地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年8月9



交付税決定を受けて再検討
単価見直しも好材料
名寄短大4大化の収支計画など・12日に議員協で説明

 【名寄】15年度の普通交付税が決まった。名寄市関係で名寄短大分の交付税は、前年度よりも増えたが、傾向として名寄短大の4大化にプラス材料となるものと受け止めている。市は交付税の決定を受け、4大化への新たな収支計画や財政計画を策定し、12日の市議会議員協議会で計画内容の説明を行う。名寄短大の4大化に関しては、財政問題が大きな課題となっており、市は議員協議会で財政見通しの詳細など説明する考えだ。
 名寄市の15年度普通交付税は、50億9905万9000円(前年度対比2億3848万円減)。だが、国が20年間交付税措置する起債発行を認める臨時財政対策債発行可能額は6億9069万3000円となり、合計で57億8975万2000円。前年度よりも2700万円の増。
 普通交付税の中で、短大関係分は総額で4億4703万2000円。計算単価は看護科が学生1人当たり113万円、生活科学科が78万3000円となっていた。前年度対比で単価をみると、看護科が1人当たり4万円の減に対し、生活科学科は5万2000円の増。このほかに前年度よりも学生数が19人増えた要因もあって、総額は前年度対比で2754万1000円の増となった。
 名寄市は、これまでの短大4大化への試算に当たり、交付税は一律3.4%落ち込むケースと、前年度並みの二通りを想定。だが、結果は生活科学科で伸びるという内容。また、1人当たり4万円の減となった看護科だが、4大の場合をみると、逆に前年度よりも伸びていた。
 市によると、本年度の大学関係分の交付税をみると医学部系、理工学部系が伸び、芸術学部系などは落ちたようで、経費がかかる実態に合わせた内容との分析。
 短大の4大化に向けた大きな課題として、これまでの市民議論などから、財政問題が浮き彫りになってきた。多額の初期投資がかかる。加えて、4大化に伴い全学年で学生定員を満たすまでの経過期間中の財政負担などを考慮するとき、財政状況が厳しさを増し、不安材料として指摘もあった。特に、歳入に大きなウエートを占める交付税の削減が見込まれる状況にあって、改革の必要性は認めても、慎重な対応を求める声が出ていた。
 このため、市は地方交付税の動向などを見ながら、計画の再検討を行い、予定していた17年度開学を延期する意向を示していた。だが、15年度の交付税決定により、一定程度の国の方向性もみえてきたことから、4大化への収支計画や財政計画を策定し直し、議員協議会で説明を行うことにした。

[ 2003-08-09-16:00 ]

猿まわしの芸に笑い
美深でチンドン屋と公演

 【美深】COM100文化ホール自主事業実行委員会主催の「猿まわしとチンドン屋」が、8日午後6時から町文化会館で開かれ、猿の芸などに子供から大人まで楽しんだ。
 出演したのは、全国各地で猿まわしの楽しさを伝えて活動している福岡県の猿舞座と、道内を中心に活動している札幌チンドンパラダイス。
 メーンの猿まわしではハンカチで涙を拭く演技や踊り、跳んで輪をくぐる芸などを披露した。集まった子供たちは、愛きょうたっぷりの猿に喜び、会場からは終始笑い声が聞こえていた。
 札幌チンドンパラダイスの3人は客席入り口から登場。聞き覚えのある「竹にスズメ」や「美しき天然」など、チンドン屋らしい陽気な曲を披露。「蒲田行進曲」や「鉄腕アトム」の懐かしい曲で楽しませていた。

(写真=愛きょうたっぷりの芸で楽しませた猿まわし)

[ 2003-08-09-16:00 ]

高価格の下水施設清掃に注意

 【名寄】名寄市内では8月に入り、名寄市の依頼を受けたかのような話で、一般家庭のマンホールや排水管の清掃を行うよう勧誘し、通常価格よりかなり高い料金を請求する業者(市外業者)が各家庭を巡回、市では注意を呼び掛けている。
 市建設部下水道課では「個人宅の排水管点検や清掃などを特定の業者に依頼はしていない」と説明しており、点検・清掃が必要な場合は、同課か、名寄市の指定店へ依頼するように話している。

[ 2003-08-09-16:00 ]

〜道北アラカルト〜
万が一に正しい処置を

上川北部消防事務組合のハイブリッドカー事故対応講習会が七日午後、名寄消防署で開かれた。
 ハイブリッドカーは、電気とガソリンを使って走るため二酸化炭素の排出抑制。環境に配慮した車として普及が図られている。
 同組合では今年5月にも、同様の講習を行ったが、メーカーによってバッテリーの積載位置などの違いがあり、事故発生時に正しく処置できるよう理解を深めた。
 同組合管内の消防署員30人が参加。本田技研サービス技術センターの職員が、車の基礎的構造を説明したあと、実際の車で高電圧回路の遮断方法、救助作業中にエアバッグが作動しない処置、バッテリー液が流れ出た場合の対処法などを確認した。

(写真=ハイブリッドカーの構造を確認した事故対応講習会)

[ 2003-08-09-16:00 ]

 



2003年
8月
1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日




その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.