地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年2月24日


名寄、下川の選手が大健闘
加藤、吉井選手が2位
バイアスロン一般銃リレー3普連チームも2位  

 【名寄】第58回国体冬季大会スキー競技会3日目の24日は、ジャイアントスラローム成年女子A、同B、少年女子、成年男子C、クロスカントリー(クラシカル)成年男子A、同B、同C、コンバインド後半のクロスカントリーと、瑞穂特設会場で公開競技のバイアスロンリレーの一般銃と競技銃、スプリントが行われた。
  クロスカントリー成年男子Cで陸上自衛隊三普連所属の吉井栄選手(37)が2位、コンバインドでは少年男子で下川商業高校3年の加藤大平選手(18)が2位、成年男子Cで下川町職員の伊藤克彦選手(36)が3位、同Cで名寄市職員の高畠啓博選手(46)が5位に入賞。バイアスロン一般銃リレーで3普連チームが2位に入賞と、地元名寄や下川の選手たちが大健闘し、サンピラー国体に花を添えた。

(写真=クロカン成年男子Cで2位に入った吉井栄選手(左)、力走を見せた下川商業高校の加藤大平選手)

[ 2003-2-24-21:30 ]

半世紀の節目祝う
風連農協女性部・さらなる発展に決意新た

 【風連】風連農業協同組合女性部の創立50周年記念式典が、24日午前10時半から風連農協で行われ、出席者たちが半世紀を振り返るとともに、今後の発展を誓った。
 同女性部は昭和29年4月に設立。農村女性の地位と農家生活の向上を目指して、町内の行政区を単位に支部を組織し、ピーク時の昭和30年代後半には18支部で390人の会員が加盟していた。近年は農業情勢が厳しく離農や高齢化に伴って減少傾向にあり、現在は7支部178人で活動。平成11年には、女性部が中心となり、直産グループ「緑の恵み会」を立ち上げ、農業女性自ら収穫期に新鮮な野菜の販売を展開している。
 記念式典には部員や来賓など168人が出席。清水豊子部長が「安心安全の食物文化を広めながら付加価値を高め、農業にしかない良さを全面に押し出し、50周年を節目に新たなスタートを切りたい」と式辞。
 功績のあった歴代役員15人に感謝状と記念品が贈呈され、受賞者を代表して同部第7代部長の小栗美千代さんが謝辞。式典に続いての祝賀会では、50年の節目を祝い、農業を通した住みよい町づくり活動への決意を新たにしていた。

[ 2003-2-24-21:30 ]

田舎暮らしの魅力は
「きたいっしょ推進協議会」・東京で交流深めPR

 【美深】美深、音威子府、中川の3町村による、移住受け入れ組織「きたいっしょ推進協議会」が、このほど、東京で開かれた「都市と地方の交流フェア」に参加、都市居住者に田舎暮らしの魅力などをPRした。
 同協議会では今までに、美深で5件(13人)、音威子府で1件(2人)を受け入れ。農業を始めたい人や定年後に田舎暮らしを希望する人たちに、3町村に居住するための必要な情報を道内外に提供している。
 「都市と地方の交流フェア」は、国土交通省年・地域整備局の調査事業の一環で、全国各地の地方自治体が集まり、Uターン、Iターン関連の情報を提供し、地域の特性を訪れた人たちに説明する初の事業。
 2日間行われ、青森県、富山県、長野県、福岡県など11団体が出展。道内からは同会だけで、基幹産業である農業や林業をしたい人、田舎暮らしに魅力を感じる人など約30人が訪れた。年齢は20歳代から50歳代と幅広く、「農業に興味があって、やってみたいのだが」「田舎でのんびり暮らしたいが、美深や音威子府にはどんな仕事があるのか」などと積極的に質問していた。


[ 2003-2-24-21:30 ]

下川小・郷土芸能を楽しく学ぶ
上名寄保存会が訪問

 【下川】下川小学校で、このほど、上名寄郷土芸能保存会のメンバーによる郷土芸能が披露された。最後に同メンバーと全校児童、教員が郷土芸能を踊り、心を一つにしていた。
 4年生の社会科学習の中で郷土芸能の学習があり、同保存会の来訪が決まった。同校では「せっかくの良い機会」と、全校児童が学習に参加した。
 郷土芸能保存会から「麦や節は800年、郡上踊りは400年の歴史。岐阜県から上名寄へ入植以来、地域の人たちにより百年以上、歌い踊り継がれてきました。下川町の文化財にも指定されています」と説明。
 この後、男女会員5人が「麦や節」を。また、今春同校に統合された旧、上名寄小学校の児童5人と、上名寄小から同校へ転勤の阿部純也教諭が郡上踊りの中の「はるこま」「かわさきを踊った。いずれも伝統の衣装を身に付けた踊りで、児童たちから「カッコいいな」の声も。
 質問コーナーの後、全校児童が「かわさき」の踊りを体験。体育館いっぱいに保存会員と一緒に踊りの輪を繰り広げ、全校ぐるみで郷土芸能の楽しさ、素晴らしさを体験していた。

(写真=保存会員と一緒に踊る下川小の児童や教師)

[ 2003-2-24-21:30 ]



2003年
2月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.