地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年4月26



27日に23候補に審判
名寄市議選挙・大勢判明は午後11時半

 【名寄】名寄市議会議員選挙の投票が、27日午前7時から市内23カ所の投票所で行われる。立候補者の1人で、現職の岡村武氏(68)が25日午後、遊説中に交通事死するアクシデントがあり、最終的な候補者数は、定数22議席を1人オーバーする、まさに少数激戦。投票は午後8時(智恵文地区は午後7時)に締め切られ、午後9時15分から市民文化センターで即日開票される。大勢判明は午後11時半ごろとなりそう。
 任期満了に伴う市議会議員選挙は、20日に告示。現職16人、新人8人の24人が立候補。前回同様、定数を2人オーバー。新人出馬など、票の流れが読みにくく、混戦模様に。
 しかし、現職で4選を目指していた岡村氏が、二25日に交通事故死。公職選挙法により、岡村氏は候補でなくなり、新たな候補を立てることもできず、結果として定数を1人オーバーの選挙戦に。なお、不在者投票で、得た岡村氏の票は無効票になる。
 岡村氏を除き、立候補者が届け出順に岩木正文氏(45)=無所属・新、熊谷吉正氏(55)=社民党・現、栗栖賢一氏(71)=無所属・現、野々村勝氏(61)=自民党・現、高見勉氏(59)=無所属・現、大久保光義氏(77)=自民党・現、猿谷繁明氏(54)=無所属・現、小野寺一知氏(60)=無所属・現、三宅幹夫氏(71)=自民党・現、福光哲夫氏(61)=民主党・現、武田利昭氏(69)=無所属・現、斉藤晃氏(61)=共産党・現、田中之繁氏(59)=自民党・現、駒津喜一氏(49)=無所属・新、高橋伸典氏(43)=公明党・新、植松正一氏(58)=無所属・新、宗片浩子氏(60)=無所属・現、東千春氏(45)=自民党・現、竹中憲之氏(57)=無所属・新、渡辺正尚氏(48)=無所属・現、大石健二氏(51)=無所属・新、佐藤靖氏(46)=無所属・新、黒井徹氏(53)=無所属・新。
 混戦模様の中、各陣営は熱く支持を訴えたが、故岡村氏の事故が発生した25日は、午後の選挙カー遊説の自粛を申し合わせた。26日は喪章をつけて岡村氏に弔意を示しながら、各候補は選挙カーで最後の支持を訴えた。
 不在者投票は25日現在で2,287票、前回(平成11年)の延べ不在者投票数2,306票を上回るのは確実。市立名寄短期大学改革、議会改革、市町村合併など、大きな課題が直面する中、市民の選挙戦への関心は高い。

下川町議選も1人オーバーの激戦
27日午後11時前後に大勢が判明

 【下川】下川町議会議員選挙も、27日が投票日。即日開票され、同日午後11時前後には審判が下る。
 下川町は、町長と町議会議員選挙の両選挙が施行。町長選挙は、現職の安斎保氏(65)が、ひと足早く無投票で2選を果たした。
 一方、町議会議員選挙は、定数12議席に対して、1人オーバーの13人が立候補。少数激戦の選挙になっている。
 町内の選挙基準日(21日)有権者数は3,560人。前回(平成11年)よりも146人少ない。投票率は前回が96.2%。前々回の選挙も96%台で、今回も96%前後と予想される。
 投票は町内13カ所で行われる。市街地区4カ所は午前7時から午後8時、農村地区など残る9カ所は午前8時から午後6時まで。午後9時から町民会館で即日開票。傍聴は先着30人。入場できない人のために、町選挙管理委員会では、町民会館屋外に、開票速報板を設置する。

[ 2003-4-26-20:30 ]

美深の団体職員を現行犯逮捕

 【名寄】25日午後1時半ごろ、名寄市砺波の国道40号線で、名寄市議会議員選挙候補で同市西5北8の名寄市議会議員、岡村武さん(68)が乗った選挙カー(ワゴン車)と、センターラインをはみ出してきた美深町敷島の団体職員、大塚一治容疑者(52)運転の普通乗用車と正面衝突。岡村さんは頭部骨折などで、搬送先の名寄市立総合病院で死亡名寄警察署は、大塚容疑者を業務上過失障害の現行犯で逮捕した。
 現場は、国道40号線と道道名寄遠別線の交差点から約200メートル南側。見通しの良い直線道路。路上にブレーキ痕はなく、同署は大塚容疑者の前方不注意が原因とみて調べている。
 この事故で、選挙カーを運転手していた運動員の大野和弘さん(68)、同乗していた同北川さつきさん(30)、羽生めぐみさん(30)、氏家智美さん(39)、岡村賢一さん(41)らもけが。名寄市の死亡交通事故ゼロは201日でストップした。
        
[ 2003-4-26-20:30 ]

多彩に民族の伝統美
下川モレーナでサリーリ展

 【下川】町内北町のレストラン「モレーナ」でインド、インドネシアなど、アジア中心の民芸品を展示「サリーリ展」が、25日から開かれている。
 上川管内上富良野町で民芸品店「サリーリ」を経営する木下智さんが、インド、インドネシア、タイなどを訪れて収集した、地域に伝わる伝統の民芸品を収集が並ぶ。
 西インド・ラジャスタン地方のショールは、ミラー刺しゅうとパッチワークで独特の美しさ。インド・カシミール地方のカシミアヤギの毛で織った白いショールは、この地方の最高級品。インド刺しゅうのバンジャビドレスやブラウス、スカウトなど洋服も多彩。
 インドネシアのアタは、日本の籐(とう)細工に似た技法でトレー、かご、ざるなど。ネックレスなども。ヤシの実で作った石けん150円から最高は7万円の高級サリーまで、約300点の展示。希望者には販売もしてくれる。
 木下さんは音楽活動もしている。民族楽器・チャランゴを弾きながら旅の話もしてくれる。最終日の27日は午前11時から午後7時まで。入場無料。

[ 2003-4-26-20:30 ]

有効な機械防除推進
風連で関係者が協議会設置

 【風連】風連町内に、水田の機械防除を進める、風連町水田防除機械利用協議会が発足した。風連農協が中心になって取り組む、地域農業再編緊急対策事業を活用した、ラジコンヘリなどの機械防除を有効に進めるための組織。導入する機材の有効活用と安全な農産物生産へ期待が高まる。
 同協議会は、同事業を活用して、町内の農業者有志による風連レッドファルコン(干場利夫代表)が、ラジコンヘリ4機を導入、水田防除を行うことに合わせて発足。機材の有効活用と、効果的な防除を進めて、安心・安全でクリーンな農業を確立し、より高品質な農産物生産を目指す。
 協議会の主な役割は、レッドファルコンをはじめとする、機械防除に関係する、機材の利用基準、料金の決定、利用計画を策定。このほか、機材の更新時は、導入についての検討も行う。
 このほど開かれた、町内の農業生産関連組織の代表者会議で、発足を正式に決定。今後、役員体制を決めるとともに、料金を設定する。
 風連農協によると、レッドファルコンが使用するラジコンヘリは、6月までに納品され、7月中に1回目の防除が行われるのでは―とスケジュールを推測。「この協議会を軸に、効果的な防除を行い、安全で品質の高い米の生産につなげたい」と話している。

[ 2003-4-26-20:30 ]



2003年
4月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
14日PM
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日

その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.