地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年5月17日


地域の見守り

新潟市の小学2年の女児が殺害され、遺体を線路に放置した殺人・死体遺棄事件で、近所に住む男が逮捕された。遺体が発見された線路脇では、花やお菓子などを供えて手を合わせる方々の様子が報じられている。日常生活の中で突然、事件に遭遇してしまった女児、そして、わが子を失った家族のことを考えると、胸が締め付けられる▲報道によると、女児は事件当日の登校中、男に後を追い駆けられた―という趣旨の話を、クラスメートにしていたとのこと。何とか事件を食い止める手立てはなかったものかと悔やまれる▲ここ名寄でも、子どもを狙った不審者情報が、毎年寄せられている。声掛けや写真を撮られたり、身体への接触なども報告されており、場合によっては重大事件へと発展する可能性を秘めている▲こうした子どもを狙った悲惨な事件を未然に防ぐためには、警察や防犯関係団体によるパトロールはもちろん、地域住民による見守りの大切さを感じさせられる▲名寄では幸い、これまで大きな事件へとは発展していない。これも小学校区ごとで組織されている安全安心会議や町内会、青少年健全育成団体などが展開している地道な活動の成果だと思う。日々、子どもたちを温かな眼差しで見守ってくださっている多くの方々に、心から感謝したい。

[ 2018-05-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.