3年)▽優秀賞=「こっちに コイ!」渡辺実知香(同同)、「なかよし」佐土原実生(同1年)▽優良賞=「夕やけ」浅野達也(同3年)、「ファントム」井川康輔(同同)、「モニュメントと遊ぶ」渡辺栞(同4年)、「フラッシュ」榊晃平(同2年)

(写真=最優秀賞の「あたしんちのくわがた虫」)

[ 2003-09-09-18:00 ]

吹奏楽部活動を支援
風連LCが中学校に25万円

 【風連】風連ライオンズクラブ(菅野正雄会長)は、8日午後6時半から風連町商工会館で例会を開き、風連中学校吹奏楽部(染木玲乃部長、部員18人)にトロンボーン購入資金25万円を寄付した。
 楽器購入協力の要望があり、青少年健全育成事業として実現。現在、吹奏楽部は18人で活動。これまでも楽器を更新してきたが、トロンボーンの老朽化が特に目立ち、活動に支障をきたしていた面があった。
 例会には田中雅司校長、吉沢廣治教頭、染木部長、白鳥彩乃副部長が出席。菅野会長から「楽器の購入を支援します。購入後はたくさん練習してください」と寄付を手渡した。これを受けて染木さんと白鳥さんは「ありがとうございます。いい演奏ができるよう頑張ります」と謝辞を述べた。

(写真=吹奏楽部代表に寄付を手渡す菅野LC会長・右)

[ 2003-09-09-18:00 ]

 



2003年
9月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日




その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.