地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年2月19日


犬と猫

今年の干支は戌(いぬ)。好きなペットとして、よく犬派、猫派に分かれるが、筆者は犬派。子どものころから一緒に暮らしていたということもあるが、うれしそうにしっぽを振りながら駆け寄って来る姿がなんともいとおしい▲一般社団法人ペットフード協会は、平成29年度の全国犬、猫の飼育実体調査を実施し、結果を公表した。これによると、犬が892万匹に対し、猫は952万6000匹で、平成6年の調査開始から初めて、猫の飼育数が犬の飼育数を上回ったという▲犬の飼育率は5年前の15・0%から12・8%に低下。年代別での飼育状況は、20代から70代まで、どの年代も減少しているが、70代のシニア層は飼育率・飼育意欲ともにほぼ横ばい。飼育のきっかけとしては「運動不足解消のため」が他のどの年代よりも高かった▲犬を飼えない理由として、若い世代は住宅事情や経済的負担を挙げる。ただ、シニア世代になると、「最後まで世話をする自信がない」「別れがつらい」などが上位を占める▲かつての日本は、家族が何世代にもわたって一つ屋根の下で暮らし、ペットも世代を超えて共に暮らしてきた。しかし、核家族化が進む現代、最後まで責任を持って世話をするということが難しくなってきているのかもしれない。

[ 2018-02-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.