地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年2月27日


総額73.8億円のスリム編成
投資的経費が大きく増
風連町15年度予算・施設建設3件など中心に

【風連】風連町の15年度予算案が、27日午後4時から町役場で発表された。一般会計は43億4700万円(前年度比0.6%増)。一方、特別会などを加えた総額は73億8,157万円(同0.1%)減。厳しい財政を背景に、住民サービス見直し、受益者負担の公正化、職員・特別職給与・報酬カットに踏み切り財源を確保し、効率性を求めた緊縮予算だ。
 町は現在、第三次総合計画後期計画と財政健全化計画を施行。だが、当初計画よりも、地方交付税減など状況は厳しくなっている。
 こうした背景から、新年度から職員、特別職の報酬と給与のカット、施設利用の有料化、一部住民サービスの見直しを実施し、財源の確保と効率化に努めた。
 新年度予算案のうち、一般会計4の構成は、自主財源が5億7,024万円(13.1%)、依存財源が37億7,675万円(86・9%)。一般会計の中で最も高い比率を担っているのは、地方交付税の21億9,400万円(50.5%)を見込む。それでも、対前年度当初比3億4400万円(13.6%)の減と、厳しい見積もり。
 このほか、歳入の中では町債が6億7860万円(同81.6%増)。歳出の公債費は7億512万4000円で、歳出の16.2%を占める編成となった。

[ 2003-2-27-19:00 ]

町長8.2%、助役ら5%
下川で史上初年間支給額減・議員らも5%余り

 【下川】町と町議会は、新年度から手当のカットを行う。特別職は年間支給額を5〜8.2%、町議会で4.9〜5.7%を減額する方針だ。地方交付税の大幅減など厳しい財政状況への対応措置で、改正条例が次期定例町議会に提案される。
 内容は、月額を据え置き、期末手当4.65カ月から3.45カ月に引き下げ。これによって、町長(月額79万円)の場合、手当カットにより年間支給額で114万円(8.2%)の減額。助役(同63万円)、収入役(同57万8000円)、教育長(同)も同様で、現行の年間手当4.65カ月が0.7カ月カットされ、3.95カ月に。年間支給額は助役が55万6000円、収入役と教育長が51万5000円(年間5%)の減になる。
町議会は、町特別職報酬審議会(矢内真一会長)が26日午後、「議会議員報酬額の改訂答申書」を提出。町議会では「議会が率先し、行財政改革を」と、現行の議員定数14人から2人削減し、12人にしたばかり。さらに、理事者側の対応を受け、経費削減の協議が行われていた。
 審議会の審議経過と答申によると、議会が受け取る、現行年間4.65カ月の期末手当を1.4カ月を減らし、3.25カ月に。だが、このままだと年間支給額が8%前後の減額となってしまうため、5%前後に抑えるよう配慮するため、月額報酬を現行よりアップするややこしい改訂。
 議長は月額25万円を26万円(4%)、副議長19万9,000円を20万8,000円(4.5%)、委員長17万8,000円を18万6,000円(4.5%)、議員16万7,000円を17万5,000円(同)とする。
 この結果、報酬(年額)は、議長が24万5,000円(5.7%)副議長17万9,000円(5.2%)委員長16万1,000円(5.2%)議員14万3,000円(4.9%)の減となる。

[ 2003-2-27-19:00 ]

生活習慣の改善を
美深町でヘルスサポーター21

 【美深】美深町食生活改善協議会主催の「ヘルスサポーター21」が、26日午前10時から保健センターで開かれた。
 主婦層を中心に35人が参加。名寄保健所の早坂真由美栄養士が講師を務め「自分の健康は自分でつくる意識を持ち、生活習慣の改善と生活習慣病の予防の2つを重点に置き、健康づくりを進めること」と話した。
 調理実習を行い「魚のホイル包み焼き」「ひじきと野菜のからし酢和え」「豆腐とわかめのみそ汁」「甘納豆入りヨーグルト」の4品を作り、栄養のバランスを考えた食事への関心を深めていた。
 午後は体脂肪の計算方法や肥満対策などを学び、個々の改善点や目標をまとめた。最後に、参加者にヘルスサポーターの登録証が手渡され、健康づくり実践者の意識を高めていた。

[ 2003-2-27-19:00 ]

手拍子や体動かし
保健センターで人形劇

 【名寄】市保健センターは子育てサークル向けの人形劇を、26日午前10時半から同センターで上演した。
 同センターでは、1歳児たちを対象にした、親子の遊びや母親の交流を進める「ちびっこひろば」を開設。全日程を終えた母親たちは、仲間同士で子育てに関するサークルを組織する人が多く、現在、10団体が独自に活動している。
 人形劇は市内のサークル、ポケット・ママ(ウイットマー・圭子代表)が「鬼のパンツや」「お弁当箱の歌」を演じ、活動する10グループから親子40組約100人が参加した。
 子供たちは、曲に合わせて、手拍子や体を動かし、元気いっぱい。会場に笑顔があふれ、楽しい雰囲気に包まれた。

[ 2003-2-27-19:00 ]


2003年
2月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.