地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年6月15



ごみ有料化条例など
17日から下川議会・収入役は助役兼掌へ

 【下川】第2回定例町議会は、17日午前10時から町議場で開かれる。会期は19日までの3日間。主な議案に、収入役を廃し、助役が収入役事務を取り扱う町収入役事務兼掌条例、機構改革に伴う課・室設置条例の一部改正などがある。
 議案は20件。ごみの有料化、国保税のアップなど重要議案が含まれるほか、任期満了に伴う助役の選任の人事案件。18日は午前10時から一般質問、最終日は午後3時から本会議を再開する。
 議員定数が12人に削減されたが、委員会中心の審議形態を原則維持している。補正予算などは、6人の総務文教常任委員会で審議、3月の新年度予算案は全体で審議する方針を決めた。
 主な議案はは、収入役を置かずに助役が事務を兼掌する町収入役事務兼掌条例。下川町ふるさといきいき定住促進条例は、現行の持家住宅建設促進条例などを包括した条例の制定で、緑町の町勤労者住宅地取得者に最高20万円をはじめ、持家住宅建設(最高150万円)、地域材利用(同110万円)などを含み、町の補助は最高280万円。
 課・室設置条例の一部改正は、機構改革に伴うもの。総務課に行財政改革推進室を設置。税務課と住民生活課を統合し税務住民課、町づくり推進室と企画課を統合し企画課、水道課と建設課を統合し建設課に。現行の9課1室を7課に統合しスリム化を図る。
 国保税条例の一部改正は、税率をアップ。均等割2万2,400円を2万9,000円、平等割2万7,500円を3万円に改める。
 町ごみ処理・資源化・再利用促進条例の一部改正は、現在無料の家庭系ごみを来年4月から有料化するもの。専用のごみ袋を購入する形で実施。ただし、町の処理施設に直接搬入する場合、家庭系廃棄物(資源物、有害危険ごみを除く)は、現行無料を有料に、事業系一般廃棄物は現行の有料を、料金改定する。
 一般会計補正予算は3億2,200万円追加。パークゴルフ場整備(管理棟、あずまや、トイレなど)1億1,890万円、ジャンプ少年団用マイクロバス・スキー場圧雪車購入3,300万円、安原公園整備800万円など。

[ 2003-06-15-16:45 ]

地域の安全を確保
郵便局と警察が協定

 【美深】美深地区の郵便局と美深警察署(和泉憲冶署長)は、犯罪や事故を防止する「地域の安全に関する協定」を結び、13日に同署で調印式を行った。
 北海道警察と日本郵政公社北海道支社が、5月下旬に同協定を締結したのに伴うもの。道内の各郵便局と警察署が調印している。郵便局員による、地域のつながりを生かし、不審人物や車両、交通事故や犯罪を見聞きした場合、業務に支障のない範囲で地域安全確保へ警察に情報提供、通報する。
 調印式は美深地区の郵便局(美深、恩根内、音威子府、中川、咲来、佐久)を代表して、千葉智美深郵便局長、美深警察署は和泉署長が協定書を取り交わした。
 和泉署長は「これからは、より一層連携を密にして地域住民の安全確保を図れるよう、よろしくお願いします」。千葉局長は「警察署と郵便局が地域のよりどころとなるよう、全職員力を合わせて努力したい」とあいさつ。郵便局と警察の連携を深める。

[ 2003-06-15-16:45 ]

ヒット曲中心に披露
7月3日に美深で・海援隊トークライブ

 【美深】COM100文化ホール自主事業実行委員会主催の「海援隊トーク&ライブ」が、7月3日午後7時から町文化会館で開かれる。
 海援隊は、昭和46年に、俳優・歌手の武田鉄矢さんをはじめ、中牟田俊男さん、千葉和臣さんの3人で結成。「母に捧げるバラード」「贈る言葉」のヒット曲がある。57年に解散したが、平成4年に再結成。現在はテレビやツアーを中心に活躍。
 ライブは過去のヒット曲を中心に披露するほか、来場者とのトークもある。
 チケットは前売り券3,000円、当日券3,500円。美深町内は同館窓口、大丸佐藤商店、オオミヤ、全日食チェーンいけの。名寄市内はさしかわ楽器店、レコードショップよこおか西條店、TSUTAYA名寄店で取り扱っている。
 問い合わせは同館(01656-2-1744)へ。

[ 2003-06-15-16:45 ]

きれいな学校づくりを
風連中生徒と父母が花壇整備


 【風連】風連中学校(田中雅司校長、生徒153人)の花壇整備作業が12日午後、同校で行われた。
 花壇作りを通じて、生徒に美しい環境や自然を守る意識の高揚を図ることが目的。同校PTAが協力した。
マリーゴールド、サルビア、アゲラタムなど九種類で1,020本。すべて父母や地域住民から提供された。
花壇は幅2メートル、長さ10メートルの大きさが7カ所。各学年、父母と生徒、住民が分担して取り組んだ。
生徒たちは、色とりどりの花の配列を考え、ユニークな花壇をデザイン。ポットに入った苗を並べて配置を確認ながら「デザイン通りに植えてきれいな花壇に仕上げよう」と、スコップを手に熱心な作業風景を見せていた。

(写真=きれいな花が咲くようにと花壇を作る生徒たち)

[ 2003-06-15-16:45 ]



2003年
6月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日



その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.