地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年6月3日


環境意識

6月は「環境月間」。1972年6月5日からスウェーデンのストックホルムで「国連人間環境会議」が開催されたことを記念し、国連では日本の提案を受けて、毎年同日を「世界環境デー」と定めている▲環境問題の中でも最も深刻なのは地球温暖化。70年代ごろから問題視されていたものの、産業の発展を最優先に考えてきたことから、対策は深刻化するまで進められてこなかった経緯がある▲温暖化は、化石燃料の激しい消費による温室効果ガスの増加、森林の伐採など要因はさまざま。集中豪雨による河川氾濫、干ばつによる食糧問題、海面上昇による陸の水没など、その影響は世界規模で起きている▲人間が発展や生活を送る上での代償として失われている環境。京都議定書やパリ協定など、温暖化の進行を各国一丸となって食い止めようという取り組みもあり、温暖化防止に対する危機意識は高まりをみせている▲温暖化防止の原因となっている二酸化炭素の排出を抑えるためには、一人一人の意識や心掛けも求められる。「クールビズやウォームビズを積極的に取り入れる」「近距離移動はなるべく自動車に頼らない」「長時間使わない家電のコンセントを抜いておく」など、日ごろのちょっとした心掛けが、積もり積もって大きな成果となるのでは。

[ 2018-06-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.