地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2003年1月4日


振袖姿もあでやか
風連で成人式・管内のトップ切る
大人への自覚を新たにした風連町成人式に出席した68人の男女

【風連】本紙管内の成人式トップを切り、風連町成人式「二十歳の旅立ち」が、4日午後2時から福祉センターで行われ、社会人としての自覚を新たにした。

 風連町の成人式は、より意義を深めようと、町公民館の呼び掛けで、若者による実行委員会を組織し、式典内容を企画運営している。今年は男女78人が対象。うち、他自治体在住の風連出身者を含め、男性35人、女性33人の六十八が式に出席した。

 男性はスーツの中に和服が数人、女性は着物姿。森山良悦町公民館長が「時代は混とんとしている。安易に結果を求めないで、じっくりと考えてほしい。これからは大人として、責任と自覚を持った行動を」と式辞。

 出席者から、林征吾さん(会社員)と金原沙織さん(学生)が「私たちは、21世紀の成人として、より良い社会を築く一員となり、目標の実現を目指して行動していかなければならない。これからも指導、助言を」と代表し抱負を語った。

 式典終了後、記念撮影を行い祝宴へ。歓談し、晴れの日を祝った。

信頼勝ち取る流通を
丸鱗名寄魚菜市場が初セリ
 【名寄】丸鱗名寄魚菜卸売市場(千々石豊蔵社長)の15年初セリ式が、4日午前7時半から同市場で行われ、今年も威勢の良い声が会場内に響き渡った。

 初セリ式には市場職員、市場買受人組合、来賓など約50人が出席。神棚に手を合わせた後、千々石社長が「不景気の中、昨年は皆さんの協力のおかげもあって例年並の出荷状況となり、穏やかな一年だった。今年も、自分たちの役割と責任をしっかりと認識して、消費者の信頼に応えられるよう努力していきたい」と年頭のあいさつ。来賓の島多慶志市長、加藤唯勝道議が祝辞。

 鏡割りのあと、千々石社長から水産部と青果部の代表者にセリカギが手渡され、三本じめを行い、セリ特有の発音と大きな掛け声が市場全体に響き渡り、タイやサバ、カレイなどの魚介類、ハクサイ、レタス、ミカンなどの青果類が次々にセリ落とされていった。

馬そりで新春祝い
JR名寄駅の開駅記念
【名寄】「馬そり」の体験試乗が3日午前10時からJR名寄駅(福島剛駅長)で行われた。迫力満点の馬そりに、多くの駅利用者が試乗し好評を得た。
多くの人が楽しみ歓声を挙げた
馬そりの試乗

この試みは、明治36年に開駅し、今年九月で100周年を迎える名寄駅の記念イベント第一弾。名寄市智恵文の農業、門馬発さん(65)所有の農耕馬、共栄号=14歳=が、同駅員の実家に眠っていた、長さ2メートルほどの木製のそりを引き、新春を祝った。

 駅を訪れた子供たちや年配者は、珍しい光景に驚きの表情。早速、そりに乗り込み、駅敷地内に設けられた一周約300メートルのコースを力強く周回。35年ぶりに馬そりに乗った女性や、実際に馬を見るのは初めてという子供たち。寒さも厳しい新春のひとときに、楽しい歓声が響いた。

 福島駅長は「駅に関わる古い物を集め、展示会の開催などを予定している。多くの人に訪れてほしい」と語っている。

子供たちの感謝込め
名寄JCがトロッコ王国へ額
【名寄・美深】名寄青年会議所(遠藤和之理事長)はこのほど、トロッコ王国美深の会(蓮沼優裕会長)に「元気を体験!なよろっこ」に参加し、同王国を訪れた子供たちからの感謝のメッセージカードを、額に入れて届けた。

 同青年会議所では、元気みなぎる青少年委員会(室田弘二委員長)が中心となって、道北地域の自然の素晴らしさなどを体験してもらう狙いで、「元気を体験!なよろっ!」を6月に同王国で実施。市内の小学生21人と青年会議所メンバーやその家族らが参加し、トロッコや炊事、まき割りなどを楽しんだ。11月1下旬には、参加者に当日の様子を収録したビデオや写真を送った。

 室田委員長が、蓮沼会長と高見澤拓事務局長に手渡した額には「トロッコ楽しかった!今度は家族で行きたい」「トロッコ王国の皆さん頑張ってください」などのメッセージ。

 蓮沼会長は「知名度も伸びたと思うが、運営や線路の補修などが大変で、地元に愛されるようにならなければならない。今回、名寄の子供たちに喜んでもらえて本当に良かった。今後もこのような交流を深めていきたいと」と喜んだ。

 

遠藤さん特賞10万円
下川連合大売出しで幸運
【下川】町内錦町、遠藤光子さん(70)がこのほど、商工会主催の年末年始連合売り出しで特賞10万円第1号の幸運を引き当てた。

 遠藤さんは、町内商店で食品や衣料品を買い、その足で町バスターミナル内にある福引抽選所へ。7本を引いて、1本目で見事、特賞10万円をものにした。昨年も同売り出しで3千円を引き当てており、幸運は上向き。

 同商工会職員から賞金を受け取った遠藤さんは「買い物はすべて町内。そのごほうびかもしれません。何だか夢のよう」と興奮気味に喜びを語った。

同売り出しは5日まで。4日午前中で特賞がまだ1本残っており、「いまが最後のチャンス」と商工会。抽選は6日午後5時まで。


2003年
1月
1日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.