地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年11月10日


そのまま続けば…

11月に入っても日中は比較的暖かい天候が続いており、自らの気持ちとしてはホッとしている▲標高の高い山では雪が降り積もっているが、平地ではまだ雪が見られていない。道内では例年であれば10月下旬以降、初雪を観測しているが、今年は各地の気象台や測候所では現時点で初雪となっておらず、この時期で初雪が観測されていないのは28年ぶりとのことだ▲気温も平年と比べて高い傾向が続いており、要因として偏西風が例年より蛇行し、北海道に南から暖かい空気が入りやすい状態になっているためという▲暖かい日が続けば、人々の暮らしとしては楽になるものだが、一方でスキー場など雪を売り物としている業界では気をもんでおり、道内では早い所であれば11月中旬からオープンするスキー場もある。さらにホームセンターではスノーダンプやスコップなど除雪道具の売れ行きは落ち着いているという▲今週は寒気が流れ込んで気温も下がるため、各地で初雪を観測することが予想され、冬は一歩一歩近づいている▲最近は灯油の価格が上昇しており、1リットル100円台という非常に高値であるとともに、今後は暖房が必要不可欠となり、燃料費もかさむことから、願わくは暖かい日がそのまま続いてくれたら―と思っている方は多いはず。生活面では暖かい方が良いに越したことはない。

[ 2018-11-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.