地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年3月8



市内30カ所の公共施設結ぶ
各種行政情報を提供
名寄市イントラネット整備・新年度予算案に計上

 【名寄】市は、15年度に国の補助事業を利用してイントラネット情報通信基盤整備事業に取り組む。市役所と市内の小中学校、図書館などの公共施設をネットワーク網で結ぶもので、行政情報システムの提供、公共施設の利用予約案内システムの確立などし、市民生活にも便利なものとしていく。
 情報通信技術の進展に伴い、15年度はイントラネットの基盤整備に着手するため、当初予算案に1億8,617万6,000円の事業費を計上。国から3分の1の補助を受け、過疎債を利用する計画だ。総合行政ネットワークシステム(LGWAN)の回線整備事業分として1,038万3,000円も計上している。
 具体的には、市役所と市内の小中学校、木原天文台、保健センター、働く婦人の家、総合福祉センター、消防署、市立総合病院など合わせて30カ所の公共施設を光ファイバー網(智恵文支所、智恵文小学校、智恵文中学校、中名寄小学校はISDN回線)による高速電送路「名寄きらきらいきいき高速ネットワーク網」(仮称)で結ぶ。
 情報ネットの構築により、15年度は(1)行政情報提供システム(2)教育情報提供システム(3)公共施設利用予約案内システム(4)LGWANとの接続を実施していく。
 将来的には、市民との間の行政手続きを、自宅や職場などから可能にするほか、行政窓口の総合窓口化により市民の手続き相談などのサービス向上、各種証明書の自動交付機による交付サービスを行う。
 また、行政の効率化、簡素化推進にもつなげ、(1)全庁的なグループウェアの導入、地図情報のシステムの拡充で、情報の円滑な流通・共有化を図る(2)電子文書による総合的な文書管理(3)財務会計システムの導入など行財政改革にも結び付けていく考えだ。

[ 2003-3-8-18:00]

生徒に省力化の技術
搾乳ユニット自動搬送装置・名寄農業高が導入

 【名寄】名寄農業高校(坂本邦和校長)の搾乳ユニット自動搬送装置(キャリロボ)披露会が、7日午後3時15分から同校で開かれた。
 省力化には放し飼い方式が主流だが、同校では現在もつなぎ飼い方式で乳牛を管理している。現行の方式を維持しながら、作業の省力化技術の実践教育に努めようと、同装置を導入した。
 装置は、生物系特定産業技術研究推進機構とオリオン機械株式会社が共同開発したもので、処理室から牛まで天井に設置されたレールに沿ってキャリロボがユニットを2台ずつ搬送。牛乳取り込み口への脱着やユニットの取り外しを自動で行う。2頭同時に搾乳でき、人間が行うことは搾乳前に乳頭と乳房の洗浄、ユニットを乳頭に装着するだけ。
 このような装置は世界初で、全国発売は10月から。これまで六カ所で導入されているが、高校での導入は初めて。
 披露会には、酪農業関係者ら約30人訪れた。装置概要説明のあと搾乳の実演で、実際のキャリロボ動きを見ながら、性能や作業能率を細かく確認していた。


[ 2003-3-8-18:00 ]

「ポポ」活動周知
風連でスタート前イベント

 【風連】総合型地域スポーツクラブの風連スポーツクラブ「ポポ」のPRイベントが、8日午前9時からB&G海洋センターで開かれた。
 総合型地域スポーツクラブは、日本体育・学校健康センターが、サッカーくじ「toto」の利益を運用し、地域の体育振興を図る事業の一つ。
風連町内では、体育指導委員らが中心になり、スポーツ振興をと、同クラブ設立を計画。今年4月からの活動開始を目標に、風連町総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会(松樹恒史委員長)を発足させ、準備を進めてきた。
  PRイベントは、活動スタートを前に、「ポポ」が、どのような活動をするか知ってもらう企画。親子連れなど幼児から大人まで約70人が参加し、フライングディスク、ロープジャンピングなどのレクリエーション、ボクササイズ、ウオーキングエクササイズなどにチャレンジ。
 子供と一緒に楽しむ姿や、日ごろの運動不足解消にとエクササイズで汗を流したりと、思い思いにスポーツに親しんでいた。

(写真=町民70人が参加した風連スポーツクラブのイベント)



[ 2003-3-8-18:00 ]

イグルーやゲーム
雪を友に自然を楽しむ

 【名寄】名寄市北国博物館主催の「雪とあそぼう!」が、8日午前9時半から同館周辺で開かれた。
 小学生と保護者33人が参加。館職員の説明を聞いて、イグルーづくりから開始。キマロキ近くで、硬い状態の雪をスコップやのこぎりを使ってブロック状に切り出した。このブロックを台形に整え、協力しながら積み重ねた。足にビニール袋をかぶせて「つるつる綱引き」で体を動かしたあとは、温かい食事で体を温めた。
 午後からは、雪積み競争やかんじきレース、500ミリリットル入りのペットボトルと雪を使ったアイスクリーム作りにも挑戦し、冬の野外を楽しく過ごす方法を体験した。

(写真=冬の野外遊びを体験して楽しんだ「雪とあそぼう」)


[ 2003-3-8-18:00 ]


2003年
3月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.