地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2017年12月13日


中東の火薬庫

もうすぐお正月。昔の遊びは百人一首やトランプゲーム。だが今、トランプゲームといえばアメリカのトランプ大統領が繰り出す「とんでも発言」が国際社会を翻弄(ほんろう)している▲最初に驚いたのは今年5月。地球温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」からの離脱。「地球温暖化はでっち上げ」と同大統領。中国に次ぐ世界第2位の温室効果ガス排出国のアメリカが…▲大統領選挙期間中、「メキシコとの国境に壁を作る。経費はメキシコ持ち」と支持者を前に演説。非現実的な発言にかかわらず会場は興奮。テレビなどで見る限りトランプ氏と支持者が「陶酔状態」だったのではないか▲7日には、中東の火薬庫といわれる問題で「エルサレムはイスラエルの首都」と宣言。イスラエルとパレスチナが「絶妙なバランス」を保っていたのをブチ壊すものと国際社会に懸念が広がる▲フランス大統領、ドイツ、イギリス首相、米国の友好国、サウジアラビアなど中東諸国、ロシア、中国など多くの国から批判や懸念の声。北朝鮮の核・ミサイル問題で国連に連帯を呼び掛けていた米国だが孤立の一途だ▲なぜトランプ大統領はそんな決断を下したか。国内外の多くのメディアは「国内支持者向けに、公約を守る姿勢を強調した」と指摘▲せめてクリスマス、お正月は平穏に過ごしたかったのに残念だ。

[ 2017-12-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.