地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年7月29日


SDGs未来

下川町が国の環境モデル都市、環境未来都市に続く、SDGs(持続可能な開発目標)未来都市に選定を受けた。町外・国などからの高い評価は、これから目指そうとしていることへの自信に結び付くだろうし、それだけの計画をまとめ、明確に示したことは素晴らしいと感じる。これからの具現化へ期待が高まる▲一方で外への評価が独り歩きしないか、「手段」が「目的」に代わってしまわないか心配もある。まちづくりは当たり前のことだが、国から評価されるためにやっているわけではない。住民の満足度を(持続性や社会への影響も踏まえたうえで)高めることにあるだろう▲外の評価は連携・支援を築く「手段」にはなるが「目的」ではない。国や町外から評価されることが、町民にとって良いことと、一致するとも限らない。万が一にも国など外からの評価を得るために、多くの時間(労力)が費やされ、日ごろの住民への対応がおろそかになっては本末転倒だろう▲SDGs未来都市の町の提案は、住民の意見を広く取り入れて策定した「町のありたい姿」(将来像)を基にしており、住民目線で暮らしに寄り添った、身の丈に合った、地に足をつける施策展開を期待している。住民の満足度が高ければ、おのずと外からも注目を浴びるはずだ。

[ 2018-07-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.