地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年8月21日


秋の気配

大雪山系黒岳(標高1984メートル)にある黒岳石室(標高1900メートル付近)で17日深夜、初雪を観測した。大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイを運行する「りんゆう観光」が独自に観測しており、1974年の調査開始以来、2002年に記録した8月21日を更新して最も早い観測となった。積雪は一時的なものだったが、季節は確実に進んでいることがうかがえる▲道内でも、7月末から今月上旬にかけては真夏の暑さが続き、最高気温35度以上の猛暑日を観測した地点もあったが、中旬以降は気温が下がるとともに、雨も降って肌寒さを感じる日があった。我が家では朝晩にストーブの火をつけることもあったが、皆さんのご家庭ではいかがだっただろうか▲全道的には、お盆が過ぎると既に秋の気配を感じられるのが例年のことであるが、今年もそのような傾向で推移しているといえる。予報では再び気温が上がるということだが、真夏のような暑さはないように思われる▲今後、ほ場では収穫作業がスタートする時期であり、ほとんどの農作物の生育が最終段階に入っている。農家の方たちは順調な天候で推移しながら「実りの秋」を迎えられるよう強く願っており、気の抜けない時期はまだ続いている。我々も含め、台風や前線などに伴う大雨は勘弁を願いたい。

[ 2018-08-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.