地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年6月18



年内に地域ビジョン
名寄市水田農業推進協・7月から懇談会を実施

 【名寄】名寄市水田農業推進協議会(会長・島多慶志市長)は、地域水田農業ビジョンを策定する。国が米政策大綱を決定したのに伴い、多様な担い手が支える地域水田農業のシステムづくりなどを盛り込んだビジョンを作成するのが目的で、売れる米づくりの対応が求められる。7月から各集落で地域懇談会を開き、生産者の声を反映させていく。
 国は昨年12月、米政策大綱を決定した。水田農業政策を転換する。地域水田農業ビジョンは、大綱を網羅し生産・経営対策を一体的に取り組むためのもの。同時に大綱で新設された助成金の産地づくり推進交付金を受ける条件に、ビジョン策定がある。
 名寄市では、市内の関係機関、団体で構成する「水田農業推進協議会」がビジョンを策定。7月上旬に制度改正の説明を兼ねて、営農集団長などを招き意見交換会を開く。その後、8月にかけて地域懇談会を市内24カ所で開催。早ければ年内にもビジョンを完成させる考え。

[ 2003-06-18-16:40 ]

高速通信で民間と協議
下川議会で町長答弁・休校舎で農産加工

 【下川】第2回定例町議会2日目の19日は、午前10時から一般質問が行われ、新人議員3人が質問に立ち、活発な論戦。これに対し安斎保町長は「休校の上名寄小学校を、農村女性が農産物加工に活用できる施設としたい。民間企業とブロードバンド通信導入の検討に入っている。五味温泉で木質バイオエネルギー導入の可能性を探りたい」など答弁した。
 トップは高原大議員。新たな農業振興施策として「休校の上名寄小の活用を」など。
  安斎町長は「上名寄小は農村女性が農産品加工で活用できる施設を検討中。
 南邦彦議員は「町職員の部下と上司の評価制度導入を。起業家精神を意識させる制度、課長職の立候補制度を。場合により職員の降格も必要。ブロードバンド環境を」。
  町長は「職員の評価制度を取り入れている市もあり国も検討中。あくまでも適材適所。課長職の希望申告制は取り入れたい。降格は民間企業と異なり、犯罪などでもない限りできない。ブロードバンドは民間企業と協議中」。
 三津橋雄孝議員は木質バイオマス研究開発で「遅れをとることなく、しっかりした対応を」。
  町長は「本年度は五味温泉で取り入れ可能かどうかの検証を行いたい」。

[ 2003-06-18-16:40 ]

昼食交流など多彩に
28日に美深で・松山湿原フェスティバル

 【美深】美深町観光協会主催の第9回「びふか松山湿原フェスティバル」が、28日午前10時から町内仁宇布の松山湿原で開かれる。
 登山愛好者が交流を深めるもの。標高797メートルの山頂まで登り湿原を散策。下山後、仁宇布農村公園で交流会を開き、ジンギスカンを囲んでの昼食や特製山菜汁の無料サービス、抽選会を行う。
 イベントでは、3年間連続参加者を対象に抽選でペア5組をびふか温泉に1泊招待する恒例の特典。トロッコ特別割引券の販売、ヤマメ釣りやヤマメすくい(小学生以下のみ対象)のほか、限定150個の記念バッジを800円で販売。
 参加料は昼食交流会(肉、おにぎり、山菜汁付き)1人700円、交流会とトロッコ割引券(10月26日まで有効)が小学生以下1,000円、中学生以上1,500円、交流会とヤマベ釣り(さお1本貸し出し、えさ付き)1,000円。マイカー利用者は、当日午前9時半までに同公園前に集合すること。

[ 2003-06-18-16:40 ]

男子生徒4人と判明
名寄中のガラス85枚破損

 【名寄】名寄中学校(笠井毅明校長)で、10日夜から11日早朝にかけて窓ガラス85枚が割られる事件が起こった。その犯行は同校男子生徒4人によるものだったことが、18日までに判明した。同校は朝に全校集会を開き、生徒に事情を説明した。
 事件後、同校は名寄警察署に被害届を提出していた。12日午後7時ごろ同校2年の男子生徒4人と保護者全員が学校に名乗り出た。
 現在、4人の生徒は通学し、放課後は警察署で事情聴取を受けていている。学校の話によると、ガラスを割った動機に特別なものはないとのこと。
 藤原忠教育長は「4月以降、学校の指導が成果を上げていた。このようなことが起きたのは断腸の思い。生徒が動揺することなく、しっかりとした意識で生活をしていくことを期待している」と話す。
 ガラス85枚の被害額約50万円は、生徒の父母らが弁済する。

[ 2003-06-18-16:40 ]

 



2003年
6月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日



その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.