地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2017年8月22日


栄養

8月4日は「栄養の日」だった。これは、日本栄養士会が今年から4日を「栄養の日」、1日から7日までを「栄養週間」と定め、管理栄養士、栄養士と共に、日本中のみんなの「栄養を楽しむ」生活を応援することなどを目的としたもの。ちなみに8月4日の由来は、8(エイト)と4(よん)で「えいよう」の日▲栄養週間期間中は、名寄でも栄養に対する関心を高めてもらおうと、北海道栄養士会研究教育栄養士協議会員でもある名寄市立大学の教員が発起人となり、PRイベント開催。多くの学生が日ごろの食習慣を見直す機会とした▲健康の基本は食事や運動、睡眠。特に日常生活の中で強く影響しているのは毎日の食事。炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素をバランスよく取ることが大切というのは理解しているつもりだが、ついつい偏食しがち。年を重ねるほど、高血糖、高血圧といった生活習慣病も気になってくるのだが▲イベント時に配布された栄養ワンダーブックの中で、「みんなが同じように理想的な食事メニューを食べればいいわけではなく、100人いれば100とおりの栄養バランスの取り方がある。大切なのは自分のライフスタイル=栄養習慣に気付くこと」と説く。楽しく正しい食習慣に近づけるよう心掛けたい。

[ 2017-08-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.