地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク
閑古鳥

2018年5月13日


自転車は凶器?

長い冬が終わり、きれいなピンク色のサクラが開花するなど、ようやく春を迎えた名寄地方。車道や歩道沿いに残っていた雪も完全に姿を消し、自転車シーズンが到来。だが、道内では最近、自転車によるひき逃げ事件が相次いで発生しており、時と場所によっては一瞬にして凶器になりかねない▲子どもからお年寄りまで幅広い世代の身近な乗り物として普及している自転車。道路交通法では、運転免許証が必要ない軽車両に位置付けられているが、そんな手軽さから交通マナーや同法の順守がおろそかになっているのでは▲4月以降雪解けが進み、自転車シーズンが本格化する中、札幌市で小学生、20代の女性が被害に遭う自転車のひき逃げ事件が連続して発生。自動車相手の事故の場合、自転車が交通弱者となるケースがほとんどだが、歩行者に対しては逆の立場となることが多く、「たかが自転車」と考えていけない▲また、状況によっては自転車事故の加害者に多額の損害賠償が生じる可能性もある。例えばだが、自転車で走行していた小学生が高齢者をはね、被害者が寝たきり状態になるといったケースを想像すると、子どもからお年寄りまで誰しもが加害者になり得る▲交通ルール、マナーを守り、いろいろな意味で自分の身を守る意識を高めてほしい。

[ 2018-05-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.