地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年9月8日



事業実施にも影響が…
名寄商店街連合会・7年間で会員35件減少

 【名寄】名寄市商店街連合会の加盟会員数が、減少傾向にある。ここ7年間で42件の会員が減ったのに対して、新たに加入したのはわずかに7件だけ。中心商店街で空き店舗が増えていることを示す数字で、既存商店街の振興の在り方にも影響しそうな状況。商店街連合会では、今年50回目を数えた北のカーニバルを主催しているが、会員数の減少は主催行事の継続実施にも影響を与える事態となっている。
 商店街連合会には商店街振興組合名よせ通り、5丁目商店街振興組合、商店街振興組合名寄名店街、アカシヤ通り南大通会、二条会、大通り会、4条5丁目会、4条睦会、4条6丁目会など市内の中心商店街に位置する9つの商店街で構成。会員数は15年度現在で5丁目の54件を最高に、名よせの34件など合わせて183件。
 7年前(平成8年度)の会員数は9商店街合わせて218件あった。だが、名よせが16件減ったほか、5丁目が13件、名店街8件、4条6丁目会3件、4条睦会2件といずれも減り、減少数は合わせて42件に。これに対して、増えたのはアカシヤ通りが4件、二条会2件、大通り会1件の合わせて7件。差し引き35件の減となっている。
 減少数が多いのは、名寄のメーンストリートとされている場所。空き店舗が増えている実態を確認させる数字につながる。
 空き店舗に次の店舗が入らないのは、商店街の地盤沈下をうかがわせる。また、商店街にとってシャッターを閉めたままの店があることはマイナスイメージを強くするもので、空き店舗対策が商店街振興の大きな課題となっている。
 加えて、加盟店減は、各商店街活動の停滞につながるだけではなく、連合会そのものの行事にも影響が出てくる。連合会では「てっし・名寄まつり」の最終日を飾るイベントとして、アイデア凝らした仮装を楽しむ「北のカーニバル」を主催してきた。だが、会員数の減で、会員1戸当たりの負担が大きくなり、継続開催を控えることにもつながりかねず、商店街活動は難しい局面を迎えている。

[ 2003-09-08-17:00 ]

良い作柄に期待込め
上川支庁長出来秋調査・風連の及川さん宅で

 【風連】青木次郎上川支庁長の農作物出来秋調査が8日に実施され、本紙管内では風連町豊里の農業、及川唯夫さん(52)宅を午前11時20分に訪問した。
 調査は、収穫期を前に例年実施。今年は管内の水稲作柄が悪く、市場や一般消費者の間で米の品薄感が出つつある。だが、現状では平年よりは悪いものの、昨年よりは良い状態で、これらを踏まえ、広まりつつある悪いムードを払しょくしたい意向もある。
 青木支庁長、吉川孝志同農業振興部長ら支庁関係者4人、風連町から柿川弘町長と小室勝治農林課長、名寄地区農業改良普及センター職員も参加した。
 及川さん宅は「はくちょうもち」と「風の子もち」を8.4ヘクタール、大豆、小豆、ダイコン、長イモを約6.7ヘクタール作付け。今年は肥料を減らしたことで寒さに負けずに育ち、水稲は順調。反収も7俵前後の見通し。
 柿川町長、農業改良普及センター職員、及川さんからほ場の説明を受けた青木支庁長は稲を手に取り「不稔が多い中でも、順調に育ち、高い品質で、一定程度の量が確保できるほ場もあることが分かった。なんとか良い出来秋を迎えてもらいたい」などと語った。

(写真=風連の及川さんのほ場で水稲を視察する青木支庁長ら)

[ 2003-09-08-17:00 ]

下川は決勝で敗れる
道北少年野球の新人戦

 【下川】北海道軟式野球連盟名寄支部主催の第十六回道北地区少年野球大会が6、7の両日、下川町営球場で開かれた。
 小学生5年生以下の選手が出場する新人戦。地元のほか名寄、風連、美深、音威子府、歌登から7チームが参加した。
 下川少年団は決勝で歌登少年団と対戦。歌登も鍛えられたチームで、特に投手の小椋航平君(5年)は「中学生クラス」(大会関係者)の本格的な速球派。下川少年団は、主将・投手・4番の藤本尚弥君(5年)を中心に必死に食い下がったが、小倉君の前に4回コールド負け。小椋君は参考記録ながら、完全試合を達成した。

(写真=2日間にわたり熱戦展開の道北地区少年野球新人戦)

[ 2003-09-08-17:00 ]

ノルディックウオーキング講習の参加募集

 【名寄】名寄歩くスキー協会、名寄市体育協会主催のノルディック・ウオーキング初心者講習会が、28日午後1時半から市民文化センターなどを会場に開かれる。
 ストックを使い歩くスポーツ。年齢を問わず誰もが楽しむことができ、全身運動で健康維持や体力づくりに効果的。
 ノルディック・ウオーキングマスタートレーナーの石崎政憲さん(サッポロスキッド社長)を講師に招き、講習や浅江島公園での基本実技などを学ぶ。
 参加対象は同協会員、一般市民。受講料は無料(ストックレンタル料500円)。申し込みは24日までに名寄市スポーツセンター(3−6627)。問い合わせは、同協会事務局の池さん(2−5479)まで。


[ 2003-09-08-17:00 ]

 



2003年
9月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日




その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.