地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年7月17日


夏と言えば花火

真夏の夜と言えば、誰もが思い浮かべるであろう花火。各地域で「どーん」という大きな音と共に夜空に大輪の花を咲かせる打ち上げ花火も、家庭や友人らと一緒に楽しむ手持ち花火も、夏の良い思い出となることは間違いない▲2018年(平成30年)に開拓120年の節目を迎えた美深町では、さまざまな記念事業を計画。その一つが、美深町開拓120年記念花火大会で、第34回美深ふるさと夏まつりに合わせて開催する(21日・町文化会館COM100前庭)▲花火大会開催に向け、実行委員会を組織。町内外の企業、法人、個人から協賛金を募ったが、多くの協力によって、当初計画していた1200発を大幅に上回る花火大会となることが決まった▲実行委によると、花火大会は2部構成。午後8時15分から同9時までの間、美深カヌーポートから連射連発のスターマインや仕掛け花火合わせて1500発を超える花火を打ち上げるとのこと▲開催が間近に迫り、大人も子どももワクワクな気持ち。当日は家族で、仲間内で、友人と一緒に夜空を彩る大輪の花火を見上げながら交流を深め合う姿が目に浮かぶ▲この記念事業が、多くの町民の記憶、心に深く刻まれることを願う。

[ 2018-07-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.