地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年6月13



審査チームが合格点
下川町の森林認証・2,000ヘクタールが道内初認定へ

 【下川】環境や自然にやさしく、地域に貢献できる、持続可能な森林かをチェックする森林認証(FSC)の本審査が、10〜12日まで、町内の国有林、町有林、民有林で行われ、「軽微な改善点はあるが、認証すべきもの」と審査チームは合格点を与えた。これで認証決定は確定的で、9月には道内第1号の森林認証となる見込み。
 FSCは、森林破壊や地球温暖化など、地球規模の環境問題の完全を目指し、非政府組織(NGO)のFSC(本部・メキシコ)が行う評価システム。関連法令や諸外国との取り決めの順守、計画的かつ適切な管理、林業従事者や地域との信頼関係構築、動植物生息の環境維持など、10の原則と56の基準でチェックされる。
 下川では、1年半前から準備を開始。国有林74ヘクタール、町有林1,013ヘクタールなど、約2,000ヘクタールについて、昨年11月に予備審査を受け、その際指摘された点を改善し、今回の本審査へ。
 審査は、国内審査機関の「SGSジャパン」に所属する矢口哲三さんがチーフ。ケビン・グレースさん(マレーシア)、佐々木聡子さん、地域専門家として北五十嵐恒夫大名誉教授の4人が当たった。書類審査と、現地での審査をから、厳しい質問が次々と出された。
 最終日の12日は、午後2時半から町有林「二〇〇〇年の森」付近で公開審査。上川北部森林管理署、道、上川支庁、町、森林組合や一般町民ら50人が、様子を見守った。
 同日午後4時から森林組合で概要報告会。矢口さんが「いくつかの改善点、観察点があるが、原則や基準に合致した森林経営で、認証すべきものとして報告したい」と、関係者を安心させた。
 改善点は(1)森林憲章が未完成(2)働く人たちとの権利関係を文書で残す(3)準天然林の計画・管理・目的を明確に(4)稀少動植物の保護―など。
 森林認証を目指してきた山下邦廣下川小流域管理システム推進協議会会長は「これがゴールではなく、出発点として努力していきたい」と決意を語った。

(写真=厳しいチェックが行われたFSCによる現地本審査)

[ 2003-06-13-18:10 ]

恒久平和に気持ち新た
風連町戦没者慰霊式に200人

 【風連】風連町奉賛会(生田米男会長)主催の戦没者慰霊式が、13日午前10時から西町公園内の殉公碑前で行われた。
 式は無宗教。町役場北側の西町公園内の殉公碑には日清、日露戦争から太平洋戦争で亡くなった266柱の霊がまつられている。
 遺族98人を含む、来賓など約200人が出席。生田会長が北海道連合遺族会のメッセージを代読し、柿川弘町長が慰霊の言葉を述べた、将来の地域振興を誓った。
 筝曲披露、遺族・来賓が献花し、戦争でなくなった家族に祈りを捧げた。最後に慰霊音楽演奏が行われ、町内の幼稚園、小中学校の演奏と、伝統芸能の風連町獅子舞保存会が獅子舞で戦没者のめい福と平和を祈った。

(写真=殉公碑前で戦没者に花をささげる遺族たち)

[ 2003-06-13-18:10 ]

20日に名寄入り
東京なよろ会のゴルフツアー

 【名寄】東京なよろ会(田中幸一会長)ゴルフツアーの一行42人が、20日に名寄入りし、名寄白樺カントリー倶楽部でのゴルフや観光を満喫する。
 同会は東京近郊に在住する名寄出身者の集まり。昭和60年設立。内部にツアー委員会(北村知一委員長)があり、冬のスキーツアーと夏のゴルフツアーを企画し、毎年名寄を訪れている。
 今シーズンのスキーツアーには、1月下旬を皮切りに、延べ211人が参加。スキーや、名寄の雪質日本一フェスティバル、北の天文字焼き、スノーランタンなど、イベントに参加して楽しんできた。
 ゴルフツアーは平成10年から。今年で6年目。20日午後6時ごろに名寄入りし、同日はなよろ温泉サンピラーで歓迎会。
 東京なよろ会長杯(21日)名寄市長杯のゴルフ大会(22日)を予定。23日に名寄を後にする。

[ 2003-06-13-18:10 ]

よさこいなど多彩に
びふか夜市で町民にぎわう

 【美深】第29回びふか夜市が、12日午後6時から各商店街などで開かれ、多くの町民が多彩なイベントを楽しんだ
 同実行委員会(白井健二委員長)の主催。町内の緑町、日の出町、旭町、双葉会の4商店街ごとに会場を設置。各会場では焼き鳥やフランクフルト、たこ焼き、うどんの軽食やビールなどの出店が軒を連ね、集まった町民たちは初夏を満喫。各商店街単独事業もあり、パークグルフや射的などのゲームと多彩。
 メーンのよさこい踊りでは、美深小学校3〜6年生の児童で組織された「よっちゃれジュニア」が踊りを披露。児童たちは、気合の入った迫力ある踊りで、沿道に集まった大勢の観衆から声援を受けた。商店が在庫商品を持ち寄った「お宝掘り出しマーケット」では、多くの人が真剣なまなざしで品定めする光景が見られた。
 次回は7月11日の予定。

(写真=よさこいをメーンに盛り上がったびふか夜市)

[ 2003-06-13-18:10 ]



2003年
6月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日



その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.