地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年2月16日


市が商店街活性化へ購入
3月議会へ補正提案
北洋銀行の旧店舗・活用方法は今後検討

 【名寄】市は、市内西2南6にある旧北洋銀行名寄支店の店舗と用地を取得する。中心商店街の空洞化防止への対応で、3月の市議会で提案する。市内の一等地の店舗のシャッターが下りたままの状況だっただけに、利用方法が注目される。
 店舗は昭和41年建築。木造モルタル2階建て、延べ床面積475.2平方メートル。敷地面積514平方メートル。旧北海道拓殖銀行破たんなどを経て、市内にあった同行2店舗を13年10月に統合し、閉店した。
 中心商店街の一等地にある同店舗を、商店街活性化への起爆剤として利用したいとの希望は、名寄市商店街連合会などでも強く、市に敷地取得の要望が出されていた。名寄TMO推進委員会では、中心市街地活性化基本計画に活用計画を取り込んだことなどを受け、市が購入を決めた。
 建物が老朽化していることから、北洋銀行側で解体。市は敷地のみを購入する。
 名寄市内の既存商店街は、郊外に大型のショッピングセンターが進出するなど、地盤は沈下傾向。このため、市は住宅マスタープランの中で街中居住を視野に入れるなど、商店街を含めた中心市街地の再生を検討、懸案となっていた同地の利用は、新たな段階に進むことになりそう。

[ 2003-2-16-19:00 ]

佐野さんに天体発見賞
日本天文学会・超新生発見の功績認め

 【名寄】市立木原天文台の佐野康男技師(43)が、日本天文学会の2002年度天体発見賞受賞者に選ばれ、関係者から祝福を受けている。
 佐野さんは、昨年1月22日午後9時31分、かに座のNGC2575と呼ばれる銀河系外星雲の中で、自身2個目となる超新星「2002an」を発見した。
 同賞の受賞は、超新星発見の功績が認められたもの。前回の超新星「SN1997ef」発見時にも受けており、2度目。
 天文台技師の傍ら、アマチュア天文家としても活躍、高い評価を受けている佐野さん。天体観測には、独自のアイデアを盛り込み、天文の分野では比較的小規模な設備にもかかわらず、努力を重ねて超新星2つを発見している。
 受賞の知らせを受け佐野さんは「今回の受賞は、前回よりも厳しい状況での発見だったため、とても光栄に思っています。また、名寄市の星空が、天体観測には非常に良い条件であることを証明できたことも、大きな成果だと感じています」と。
 同賞の受賞は道内で佐野さんのみ。受賞者の中には、昨年10月に超新星を発見した宇宙飛行士の土井隆雄さんも選ばれており「土井さんと、超新星などについていろいろ話ができればうれしい」と話している。

[ 2003-2-16-19:00 ]

屋上にキャンドル
下川商業高で生徒と教師

 【下川】「1番高い場所にあるアイスキャンドルは、ここだ!」。下川商業高校の生徒や教師たちが、校舎の屋上に毎日、アイスキャンドルを点灯している。
 下川小学校、中学校や事業所、商店街、家庭などで下川アイスキャンドルミュージアムに協賛したアイスキャンドルの点灯が盛ん。下川商業高では、生徒会が中心になり、1日早く点灯の準備。
 初日の14日は午後5時、生徒会役員や教諭らが屋上までアイスキャンドルを運搬。アイスキャンドルは最上段に九個、屋上に13個、2階部分に5個の27個。2階教室には、紙を切り抜いて「下川商業高校」の文字など。夕闇とともにアイスキャンドルが幻想的に輝き、眺める生徒や教師たちも思わず「きれいだね」。生徒たちは「イベント期間中、毎日、点灯します」と地域のイベント参加に意欲。

[ 2003-2-16-19:00 ]

南米移住生活を学ぶ
美深でふるさと伝承講座

 【美深】美深町郷土研究会、町教育委員会主催のふるさと伝承講座が、このほど、町文化会館COM100で開かれ、海外移住地で生活する日本人について知識を深めた。
 国際協力事業団派遣シニア日本語専門家として、南米を中心にボランティア活動をしている、川上宏さんを講師に招き、町民33人が参加した。
 テーマは「大地に刻む・いのちを刻む」。川上さんは、「日本での貧しい生活から逃れ、一旗上げて日本に帰ることを夢見ていたが、過酷な労働に耐え切れず、死ぬまで日本に帰ることのできなかった人も多かった」などと、戦前の厳しい生活状況を説明。
 さらに、「ブラジルでの過酷な労働から逃げ、新たに移住した土地が、パラグアイにあるイグアスと呼ばれる小さな村。ここでは、ほとんどの村人が現金収入を得るための綿生産と、イモを育ててのんびりとした生活を送っている」などと話していた。
 参加者たちは、あまりなじみのない南米の小さな村で生活する日本人について理解を深めていた。

[ 2003-2-16-19:00 ]

世界J選手権で伊東君23位

 【下川】ノルディックスキージュニア世界選手権は、このほどスウェーデンで開かれた。
 下川商業高校から3人が出場。純飛躍で伊東大貴君が23位で国内最高。伊東君は中学2年から同大会に出場、今年で連続4回目。昨年は2位に入賞したが、今年は振るわなかった。吉成広志君は33位。
飛躍団体は伊東君ら4人が出場。15カ国中9位。優勝はオーストリア。複合スプリントで加藤太平君が56人中36位。

[ 2003-2-16-19:00 ]



2003年
2月
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.