地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年1月10日


廃棄物処理施設建設が順調
3月に試運転を予定
名寄地区衛生組合・安全性の確認後引渡し

4月末の本運転に向けて工事も順調な廃棄物処理施設

  【名寄】名寄地区衛生施設事務組合(管理者・島多慶志名寄市長)が建設を進める一般廃棄物処理施設は、今月中に工事の大半が完了、2月中に残りの工事や点検、3月に試験運転、4月に本運転となる。
 名寄市、下川町、美深町、風連町の4自治体の広域ごみ処理施設。広域連携では道内初の炭化処理を採用、生ごみやおむつを処理する。
 従来、各自治体では生ごみなどを焼却処理してきた。だが、ダイオキシンの排出基準強化に伴い、昨年12月から、従来の施設では処理できず、自治体単独の施設建設も難しい状況から、同組合が実施主体で、名寄市大橋に施設を建設した。
 敷地29600平方メートルに、工場棟が鉄骨造り地下1階、地上4階建てで、延べ床面積3624平方メートル。炭化炉は1基で1日16時間稼動で20トンを処理する計画。事業費は15億4800万円。

[ 2003-1-10-19:15 ]

森林ガイドを育成
下川森組・24日から入門ゼミ開設

  【下川】下川町森林組合(山下邦広組合長)による「森林ガイド入門セミナー」は24、25の両日、午前9時から町林業総合センターで開かれる。
 町が、道の緊急雇用創出特別対策事業として導入した事業の1つ。森林組合が「フォレストレッキング(造語)ビジネス化推進事業」として、森林の持つ他面的な機能、森林学習、森との触れ合い、森に点在するサテライト調査、ツアールート調査など進めてきた。
 「森林ガイド入門セミナー」は、これまでの調査活動などを生かし「森林のまち・下川の豊かな森林資源の価値を伝えるガイド育成」を目指す。  
 講師は同組合関係者が務める。室内学習8回と森林ガイドの実際など。1日目は「世界と日本の森林―森林生態系、森林政策、森林管理」「森林の町・下川―地域林業、山村社会の現状」、2日目は「森林作業と安全」「森林インタープリテーションとは」。現地フィールドワーク「森林ガイドの実際」などは後日行い、修了者に修了証書を交付する。
 募集は10人から15人で、森林ガイドに興味にある人、失業者が対象。参加は無料だが昼食は持参。同森林組合では「森林の持つ価値を広く伝えることができる人材育成につながれば」と期待している。

[ 2003-1-10-19:15 ]

17日にまちづくり学校

 【風連】自治労風連まちづくり学校が、17日午後6時から福祉センターで開かれる。
 昨年3月から、町職員と住民が、まちづくりについていろいろな分野の知識を深めようとスタートした同学校。1カ月おきに講座を開いてきた。
 今回は、これまでの総括として実施。「市町村合併とこれからの自治体」をテーマにする。講師は、倉持忠勝東京都杉並区元助役。町の友好交流自治体の同区で、長年行政マンとして活躍してきた経験を元に講演。一般町民にも参加を呼びかけている。

[ 2003-1-10-19:15 ]

子供に古里の思い出
市民がホタル飼育に挑戦中

ホタル飼育に励む武田さんと幼虫を育てている木箱

  【名寄】名寄の子供たちに夢を与えたいーと、ホタルの飼育に取り組んでいる人がいる。名寄市議会議員の武田利昭さんだ。武田さんの趣旨に賛同、なよろ健康の森管理課長の斉藤富夫さんも協力、成功すれば、淡い光を放って飛ぶホタルの姿が、名寄でも楽しむことができそう。
 名寄の子供たちに、古里の思い出をつくり、夢を与えたいと、武田さんは考え、以前に名寄でも見ることができたホタルの復活を思い立った。資料を調べ、北海道ではヘイケホタルの飼育ができることを知り、昨年7月に旭川市内でホタルを育てるボランティアグループから2000匹のホタルを譲り受けた。
 ホタルの飼育には温度管理も大切なため、武田さんは斉藤さんの協力を得て、高さ約1メートル、幅約0.6メートルの木箱を手作り、室温が一定している管理棟内のロビーに置いた。木箱の下は、水槽になっており、水管理も重要なため、水をろ過する装置なども付けてある。幼虫は順調に成長している。サナギとなる時期には、水槽内に、水から上がれる場所をつくらなければならないが、既にその準備も整えているという。また、ホタルの餌となるタニシも用意。
 成虫となった時に、健康の森と名寄公園の池に放す計画。既に水質検査も終了。自然にホタルの幼虫が越冬し毎年、夏には淡い光を楽しむのが目標。
 「今は、勉強しながらホタルを育てている状況。健康の森は多くの市民が集まる場所なので、自然にホタルが育つように願っています。子供たちに古里の思い出をプレゼントしたい」と武田さんと斉藤さんは夢を語る。

[ 2003-1-10-19:15 ]



2003年
1月
1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.