地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年6月19



18年開学へ内部作業は継続
希望を捨てていない
島市長が短大学長と話し合い・合併議論にも配慮

 【名寄】「18年度開学に向けた内部作業は継続する。希望は捨てていない」。島多慶志市長は、18日午後3時から市役所で松岡義和名寄短大学長と話し合いの場を持ち、考えを伝えた。併せて、短大改革が市町村合併議論の障害とならないように配慮して議論を進める姿勢を示した。
 短大4大化問題については、同学の改革構想に基づき進められていた。6月の市議会定例会で施設設計費を計上する意向だったが、道との協議で地方交付税削減など不透明要素が多いことを受け、島市長は、市議会の行政報告で改革を「留保」する意向を示した。
 島市長は松岡学長との話し合いで「18年度開学に向けた内部作業は継続」と。同時に(1)国立大学の独立行政法人化の動きがある中、連動する形で一定の取り組みをしなければならないとの認識を持ってもらう(2)現行案が、より良いものであったとしても、見直しする部分がないか(3)人件費積算の修正部分がないか―などの点を学内検討することも求めた。さらに、短大改革が市町村合併議論の中で障害にならないよう、配慮した協議や作業を進める考えを伝えた。
 松岡学長との話し合いを終え、島市長は「短大との協議で、手を抜いた気はない。改革時期がずれ込んだことへの学内不安が内在していることは承知している」とコメント。これまで積み上げてきたプランを、財政的に支えられるかのシミュレーションしたうえで議論したいと付け加えた。

[ 2003-06-19-17:40 ]

国際理解の推進目指し
風連高校がACT招き授業

 【風連】風連高校(大柳正憲校長)に18日、中国語指導助手(ACT)が来校、同校2年生に中国語を指導した。
 国際理解教育を積極的に進めている同校。主なものでは、町教育委員会の協力で町のALTを招いた英語授業、1年生のオーストラリア研修などがある。
 ACT招致は、国際理解の一環で、異文化学習も含めた学習。指導には、札幌国際情報高校に在籍するACT、王涛(ワン・タオ)さんが当たった。
 2校時に2年B組、3校時に同A組の授業。ともに、国語の表現分野として、王さんから中国語のあいさつ、数の数え方や「風連高校を中国語で発音すると、フンリェン(風連)ガオチョン(高校)になります」など。楽しい雰囲気で進められた。
 王さんは、今回を皮切りに、9月、11月、来年2月の計4回、同校で中国語指導する。

(写真=2年生に中国語を指導するACTのワン・タオさん)

[ 2003-06-19-17:40 ]

適正配置の方針など
名寄市高校将来像検討協・武田主幹迎え研修会

 【名寄】第2回名寄市高等学校将来像検討協議会が、19日午前10時から市役所で行われた。
 道教委の公立高校適正配置計画で高校間口削減が問題地域問題になっている。その中で、今後の高校の在り方を検討する協議会。学識・産業界経験者や学校関係者17人構成。
 今回は研修を兼ねて開いた。道教育庁企画総務部の武田和弘主幹を迎え、公立高校配置の基本指針と見通しの講話。委員と事務局、傍聴者など25人が出席した。
 武田主幹は「適正配置計画は選択幅の広い教育課程の構成、特別活動や部活動などを効果的に展開する観点から一校当たり4〜8間口を望ましい規模としている。名寄市内には3校10間口、周辺町村に5校7間口ある。収容率は高いが、入学者は少ない。名寄市内ばかりでなく、周辺の高校も統廃合を考えなくてはいけない」などと説明。
 出席者はからは「市町村合併が問題となっているが、今後の通学区域は」「名寄には職業学科が多いが、70%が普通科への進学を望み、子供のニーズに合わない」の声。武田主幹は「通学区域は現行のままで、市町村合併が落ち着いてから検討。職業学科は全道一区のため統廃合は難しいが、この配置でよいかの議論は必要」と答えた。

[ 2003-06-19-17:40 ]

宮坂・岸下ペアが5位
名寄農業高校ソフトテニス部・個人戦で全国大会へ

 【名寄】名寄農業高校男子ソフトテニス部から、宮坂彰・岸下哲也組が、このほど開かれた高体連全道大会で5位に入賞し、インターハイ出場が決まった。選手本人や部員、学校関係者は喜んでいる。
 同校男子ソフトテニス部は18人が所属。顧問・監督の早川真司教諭が指導に当たる。これまで、インターハイに3回出場している。また、ハイスクール・ジャパン・カップ2003北北海道大会では、南部慎介・合歓垣翼組が優勝、20日から札幌市で開かれている全国大会に出場する。同校でソフトテニスをするために、入学する生徒もいるほどの実力を持つ部だ。
 インターハイは8月6日から長崎県で開かれる。宮坂君は「インターハイでは自分の持っている力を発揮して頑張りたい」。岸下君は「一試合、一試合に全力で挑みたい」と抱負を語る。

(写真=全道大会で活躍した名寄農業高校のソフトテニス部員)

[ 2003-06-19-17:40 ]

 



2003年
6月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日



その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.